○越前市逢坂山公園設置及び管理条例

平成17年10月1日

条例第171号

(設置)

第1条 本市は、郷土の歴史や自然の活用を図りながら広域的観光事業を推進するため、逢坂山公園を設置する。

(名称及び位置)

第2条 逢坂山公園の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

越前市逢坂山公園

越前市野岡町地内

2 逢坂山公園に次の施設を置く。

(1) 園路及び遊歩道

(2) 緑地及び広場

(3) 展望四阿、野鳥観察小屋、植栽その他の修景施設

(4) ベンチその他の休養施設

(5) 照明灯その他の警備施設

(6) 駐車場、便所、水飲栓その他の便益施設

(7) その他の管理上必要な施設

(8) 前各号に掲げるもののほか、逢坂山公園の効力を増進させる施設で市長が必要と認める施設

(行為の禁止)

第3条 逢坂山公園においては、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 逢坂山公園を損傷し、又は汚損すること。

(2) 竹木を伐採し、又は植物を採取すること。

(3) 土石、竹木等の物件を堆積し、又は危険物を持ち込むこと。

(4) 土砂岩石等を採取し、又は土地の形質を変更すること。

(5) 鳥獣類を捕獲し、又は殺傷すること。

(6) 風紀を乱し、又はそのおそれのある行為をし、又は危害を及ぼす行為をすること。

(7) その他逢坂山公園の管理に支障があると認められる行為をすること。

(行為の許可)

第4条 逢坂山公園において次に掲げる行為をしようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

(1) 物品を販売し、又は頒布すること。

(2) 催物を行うため、逢坂山公園の全部又は一部を独占して利用すること。

(3) 業として、写真又は映画等を撮影すること。

(4) 興行、募金その他これらに類する行為をすること。

(5) ビラ等広告物を配布若しくは散布し、又は掲示すること。

(6) 前各号に掲げる行為のほか、逢坂山公園の管理上支障を及ぼすおそれのある行為をすること。

(損害賠償等)

第5条 逢坂山公園の施設、設備を損傷し、又は汚損した者は、その損害を賠償しなければならない。

2 賠償の金額及びその方法は、その都度市長が定める。

(管理の代行)

第6条 市は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により、市が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に逢坂山公園の管理を行わせることができる。

(指定管理者が行う業務)

第7条 指定管理者が行う逢坂山公園の管理の業務は、次のとおりとする。

(1) 逢坂山公園の維持管理に関する業務

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が必要と認める業務

2 前条の規定により指定管理者に管理を行わせる場合にあっては、第4条及び第5条の規定中「市長」とあるのは「指定管理者」として、これらの規定を適用する。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の逢坂山公園の設置及び管理に関する条例(平成17年今立町条例第26号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

越前市逢坂山公園設置及び管理条例

平成17年10月1日 条例第171号

(平成17年10月1日施行)