○管理者の専決事項の指定について

昭和61年3月28日

南消組議会議決

地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定に基づき、管理者において専決処分することができる事項を次のとおり定める。

(1) 法律上組合の義務に属する損害賠償額の決定で、その額が100万円以下のもの

(2) 組合が当事者である和解又は調停で、目的物の価格が100万円以下のもの

(3) 議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(昭和45年南消組条例第4号)に基づき議会の議決に付すべき契約で、契約締結後設計変更等により300万円の範囲内で契約変更をすること。

なお、本議決は昭和61年4月1日以後に生じた事件に係る専決処分から適用し、同日前に生じた事件に係る分については、なお従前の例による。

管理者の専決事項の指定について

昭和61年3月28日 南越消防組合議会議決

(昭和61年3月28日施行)

体系情報
南越消防組合例規集/第3編 織/第2章
沿革情報
昭和61年3月28日 南越消防組合議会議決