○永平寺町交通指導員設置条例

平成18年2月13日

条例第17号

(趣旨)

第1条 この条例は、本町交通安全の保持を図るため、交通指導員の設置に関し必要な事項を定めるものとする。

(指導員の定数及び委嘱)

第2条 指導員の定数は、30人以内とする。

2 指導員は、町民の中から町長が適格者を選んで委嘱する。

(指導員の任期等)

第3条 指導員の任期は2年とし、再任を妨げない。指導員が欠けた場合の補欠指導員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 指導員は、非常勤とする。

(職務の報酬等)

第4条 指導員に対して予算の定めるところにより、執務日数に応じて報酬を支給し、その費用の一部を弁償する。

(指導員の任務)

第5条 指導員は、町長の命を受け次の任務に当たる。

(1) 交通事故防止のため調査研究に関する事項

(2) 交通安全の指導育成及び広報宣伝に関する事項

(3) 交通安全施設の設置及び危険箇所の改善に関する事項

(4) その他交通安全の保持に関し必要と認める事項

(委任)

第6条 この条例に定めるもののほか、指導員に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、平成18年2月13日から施行する。

永平寺町交通指導員設置条例

平成18年2月13日 条例第17号

(平成18年2月13日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第9節 交通安全対策
沿革情報
平成18年2月13日 条例第17号