○永平寺町職員に対する児童手当の支給に関する規則

平成18年2月13日

規則第33号

(趣旨)

第1条 この規則は、永平寺町職員(常勤の特別職の職員を含む。)に対する児童手当の受給資格及びその額についての認定並びに児童手当の支給に関する事務の取扱いについて、児童手当法(昭和46年法律第73号。以下「法」という。)、児童手当法施行令(昭和46年政令第281号)及び児童手当法施行規則(昭和46年厚生省令第33号。以下「省令」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(支払日)

第2条 児童手当の支払日は、法第8条第4項に規定する支払期月の10日とする。ただし、その日が休日、日曜日又は土曜日に当たるときは、その日前においてその日に最も近い休日、日曜日又は土曜日でない日とする。

2 法第8条第4項ただし書に規定する児童手当の支払日は各月の10日とする。ただし、その日が日曜日又は休日に当たるときは、その前日とする。

(児童手当受給者台帳の作成及び保管)

第3条 町長は、児童手当の支給資格及びその額について認定したときは、受給者ごとに児童手当受給者台帳を作成し、保管しなければならない。

(書類の様式)

第4条 前条に規定する児童手当受給者台帳の様式は、別記様式に定めるところによる。

(その他)

第5条 この規則に定めるもののほか、省令に定める書類及び児童手当の支給に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年2月13日から施行する。

(経過措置)

2 合併前の松岡町、永平寺町又は上志比村(以下「合併関係町村」という。)の一般職の職員(非常勤職員等を除く。)であったもので、引き続き本町に採用された職員のうち、この規則の施行前に合併関係町村の規則等の規定によりなされた決定、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成27年12月1日規則第20号)

この規則は、平成28年1月1日から施行する。

画像画像

永平寺町職員に対する児童手当の支給に関する規則

平成18年2月13日 規則第33号

(平成28年1月1日施行)