○永平寺町入札監視委員会規則

平成18年2月13日

規則第41号

(趣旨)

第1条 この規則は、永平寺町の公共工事等の入札の透明化を図るために設置される入札監視委員会(以下「委員会」という。)の組織、委員、会議、事務局その他委員会の設置等に関して必要な事項を定めるものとする。

(委員会の事務)

第2条 委員会は、町長の委嘱に基づき、次に掲げる事務を行う。

(1) 永平寺町が発注した工事等に関し、入札・契約手続の運用状況等についての報告を受けること。

(2) 永平寺町が発注した工事等のうち委員会が抽出指定したものに関し、一般競争参加資格の設定の理由及び経緯並びに指名競争入札に係る指名の理由及び経緯等についての審議を行い、意見の具申又は勧告を行うこと。

(3) その他町長より依頼のあった事務を行うこと。

(委員会の委員及び組織)

第3条 委員は、次に掲げる者を町長が委嘱する。

(1) 地方自治法(昭和22年法律第67号)第18条に定める選挙権を有する町民 5人

2 委員の任期は、2年とする。ただし、委員が欠けた場合における補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 委員は、再任されることができる。

4 委員は、非常勤とする。

5 委員会に委員長を置き、委員の互選によりこれを定める。

6 委員長に事故があるときは、あらかじめその指名する委員がその職務を代理する。

(会議)

第4条 委員会の会議は、委員長が招集し、委員長が議長となる。

2 第2条第1号及び第2号の事務に係る会議(以下「定例会議」という。)は、原則として、3箇月に1回開催する。

3 会議は、非公開とする。

(意見の具申又は勧告)

第5条 委員会は、第2条第1号又は第2号の事務に関し、報告の内容又は審査した対象工事等に係る理由及び経緯等に不適切な点又は改善すべき点があると認めたときは、必要な範囲で、町長に対して意見の具申又は勧告を行うことができる。

2 委員会は、前項の意見の具申又は勧告を行った場合に必要があると認めるときは、その内容を公表することができる。

(委員の除斥)

第6条 委員は、第2条第2号の事務に関しては、自己又は2親等以内の親族の利害に関係のある議事に加わることができない。

(秘密を守る義務)

第7条 委員は、第2条の事務を処理する上で知り得た秘密を他に漏らしてはならない。その職を退いた後も、また同様とする。

(委員会の庶務)

第8条 委員会の庶務は、総務課が処理する。

(報告の様式)

第9条 定例会議における報告の様式は、様式第1号から様式第3号までに定めるところによる。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が定める。

附 則

この規則は、平成18年2月13日から施行する。

画像

画像画像

画像

永平寺町入札監視委員会規則

平成18年2月13日 規則第41号

(平成18年2月13日施行)