○永平寺緑の村ふれあいセンター条例

平成18年2月13日

条例第88号

(設置)

第1条 町民のスポーツ・レクリエーション及び体育・文化の振興を図るために、永平寺緑の村ふれあいセンター(以下「ふれあいセンター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 ふれあいセンターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

永平寺緑の村ふれあいセンター

永平寺町山10号1番地

(管理及び運営)

第3条 ふれあいセンターは、永平寺町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が管理及び運営するものとする。

(職員)

第4条 ふれあいセンターに必要な職員を置くことができる。

(利用)

第5条 ふれあいセンターは、町民のスポーツ・レクリェーション及び体育・文化振興のための利用に供する。ただし、町民の福祉を目的とする事業で、教育委員会が適当と認め、なおかつ体育・文化的行事に支障がないときは、他の目的に使用することができる。

(使用の許可)

第6条 ふれあいセンターを使用しようとするものは、教育委員会の許可を受けなければならない。

2 前項の許可の際教育委員会は、管理上必要な条件を付けることができる。

(利用許可の制限)

第7条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、ふれあいセンターの使用を許可しない。

(1) 公の秩序を乱し、公益を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 建物、附属設備、器具その他工作物を損傷するおそれがあると認められるとき。

(3) 管理、運営上支障があるとき。

(4) その他教育委員会が不適当と認めるとき。

(使用権の譲渡及び使用目的の変更禁止)

第8条 第6条の規定により許可を受けたもの(以下「使用者」という。)は、使用の権利を他人に譲渡し、又は転貸してはならない。

2 使用者は、使用目的を許可なく変更することはできない。

(使用許可の取消し等)

第9条 使用者が次の各号のいずれかに該当するときは、教育委員会は、使用許可の条件を変更し、又は使用禁止又はその使用許可を取り消すことがある。この場合、使用者に損害を生ずることがあっても、教育委員会は、その責めを負わない。

(1) 許可を受けた目的以外に使用するとき、又は使用許可の条件に違反したとき。

(2) 第7条の各号に規定された事由が発生したとき。

(3) 前2号のほか、この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(4) 使用料が未納のとき。

(5) その他教育委員会が管理、運営上必要とするとき。

(使用料)

第10条 有料施設の使用者は、許可を受けた日から3日以内に、町長の発行する納入通知書により使用料を納付しなければならない。ただし、公の団体等、教育委員会において適当と認められた使用者は、使用料を後納することができる。

(使用料の減免)

第11条 教育委員会は、その利用が公益上特に必要と認めるときに限りその使用料の全部又は一部を免除することができる。

(使用料の還付)

第12条 既納の使用料は、還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 使用者の責めに帰することができない事由により、ふれあいセンターが使用できなくなったとき。

(2) 使用期日の前日までに使用を取り消し、又は変更を申し出たもので、既納使用料に過納額を生じたときは、その相当額

(特別の設備等)

第13条 使用者は、体育設備等に特別の設備をし、又は造作等を加えようとするときは、あらかじめ教育委員会の許可を受けなければならない。

(準備及び原状回復)

第14条 ふれあいセンターの使用のための準備及び途中での整備、並びに変更は使用者において行わなければならない。

2 使用者は、ふれあいセンターの使用を終えたとき、又は中止したとき若しくは取り消されたとき、直ちにその施設を原状に回復しなければならない。

3 使用者が前2項の規定による義務を履行しないときは、教育委員会は、使用者に代わってこれを実施し、その費用を使用者に請求するものとする。

(損害賠償)

第15条 使用者は、使用期間中建物、附属施設、器具その他工作物を損傷し、汚損し、又は滅失したときは、これを原形に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。この場合、入場者又はその他の関係者の行為によってなされたときも、使用者がこれを履行しなければならない。ただし、教育委員会が特別の事由があると認めたときは、その全部又は一部を免除することができる。

(使用上の指示及び秩序)

第16条 ふれあいセンターの使用者及び入場者は、教育委員会の定める職員の指示に従うほか、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 入場人員に定めのある施設においては、使用者は常に入場者数を把握し、収容し得る定員を超えて入場させてはならない。

(2) 使用者は、盗難その他事故の発生を防止する措置を採るほか、場内の整理、保安について周到な注意を払わなければならない。

(3) 許可を受けないで火気を使用し、又は危険を引き起こすおそれのある行為をしてはならない。

(4) 許可を受けないで寄附金品の募集、物品の販売、宣伝その他これらに類する行為をしてはいけない。

(5) 許可を受けないではり紙、広告等を掲示し、又は頒布をしてはならない。

(6) 許可以外の場所に立ち入り、又は許可以外の施設、器具その他工作物を使用し、若しくはこれらを他の場所に移動させてはならない。

(7) その他ふれあいセンター本来の趣旨に反することをしてはならない。

(管理の委託)

第17条 教育委員会は、教育委員会規則で定めるところにより、体育施設の管理を委託することができる。

(委任)

第18条 この条例で定めるもののほか、管理について必要な事項は教育委員会が別に規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年2月13日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の永平寺町緑の村ふれあいセンターの設置及び管理に関する条例(平成5年永平寺町条例第4号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年3月28日条例第13号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(令和元年9月24日条例第5号)

(施行期日)

1 この条例は、令和2年4月1日から施行する。

別表(第10条関係)

(単位:円)

施設名

面積

使用区分

入場料

1時間あたり

9~17時

17~21時

体育館

全面使用

アマチュアスポーツに使用する場合

無料

1,040

1,250

有料

2,090

2,510

アマチュアスポーツ以外に使用する場合

無料

3,140

3,770

有料

10,470

12,570

床面積の1/2使用

全面使用する場合について定められた使用料の額の1/2の額とする。

床面積の1/3使用

全面使用する場合について定められた使用料の額の1/3相当額とする。

施設名

入場料

1時間あたり

9~17時

17~21時

ホール

無料

2,090

2,610

有料

4,190

5,230

会議室A・B

各 200

各 310

和室

200

310

摘要

1 主たる使用者が町内在住の中学生以下の団体は無料とする。

2 町外者が使用する場合は、この表で定める使用料の5割相当額を加算する。

3 町内・町外者が混在する団体の使用の場合は、町民1/2以上で町民料金とする。

4 冷暖房用施設(多目的ホール・会議室・和室)を使用する場合の使用料については、この表に定める使用料又は前2項の使用料の5割相当額を加算する。

5 ホールをスポーツで使用する場合は体育館床面積1/3の夜間料金を準用する。

6 使用料の10円未満は切り捨てる。

永平寺緑の村ふれあいセンター条例

平成18年2月13日 条例第88号

(令和2年4月1日施行)