○永平寺町永平寺開発センター条例

平成18年2月13日

条例第122号

(設置)

第1条 山村地域における農林業の経営技術の改善、情報連絡、生活改善、教養知識の習得等多目的な機能を有する総合施設として、永平寺開発センター(以下「センター」という。)を永平寺町東古市10字5番地に設置する。

(管理者)

第2条 センターの管理者は、町長(以下「管理者」という。)とする。

(使用)

第3条 使用者は、管理者の指示した事項を厳守し、常に善良な使用者として、この注意をもって使用しなければならない。

2 管理者は、使用者がこの条例又はこの条例に基づく諸規定に違反したときは、使用の承認を取り消し、使用を停止させ、又は退館を命ずることができる。

第4条 センターの施設又は附属設備を使用しようとするものは、あらかじめ管理者の承認を受けなければならない。

第5条 管理者は、公益の維持管理上の必要及び施設保全に支障があると認められるときは、使用を承認しないことができる。

2 センターの使用について、営利を目的としていると管理者が認めた場合、承認しないことができる。

(使用料)

第6条 センターの使用料は、別表に定める額による。

(使用料の還付)

第7条 既に納入した使用料は還付しない。ただし、使用者の責任によらない事由により、使用することができないときは、この限りでない。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年2月13日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の永平寺町開発センターの設置及び管理に関する条例(昭和47年永平寺町条例第5号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成28年3月14日条例第8号)

この条例は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(令和元年9月24日条例第5号)

(施行期日)

1 この条例は、令和2年4月1日から施行する。

別表(第6条関係)

区分

使用時間

9時~12時

13時~17時

17時~22時

9時~17時

超過料金

(1時間当たり)

収容人員

消防ホール①

30

620

(800)

830

(1,070)

1,250

(1,620)

1,570

(2,040)

260

(330)

消防ホール②

30

620

(800)

830

(1,070)

1,250

(1,620)

1,570

(2,040)

260

(330)

3F会議室

10

520

(670)

730

(940)

1,040

(1,350)

1,250

(1,620)

200

(260)

3F大ホール

200

6,280

(8,160)

8,380

(10,890)

8,800

(11,440)

14,660

(19,050)

2,090

(2,710)

※( )は冷暖房使用時の料金である。

永平寺町永平寺開発センター条例

平成18年2月13日 条例第122号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林水産/第2節
沿革情報
平成18年2月13日 条例第122号
平成28年3月14日 条例第8号
令和元年9月24日 条例第5号