○永平寺町道路占用規則

平成18年2月13日

規則第91号

(目的)

第1条 永平寺町の管理に属する町道の占用については、道路法(昭和27年法律第180号。以下「法」という。)及び道路法施行令(昭和27年政令第479号。以下「令」という。)に定めるものを除くほか、この規則の定めるところによる。

(許可の申請)

第2条 法第32条第1項の規定により道路占用の許可を受けようとする者は、様式第1号による道路占用許可申請書に付近実況図並びに占用地の断面図及び実測求積図を添付し、町長に提出しなければならない。ただし、軽易な占用については、占用地の実測求積図を省略することができる。

2 前項の占用が工事を伴うものであるときは、前項に規定する提出書類のほか、工事に関する設計書、図面及び仕様書を添えなければならない。

(許可事項の変更及び占用期間の更新)

第3条 法第32条第1項の規定により占用の許可に係る事項の変更について許可を受けようとする者は、様式第1号による許可申請書を町長に提出しなければならない。

2 令第8条の規定による占用の許可に係る事項の軽易な変更をしようとする者は、あらかじめその旨を町長に届け出なければならない。

3 占用期間満了後引き続き当該道路を占用しようとする者は、期間満了の日前1月までに、様式第1号による許可申請書を町長に提出し、許可を受けなければならない。

(占用の許可を受けたことの表示)

第4条 道路占用の許可を受けた者(以下「道路占用者」という。)は、占用物件又は直近の見やすい場所に様式第2号による標札又は標柱を建てなければならない。継続占用の許可を受けたものもまた同様とする。

(権利の譲渡又は継承)

第5条 道路占用の権利を譲渡し、又は継承しようとするときは、当事者連署の上(法人の合併による継承にあっては合併後存続する法人において)事由を具し、町長の許可を受けなければならない。ただし、相続による承継にあっては、戸籍抄本を添え、その旨を町長に届け出るをもって足る。

(工事施行の方法)

第6条 道路占用者が道路の占用に関する工事に着手しようとするときは、着手3日前までに町長に届け出て施行しなければならない。この場合路面を損傷する必要があるものにあっては、道路主管課長の立会いを求めなければならない。

2 道路占用者は、道路の占用に関する工事が竣工したときは、直ちに町長に報告し、道路主管課長の検査を受けた後でなければ使用することができない。

(原状回復)

第7条 占用期間が満了したとき、又は占用を廃止したときは、直ちに原状に回復し、町長に届け出てその検査を受けなければならない。

2 占用の許可を受けた法人が解散したときは、清算人が前項の手続をとらなければならない。

3 占用の許可を受けた者が死亡し、その相続人が占用権を放棄した場合には、相続人が第1項の規定する手続をとるものとする。

4 町長は、第1項の規定による検査の結果、不適当と認めるものがあるときは、改めて原状の回復を命じ、又は第三者をして補修せしめることがある。

5 前項の場合において補修に要する費用は、すべて占用の許可を受けた者の負担とする。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年2月13日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の松岡町道路占用規則(平成15年松岡町規則第2号)永平寺町道路占用規則(昭和45年永平寺町規則第13号)又は上志比村道路占用規則(平成15年上志比村規則第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

永平寺町道路占用規則

平成18年2月13日 規則第91号

(平成18年2月13日施行)