○永平寺町一般職の職員の旅費取扱規程

平成22年3月30日

訓令第3号

(日当)

第2条 福井県内の旅行の場合においては、日当を支給しない。

2 福井県外の旅行で鉄道片道50キロメートル未満、陸路13キロメートル未満の場合における日当の額は、条例別表の額(1,700円)の2分の1に相当する額とする。(850円)

(日額旅費を支給する旅行)

第3条 条例第6条第2項に規定する旅行は、次に掲げる旅行とする。

長期間の研修、講習又は訓練の受講その他これらに類する目的のためにする旅行(これに準ずる旅行を含む。)

(日額旅費の額及び支給条件)

第4条 研修日当として1日あたり620円を支給する。

2 研修日当は、福井県外において研修等を受講する場合に限り、支給する。

3 研修日当の支給に係る期間において研修所等に併設されている宿泊施設に宿泊した場合には、同条第1項の額の2分の1に相当する額の研修日当は支給しない。

(研修旅行における普通旅費の支給)

第5条 日額旅費対象職員(第3条に掲げる職員)が、交通機関を利用する必要があるときは、当該交通機関の利用に要する鉄道賃、船賃及び車賃を支給する。

2 日額旅費対象職員が研修旅行において現に支払った鉄道賃、船賃及び車賃の額が、当該研修旅行について支給される日額旅費の額の2分の1に相当する額を超える場合には、その超える部分の金額に相当する額の鉄道賃、船賃及び車賃を支給する。

3 日額旅費対象職員が、研修旅行において次の各号のいずれかに該当する旅行をする場合には、その職員に対して、普通旅費を支給する。

(1) 研修所等に入所するためにする勤務地から当該研修所等への旅行

(2) 勤務地に帰任するためにする研修所等から当該勤務地への旅行

(3) 公務上の必要により研修旅行の目的以外の目的のためにする旅行

4 前項の規定により普通旅費を支給する日については、日額旅費は、支給しない。

5 日額旅費対象職員が、研修旅行における研修等に係る演習、見学又は実習のため、研修所等の所在地が属する同一地域以外の地域に旅行する場合には、その職員に対して、日額旅費に加えて普通旅費(日当を除く。)を支給する。

(研修旅行における宿泊料の額)

第6条 宿泊施設が指定されない研修旅行の場合は、条例第9条により支給する。

2 宿泊施設が指定される研修等を受講するための研修旅行で宿泊施設の利用又は朝食若しくは夕食の提供のための負担金を必要とするものについては、前項の規定にかかわらず、同項の規定により得た額を、当該負担金の額を基礎として増額又は減額した額の宿泊料を支給する。

附 則

この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

永平寺町一般職の職員の旅費取扱規程

平成22年3月30日 訓令第3号

(平成22年4月1日施行)