○永平寺町町道認定の基準に関する要綱

平成23年5月1日

告示第44号

(趣旨)

第1条 この要綱は、道路法(昭和27年法律第180号)第8条の規定により、永平寺町の区域内に存する道路を町長が町道に認定する場合の基準について、必要な事項を定めるものとする。

(基準)

第2条 町道に認定する道路は、道路幅員4メートル以上を有し、認定しようとする道路敷地内に私有地が存する場合には当該私有地について町に無償譲渡されることが確実な場合で、次の各号のいずれかに該当するものとする。また、舗装及び排水施設その他の道路構造については、町長が認めた構造を有する道路とする。ただし、町長が公益上特に必要と認めた道路については、この限りでない。

(1) 公道間を連絡する道路

(2) 集落相互を連絡する道路

(3) 公共施設又は公益施設に通ずる道路

(4) 都市計画法(昭和43年法律第100号)その他法令に基づき築造した道路

(5) 土地区画整理法(昭和29年法律第119号)その他法令に基づき築造した道路

(6) 土地改良法(昭和24年法律第195号)その他法令に基づき築造した道路

(7) 当該道路沿いに住宅が5戸以上建築されており、日常生活に必要な道路

(適用除外)

第3条 町が新設する道路は、この要綱を適用しない。

(雑則)

第4条 この要綱に定めるもののほか、町道認定の基準に関し必要な事項については、町長が定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

永平寺町町道認定の基準に関する要綱

平成23年5月1日 告示第44号

(平成23年5月1日施行)

体系情報
第10編 設/第2章
沿革情報
平成23年5月1日 告示第44号