○永平寺町産後ケア事業実施要綱

令和3年4月1日

告示第49号

永平寺町産後医療相談事業実施要綱の全部を改正する。

(目的)

第1条 この要綱は、母子保健法(昭和40年法律第141号)の規定に基づき、出産後の一定期間、心身が不安定になる母子に対し、心身のケアや育児サポートを提供することにより、心身の負担の軽減を図り、安心して子育てができる環境を整備することを目的とする。

(実施主体)

第2条 本事業の実施主体は永平寺町とし、業務の実施に当たるものとする。

2 事業は、永平寺町長が契約した病院等に委託して行うものとする。

(定義)

第3条 「病院等」とは、医療機関の産婦人科、産科、婦人科及び助産師外来並びに助産院をいう。

(対象者)

第4条 事業の対象者は、永平寺町内に住所を有する、出産後1年を経過しない女子及び乳児で次の各号のいずれかに該当する者をいう。

(1) 産後に心身の不調又は育児不安等がある者

(2) 特に支援が必要と認められる者

(事業の内容)

第5条 事業により実施する保健指導の内容は、次の各号に掲げるものを行うものとする。

(1) 母親の身体的ケア及び保健指導、栄養指導

(2) 母親の心理的ケア

(3) 適切な授乳ができるためのケア(乳房マッサージを含む)

(4) 育児の手技についての具体的な指導及び相談

(事業の種別)

第6条 事業の種別は次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 病院等に母子を日帰りで来所させ、保健指導するデイサービス型

(2) 助産師等が利用者の家庭を訪問し、保健指導するアウトリーチ型

(利用の申請等)

第7条 事業の利用を希望する者は、産後ケア事業申請書(様式第1号)を町長に提出する。

2 永平寺町長は、事業を実施するため、産後ケア事業受診券(様式第2号)を交付する。

3 交付を受けた母親は、産後ケア事業受診券を病院等に提出して、事業を受けることができる。

(助成額等)

第8条 助成金の額は産後ケア事業に係る費用のうち、5,000円を上限とし、1人1回限りとする。そのうち、利用者が自己負担金500円を病院等に支払うものとする。なお、上限5,000円を越える額については、病院等が徴収する。

(委託料の請求及及び支払)

第9条 永平寺町長は、前条の規定に基づき費用の請求を受けた時は、内容を審査し委託契約に基づき、支払を行うのもとする。

2 費用の請求については、1か月間に実施した産後ケア事業の委託料を翌月15日までに請求書(様式第3号)に産後ケア事業受診券(様式第2号)を添えて、永平寺町長に請求するものとする。

(事後指導)

第10条 永平寺町長は、事業の結果により、必要に応じて保健師による訪問指導等を行うものとする。

(その他)

第11条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、永平寺町長が別に定める。

附 則

この告示は、令和3年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

永平寺町産後ケア事業実施要綱

令和3年4月1日 告示第49号

(令和3年4月1日施行)