○永平寺町すくすく育児用品支援事業実施要綱

令和4年6月14日

告示第72号

(目的)

第1条 この事業は、町内在住の子育て世帯に対し育児用品に係る経費を助成することにより、子育て世帯の経済的負担を軽減することを目的とする。

(支給対象者)

第2条 この事業の支給対象者は、出生時点から住所が永平寺町にある乳児の保護者とする。

(事業内容)

第3条 対象者に対して育児用品の購入を支援する。対象品目は次のとおりとする。

(1) おむつ関連用品 紙おむつ、布おむつ、おむつカバー、おむつライナー、おしり拭き等

(2) 授乳関連用品 粉ミルク、哺乳瓶、消毒グッズ、搾乳機等

(3) 離乳食関連用品 ベビーフード、ベビー用食器、トレーニングカップ等

(4) その他育児に要する用品

(支援方法)

第4条 育児用品の購入支援に当たっては、「すくすく育児用品支給券」(様式第1号)(以下「支給券」という。)を支給するものとする。

(支給券)

第5条 支給券は、乳児1人につき10,000円(2,500円×4枚)とする。

2 支給券の有効期限は、支給日の翌月から起算した3ヵ月後の末日とする。

3 支給券は、第10条で指定された事業所でのみ使用できる。

(再交付の制限)

第6条 支給券は、紛失しても再交付はしないものとする。

(禁止事項)

第7条 支給券を目的に反して使用したり、譲渡、交換、貸付、又は担保に供したりしてはならない。

(助成額の返還)

第8条 町長は、保護者がこの要綱の規定に違反するなど不正行為により助成を受けたときは、保護者から助成を受けた額の全部又は一部を返還させることができる。

(事業者の指定手続き)

第9条 すくすく育児用品支援事業の対象品目を「すくすく育児用品支給券」により販売しようとする者(以下「指定事業者」という。)は、「すくすく育児用品取扱事業者申請書」(様式第2号)を町長に提出するものとする。

(事業者の指定)

第10条 町長は前条の申請書を受理したときは、速やかに必要な調査を行い、指定の要否を決定し、「すくすく育児用品取扱事業者指定通知書」(様式第3号)により、指定事業者に通知するものとする。

(指定事業者異動の届出)

第11条 指定事業者は所在地を変更したとき、又は事業を休止するに至ったときは、「すくすく育児用品取扱事業者異動届」(様式第4号)を町長に提出するものとする。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

1 この要綱は、令和4年6月14日から施行する。

2 この事業の対象となる乳児の保護者は、令和4年4月1日以降に出生した乳児の保護者とする。

様式第1号 略

画像

画像画像

画像

永平寺町すくすく育児用品支援事業実施要綱

令和4年6月14日 告示第72号

(令和4年6月14日施行)