○深川市自動車事故等責任判定基準

平成5年7月1日

制定

1 この基準は、市職員の交通秩序の確立と事故防止を図るとともに、公私を問わず自動車事故及び法令違反があった場合、責任判定に公正を期することを目的として設定する。

2 職員は、次の事故又は法令違反を起こしたときは、速やかに事故等報告書を所属長を経て市長に提出しなければならない。

(1) 公務中に交通事故を起こしたとき

(2) 公務外で免許の停止、又は取り消し処分を受ける交通事故を起こしたとき

(3) 罰金以上の刑事罰、又は免許停止処分以上の行政処分を受ける交通法令違反を起こしたとき

3 自動車事故の場合は、責任度、損害度について次の評点を基準として各基準ごとに採点し、その合計点数によって軽重の度合を定める。

(1) 責任度

 運転者として充分に注意して、全く責任がないと認められるとき 0点

 双方に責任があり、相手方の責任が大きいと認められるとき 20点以下

 双方に責任があり、その度合が同じ程度と認められるとき 35点以下

 双方に責任があり、当市職員の責任が大きいと認められるとき 50点以下

 相手方に責任がないと認められるとき 70点以下

(2) 損害度

損害度は、人を死傷させたとき、物件その他に損害を与えたとき、及び市の車両が損害を被ったときに分ける。ただし、2人以上の死傷が同時に起こったときは、損害の程度に従って加重する。

 人的損害度

入院期間 10日以内 → 10点以下

30日以内 → 15点以下

60日以内 → 20点以下

90日以内 → 25点以下

91日以上 → 35点以下

死亡 → 40点以下

(通院の場合は、評点の50%とする。)

 物的損害度

損害額 30万円未満 → 5点以下

50万円未満 → 10点以下

100万円未満 → 15点以下

100万円以上 → 20点以下

4 事故の総合判定及び法令違反は、概ね別表の区分による。ただし、次の各号に該当する場合は判定上、当該判定基準による区分について一段階上位又は下位の区分範囲まで加重又は軽減することができる。

(1) 加重する場合

 報告義務を怠ったとき

 再犯以上であるとき(過去3年以内に限る)

 役職者であるとき

 法令違反を伴った交通事故を起こしたとき

 職員全体の信用を著しく失墜した行為であるとき

 事故後に適切な措置を怠ったとき

(2) 軽減する場合

 事故が不可抗力によるとき

 運転を本務としない職員の公用車による自動車事故のとき

 自動車事故で、情状を酌量すべきものがあるとき

(平13訓令2・平16訓令93・一部改正)

5 責任判定の結果、懲戒処分の対象となる場合の直後の昇給の号俸数は、標準昇給の号俸数から次の各号に掲げる区分に応じ、標準昇給の号俸数に当該各号に定める割合を乗じて得た号俸数(その号俸数に端数を生じたときは、その端数を切り上げた号俸数)を減じた号俸数とする。

(1) 戒告の場合 → 4分の1

(2) 減給の場合 → 4分の2

(3) 停職2か月以下の場合 → 4分の3

(4) 停職3か月以上の場合 → 4分の4

(平19訓令21・全改)

6 交通三悪(速度違反、飲酒運転及び無免許運転)を伴う事故等において同乗した職員がいる場合は、そのほう助等の責任度合いに応じ、違反者に対する判定基準の範囲内で処分することができる。

(平19訓令21・追加、令4訓令27・旧第7項繰上)

附 則(平成7年7月1日)

この基準は、公布の日から施行し、平成7年7月1日から適用する。

附 則(平成13年1月31日訓令第2号)

この訓令は、平成13年2月1日から施行する。

附 則(平成16年12月2日訓令第93号)

この訓令は、平成16年12月2日から施行する。

附 則(平成17年3月25日訓令第10号)

この訓令は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月26日訓令第21号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(令和4年3月24日訓令第27号)

この訓令は、令和4年4月1日から施行する。

別表(第4項関係)

(平19訓令21・全改、令4訓令27・一部改正)

自動車事故等判定基準表

事故の評点

判定基準

20~44点

注意

45~59点

厳重注意

60~74点

訓告

75~89点

戒告、又は減給

90~104点

減給3か月以上、又は停職

105~119点

停職2か月以上

120点以上

停職6か月、又は免職

法令違反

判定基準

・速度違反(30~40km未満超過)

戒告

・速度違反(40~50km未満超過)

戒告、又は減給

・速度違反(50km以上超過)

減給、又は停職

・無免許運転

減給3か月以上、又は停職

・飲酒運転(酒気帯び)

停職、又は免職

・飲酒運転(酒気帯びで人身事故を起こしたとき)

・飲酒運転(酒酔い)

免職

・交通二悪を併せ行ったとき

停職2か月以上

・交通三悪を併せ行ったとき

停職6か月、又は免職

深川市自動車事故等責任判定基準

平成5年7月1日 制定

(令和4年4月1日施行)

体系情報
第4類 事/第3章 分限・懲戒
沿革情報
平成5年7月1日 制定
平成7年7月1日 種別なし
平成13年1月31日 訓令第2号
平成16年12月2日 訓令第93号
平成17年3月25日 訓令第10号
平成19年3月26日 訓令第21号
令和4年3月24日 訓令第27号