○深川市学校林設置運営規則

昭和42年3月9日

教育委員会規則第3号

(目的)

第1条 この規則は、学校林を設置し、学校経営に必要な財産の造成を図り、あわせて児童、生徒の林業教育の向上及び森林資源の培養に資することを目的とする。

(設置)

第2条 学校林に供用する土地は市有地をもつてあてるものとする。ただし、市有地以外の土地に設置することが適当と認められるときは、これによらないことができる。

2 学校林を設置するときは、その供用する土地、面積、経営計画、その他必要な事項について、教育委員会の議決を経なければならない。

(管理)

第3条 学校林は、教育委員会の責任のもとに、当該学校の学校長を含めた学校林管理運営委員会が、保護管理の任に当るものとする。

2 学校林の植栽及び伐採については、市の森林計画に基き、教育委員会が市長及び当該学校の学校林管理運営委員会と協議の上これを定める。

3 学校林の経営計画の樹立及び実施方針の決定等について、教育委員会の諮問に応ずるため必要に応じ、深川市学校林運営委員会を設けることができる。

(収益の処分)

第4条 学校林から生ずる収益は、すべてその学校林を造成した学校の施設設備並びに、その他の経費に充てるものとする。

(事業実施)

第5条 学校林の植栽、保育などの事業には、児童、生徒の父兄及び学校教職員、児童、生徒があたるものとする。ただし、教育委員会が必要と認めるときは、他の方法によることができる。

(報告)

第6条 学校長は、次の事項を記録した学校林台帳及び施業図を備え、必要に応じ市長並びに教育委員会に報告しなければならない。

(1) 学校林の所在地、面積及び所有沿革

(2) 新植、補植の施行年度、面積、樹種、本数

(3) 下刈及び除伐の施行年度、面積、樹種、本数

(4) 間伐など伐採の施行年度、面積、樹種、数量

(5) 経営管理の経過概況と、これに従事した人員等

(6) 経営管理に関する経理事項

(7) その他必要な事項

(交付金)

第7条 学校林の植栽、保育などに要する事業費につき、学校林管理運営委員会に対し、実情に応じ、その経費の全部又は一部を交付することができる。

2 交付金の額は、毎年度予算の範囲内で教育委員会が定める。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則施行のとき、既に学校林として指定されていたものについては、この規則で指定をうけたものとみなす。

深川市学校林設置運営規則

昭和42年3月9日 教育委員会規則第3号

(昭和42年3月9日施行)

体系情報
第7類 育/第2章 学校教育
沿革情報
昭和42年3月9日 教育委員会規則第3号