○深川市公金取扱いに要するつり銭資金貸付要綱

平成元年3月11日

制定

(趣旨)

第1条 この要綱は、本市の公金取扱いに要するつり銭資金(以下「つり銭」という。)の貸付けに関し、必要な事項を定める。

2 前項のつり銭は、会計管理者の保管する現金の一部とする。

(平19訓令11・一部改正)

(貸付対象者)

第2条 つり銭の貸付対象者は、施設又は窓口を所管する現金分任出納員(以下「現金分任出納員」という。)とする。

(平19訓令11・一部改正)

(申請)

第3条 つり銭の貸付けを受けようとする現金分任出納員は、つり銭資金貸付申請書(様式1)を、会計管理者に提出しなければならない。

(平19訓令11・一部改正)

(決定)

第4条 会計管理者は、前条の申請書を審査し、その可否を口頭で報告し可とした現金分任出納員よりつり銭資金借用書(様式2)を徴し、つり銭を貸付けるものとする。

(平19訓令11・一部改正)

(台帳)

第5条 会計管理者は、つり銭の貸付状況を適確に把握するためつり銭資金貸付台帳(様式3)を備えなければならない。

(平19訓令11・一部改正)

(保管及び管理)

第6条 現金分任出納員は、つり銭の保管及び管理(以下「保管」という。)について、安全かつ適正に行わなければならない。

2 現金分任出納員は、毎年4月1日現在におけるつり銭保管状況をつり銭資金保管状況報告書(様式4)により、会計管理者に報告しなければならない。

(平19訓令11・一部改正)

(事務引継)

第7条 現金分任出納員が交替したときは、前任者の発令の日から5日以内に、つり銭及び書類を後任者に引き継ぎし、つり銭資金借用者変更届(様式5)を会計管理者に提出しなければならない。

(平19訓令11・一部改正)

(返還)

第8条 現金分任出納員は、つり銭が不必要となったときは、つり銭につり銭資金返還届(様式6)を添えて速やかに会計管理者に返還するものとする。

(平19訓令11・一部改正)

(その他)

第9条 その他、この要綱の施行に必要な事項は会計管理者と現金分任出納員が協議により定める。

(平19訓令11・一部改正)

附 則

この訓令は、平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成17年8月1日訓令第46号)

この訓令は、平成17年8月1日から施行する。

附 則(平成19年3月2日訓令第11号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

(平19訓令11・一部改正)

画像

(平19訓令11・一部改正)

画像

画像

(平19訓令11・一部改正)

画像

(平19訓令11・一部改正)

画像

(平19訓令11・一部改正)

画像

深川市公金取扱いに要するつり銭資金貸付要綱

平成元年3月11日 制定

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第6類 政/第1章 予算会計
沿革情報
平成元年3月11日 制定
平成17年8月1日 訓令第46号
平成19年3月2日 訓令第11号