○福智町職員の自主研修補助要綱

平成19年6月5日

訓令第4号

(目的)

第1条 この要綱は、町行政の推進に関して自主的研修(以下「研修」という。)を行う者に対し、その研修費の一部を補助することにより、職員の自己啓発意欲及び資質の向上を図ることを目的とする。

(補助の対象)

第2条 補助の対象は、次の各号に掲げるものとする。

(1) 民間教育機関の実施する通信教育講座

(2) 他の地方公共団体、学校及びその他町行政と関係がある団体等が実施する講座、セミナー及び講演会等

(3) 国家資格等の取得のための試験、スクーリング等の受講

(4) その他町長が必要と認める事項

(研修の申込み)

第3条 受講希望者は、当該研修の受講の開始される1月前までに福智町職員自主研修申込書(様式第1号)により、所属長を経て任命権者に提出するものとする。ただし、当該研修の募集から受講開始までの間が1月に満たないときは、受講開始までに速やかに提出するものとする。

(補助の内容)

第4条 補助の内容は、予算の範囲内において次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 補助の回数は、年度当たり一人1研修を限度とする。ただし、資格取得及び通信教育の補助については、通年で1研修を限度とする。

(2) 研修修了者に対し、研修費の2分の1の額を補助する。

(補助金の交付)

第5条 研修を終了した職員が、補助金の交付を受けようとするときは、研修終了後、速やかに福智町職員自主研修補助金交付申請書(様式第2号)に領収書及び終了証等の写し並びに1200字以上のレポートを添付し、任命権者に提出するものとする。

(補助金の返還)

第6条 任命権者は、研修生がこの要綱に違反したとき又は不正に補助金を請求したときは、既に交付した補助金の全額又は一部を返還させることができる。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行し、平成19年4月1日から適用する。

画像

画像

福智町職員の自主研修補助要綱

平成19年6月5日 訓令第4号

(平成19年6月5日施行)