○若狭町産婦健康診査実施要綱

令和3年4月1日

告示第5号

(趣旨)

第1条 この告示は、出産後間もない時期の産婦に対し、母体の身体的機能の回復、授乳状況及び精神状態を把握するための健康診査(以下「産婦健診」という。)を、医療機関に委託して実施することに関し必要な事項を定めるものとする。

(対象者)

第2条 産婦健診の対象者は、産婦健診を受診する日において、町内に住所を有する産婦(以下「産婦」という。)とする。

(内容)

第3条 産婦健診の内容は、次に掲げるとおりとする。

(1) 問診(生活環境、授乳状況、育児不安、精神疾患の既往歴、服薬歴等)

(2) 診察(子宮復古状態、悪露、乳房の状態等)

(3) 体重測定

(4) 血圧測定

(5) 尿化学検査(尿たん白、尿糖等)

(6) エジンバラ産後うつ病質問票(EPDS)

(実施の方法)

第4条 産婦健診は、原則として町長が契約した医療機関(以下「委託医療機関」という。)に委託して行うものとする。

2 前条に掲げる産婦健診の回数は、1回とする。

3 診査料が基準単価を超える場合は、受診者の負担とする。

(受診票の交付)

第5条 町長は、産婦健診を実施するため、母子健康手帳の交付に併せて、産婦健康診査受診票(様式第1号)を交付するものとする。

(受診票の提出)

第6条 産婦は、産婦健診を受けるときに、交付を受けた前条に規定する受診票を委託医療機関に提出するものとする。

(費用の請求)

第7条 産婦健診を実施した委託医療機関は、毎月15日までにその前月分の産婦健診に係る産婦健康診査実施委託料請求書(様式第2号)に、前条の規定により提出された受診票を添えて町長に請求しなければならない。

2 委託医療機関が産婦健診について請求することができる額は、町長と委託医療機関とで協議し、予算の範囲内で定める額とする。

(委託医療機関以外の医療機関での産婦健診)

第8条 町長は、第4条第1項の規定にかかわらず、委託医療機関以外の医療機関で産婦健診を受けた者又は何らかの理由により第5条に規定する受診票を使用することができなかった者がいる場合は、その支払額の全部又は一部を助成することができる。

2 前項に規定する産婦健診を受けた者は、当該受診日から1年以内に若狭町産婦健康診査助成金交付申請書兼請求書(様式第3号)に、次に掲げる書類を添付し、町長に請求するものとする。

(1) 産婦健診の費用に係る領収書

(2) 第5条に規定する受診票又は母子健康手帳の写し

(3) エジンバラ産後うつ病質問票(EPDS)

3 前項の規定により請求することができる額は、委託医療機関の委託料と同額を上限とする。

(事後指導)

第9条 町長は、産婦健診の結果により、産婦に対し、必要に応じて訪問指導等の保健指導を行うものとする。

(その他)

第10条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

この告示は、令和3年4月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

若狭町産婦健康診査実施要綱

令和3年4月1日 告示第5号

(令和3年4月1日施行)