○舟形町表彰条例

平成12年3月21日

条例第2号

(目的)

第1条 この条例は、本町において公共の福祉増進に尽くした功績が極めて顕著で他の模範とするに足ると認めた者を表彰し、もって町の自治振興を図ることを目的とする。

(被表彰者)

第2条 表彰は、次のいずれかに該当する者を表彰審査委員会の審査に基づき、町長がこれを行う。

(1) 地方自治の振興に寄与し、その功績顕著な者

(2) 産業、土木及び経済の発展に寄与し、その功績顕著な者

(3) 教育、学芸及び体育等文化の進展に尽瘁し、その功績顕著な者

(4) 社会福祉事業に尽瘁し、その功績顕著な者

(5) その他功労顕著にして他の模範と認められる者

2 本条は、団体にも適用することができる。

(表彰審査委員会)

第3条 前条の表彰に関し審査するために、舟形町表彰審査委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会の委員は町長、副町長、教育長、町議会議長、町議会副議長、学識経験者3名とし、学識経験の委員は町長が選任する。

3 委員長は町長とし、委員会の事務を統理し、会議の議長となる。委員長に事故あるときは、その指名する委員が委員長の職務を代理する。

4 委員会は町長が招集し、過半数をもって成立し、議事は出席委員の満場一致で決する。委員は、自己の表彰審査の議事に加わることができない。

5 委員会の運営に関し必要な事項は、その都度委員長が定める。

(表彰の時期及び方法)

第4条 表彰は、毎年定期に11月1日に、又は必要と認めたときは表彰状及び記念品を贈呈してこれを行う。

(被表彰者の死亡措置)

第5条 この条例によって被表彰者となった者が、その表彰前に死亡したときは、その表彰状及び記念品はその遺族に授与する。

(表彰の取消)

第6条 この条例で被表彰者となった者が、禁錮以上の刑に処せられたときは、表彰を取消すことができる。

(表彰具申)

第7条 町内会長その他の機関の長は、その区域及び所属内においてこの条例の表彰該当者があると認めたときは、その実情を調査し町長に具申することができる。

(表彰者名簿)

第8条 表彰者の氏名及び事績は、表彰者名簿に登録し、永久保存するものとする。

(委任)

第9条 この条例の施行について必要な事項は、町長が規則で定める。

附 則

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月18日条例第4号)

(施行期日)

第1条 この条例は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月26日条例第1号)

(施行期日)

第1条 この条例は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年6月13日条例第17号)

この条例は、公布の日から施行する。

舟形町表彰条例

平成12年3月21日 条例第2号

(平成20年6月13日施行)

体系情報
第1編 規/第3章
沿革情報
平成12年3月21日 条例第2号
平成17年3月18日 条例第4号
平成19年3月26日 条例第1号
平成20年6月13日 条例第17号