○最高号給等を受ける職員の給料の切替え等に関する規則

平成2年12月27日

規則第14号

(最高号給等職員の号給等の切替え)

第1条 舟形町一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例(平成2年12月条例第18号。以下「改正条例」という。)附則第4項に規定する職員(以下「最高号給等職員」という。)のうち、平成2年4月1日(以下「切替日」という。)の前日における号給又は給料月額(以下「旧号給等」という。)別表第1の旧号給等欄に掲げられている職員の切替日における号給又は給料月額(以下「新号給等」という。)は、切替日の前日におけるその者の旧号給等に対応する同表の新号給等欄に定める号給又は給料月額とする。

(最高号給等職員の期間の通算)

第2条 前条の規定により新号給等を決定される職員に対する切替日以後における最初の改正条例による改正後の舟形町一般職の職員の給与に関する条例(以下「改正後の条例」という。)第8条第6項又は第8項ただし書の規定の適用については、その者の旧号給等を受けていた期間(次の各号に掲げる職員にあっては、それぞれ当該各号に定める期間。以下「経過期間」という。)をその者の新号給等を受ける期間に通算する。ただし、切替日の前日において56歳に達していない職員で、切替日における号給が職務の級の最高の号給となるものについては、その者の経過期間のうち18月を超える期間、切替日における号給が職務の級の最高の号給の1号給下位の号給となるものについては、その者の経過期間のうち12月を超える期間は、この限りでない。

(1) 切替日前において特別昇給(舟形町一般職の職員の給与に関する条例の施行に関する規則(昭和45年規則第3号(以下「施行規則」という。)第36条、第38条又は第41条の規定による昇給をいう。以下同じ。)以外の事由により旧号給等からの昇給に係る昇給期間を短縮されている職員 切替えがないものとした場合におけるその者の切替日以後の最初の昇給の予定の時期から旧号給等からの昇給に係る昇給期間に相当する期間をさかのぼった日(以下「旧号給等を受けたとみなす日」という。)から切替日の前日までの期間に相当する期間

(2) 切替日前において特別昇給をした職員のうち、特別昇給後の最初の昇給予定の時期が切替日以後となる職員 旧号給等を受けたとみなす日から切替日の前日までの期間に相当する期間(旧号給等を受けたとみなす日が切替日以後となる職員にあっては、0)

(3) 切替えがないものとした場合における切替日以後の最初の昇給について、切替日前において昇給延伸の事由に該当した職員 切替日以後良好な成績で勤務したものとした場合の旧号給等を受けたとみなす日から切替日の前日までの期間に相当する期間(旧号給等を受けたとみなす日が切替日となる職員にあっては、0)

(4) 切替日の前日における号給(以下「旧号給」という。)が改正条例附則別表に掲げる職務の級の1号給及び別表第2の号給欄のイ欄からハ欄までに掲げる号給(以下「特定号給等の号給」という。)であった職員で平成2年1月2日から切替日の前日までの間に新たに給料表の適用を受けることとなったもののうち、次の又はに掲げる職員 旧号給等を受けたとみなす日から切替日の前日までの期間に相当する期間に3月を加えた期間

 新たに職員となり、その職務の級を医療職給料表(3)の2級に決定された保健師又は助産師で、舟形町一般職の職員の給与に関する条例の施行に関する規則の一部を改正する規則(平成2年12月規則第10号。以下「改正規則」という。)による改正前の施行規則(以下「改正前の規則」という。)別表第2の医療職給料表(3)初任給基準表の学歴免許等欄の「大学卒」の区分を適用して初任給を決定されたもの(改正前の規則第17条の規定の適用を受けた職員を除く。)のうち、改正前の規則第29条第1項第2号の規定により旧号給からの昇給に係る昇給期間を短縮されている職員

 改正前の規則別表第6初任給基準表の学歴免許等欄の「短大卒」の区分の適用を受けて改正前の規則第29条第1項第1号の規定により旧号給からの昇給に係る昇給期間を短縮されている職員

(特定の最高号給等職員の切替え)

第3条 最高号給等職員のうち、切替日の前日における給料月額が別表第1の旧号給等欄に掲げられていない職員の切替日における給料月額及びこれを受ける期間に通算されることとなる期間は、あらかじめ、町長の承認を得て定めるものとする。

(特定号給職員の期間の通算)

第4条 改正条例附則第3項に規定する職員のうち、次の各号に掲げる職員に対する切替日以後における最初の昇給規定の適用については、当該各号に定める期間をその者の切替日における号給を受ける期間に通算する。

(1) 経過期間が6月以上9月未満である職員 3月

(2) 経過期間が9月以上12月未満である職員 6月

(3) 経過期間が12月以上である職員 9月

(特定の職員の号給の切替え及び期間の通算等)

第5条 旧号給が別表第2の号給欄のイ欄に掲げられている職員の切替日における号給は、旧号給の1号給上位の号給とし、これらの職員のうち次の各号に掲げる職員に対する切替日以後における最初の昇給規定の適用については、当該各号に定める期間をその者の切替日における号給を受ける期間に通算する。

(1) 経過期間が6月以上9月未満である職員 3月

(2) 経過期間が9月以上12月未満である職員 6月

(3) 経過期間が12月以上である職員 9月

2 旧号給が別表第2の号給欄のロ欄に掲げられている職員のうち、切替日において当該号給を受けていた期間(第2条各号に掲げる職員にあっては、当該各号に定める期間。以下同じ。)が6月以上である職員の切替日における号給は、旧号給の1号給上位の号給とし、これらの職員のうち次の各号に掲げる職員に対する切替日以後における最初の昇給規定の適用については、当該各号に定める期間をその者の切替日における号給を受ける期間に通算する。

(1) 経過期間が9月以上12月未満である職員 3月

(2) 経過期間が12月以上である職員 6月

3 旧号給が別表第2の号給欄のハ欄に掲げられている職員(改正前の規則別表第6教育職給料表初任給基準表の学歴免許等欄の「大学卒」を超える学歴免許等の区分の適用を受けてその初任給としての号給を決定された職員(以下「博士課程等修了者」という。)を除く。次項において同じ。)のうち、切替日において当該号給を受けていた期間が9月以上である職員の切替日における号給は、旧号給の1号給上位の号給とし、これら職員のうち経過期間が12月以上である職員に対する切替日以後における最初の昇給規定の適用については、3月をその者の切替日における号給を受ける期間に通算する。

4 旧号給が別表第2の号給欄のロ欄又はハ欄に掲げられている職員(前2項の規定により切替日における号給を決定された職員を除く。)に対する切替日以後における最初の昇給規定の適用については、次の各号に掲げる職員の区分に応じて当該各号に定める期間を切替日においてその者が当該号給を受けていた期間とする。

(1) 旧号給が別表第2の号給欄のロ欄に掲げられている職員で切替日において当該号給を受けていた期間が6月未満であるもの 9月

(2) 旧号給が別表第2の号給欄のハ欄に掲げられている職員で切替日において当該号給を受けていた期間が6月未満であるもの 6月

(3) 旧号給が別表第2の号給欄のハ欄に掲げられている職員で切替日において当該号給を受けていた期間が6月以上9月未満であるもの 9月

5 旧号給が別表第2の号給欄のニ欄に掲げられている職員で切替日において旧号給を受けていた期間が3月未満であるもののうち、平成2年1月2日から切替日の前日までの間に新たに給料表の適用を受けることとなった職員(博士課程等修了者を除く。)次の各号に掲げるものに対する切替日以後における最初の昇給規定の適用については、切替日において当該号給を受けていた期間に3月を加えた期間を切替日においてその者が当該号給を受けていた期間とする。

(1) 改正前の規則第29条の適用がない職員

(2) 第2条第4号ア又はに定める職員

(切替期間における異動者の号給等)

第6条 改正条例附則第5項の「規則で定める職員」は、切替日から改正条例の施行の日の前日までの期間(以下「切替期間」という。)において、改正条例による改正前の舟形町一般職の職員の給与に関する条例(昭和45年条例第13号。以下「改正前の条例」という。)の規定により、新たに給料表の適用を受けることとなった職員及びその属する職務の級又は号給若しくは給料月額(以下「号給等」という。)に異動のあった職員のうち、次の各号に規定する職員とし、これらの職員の改正条例附則第5項の規定に基づく号給等及びこれを受けることとなる期間は、当該各号に定めるところによる。

(1) 旧号給等が職務の級の最高の号給又は最高の号給を超える給料月額(以下「最高号給等」という。)又は特定号給等の号給であった職員及び旧号給が別表第2の号給欄のニ欄に掲げられている職員(前条第5項の規定の適用を受ける職員に限る。)改正後の条例の規定による号給等及びこれを受けることとなる期間は、次に定めるところによる。

 切替期間において昇給以外の事由により改正前の条例の規定による号給等を決定された職員については、当該決定の日において改正後の条例の規定による号給等(以下「改正後の号給等」という。)及び当該号給等からの昇給に係る昇給期間を短縮する期間(特別昇給をした職員にあっては、切替期間中に特別昇給をした者の改正後の条例及び改正規則による改正後の施行規則(以下「改正後の規則」という。)の規定を適用した場合における特別昇給の日後の最初の昇給の予定の時期から当該特別昇給後の号給等からの昇給に係る昇給期間に相当する期間をさかのぼった日(以下「特別昇給後の号給等を受けたとみなす日」という。)から当該特別昇給の日の前日までの期間に相当する期間。ただし、特別昇給後の号給等を受けたとみなす日が当該特別昇給の日以後となる職員にあっては、0。第5号及び第7条において同じ。)をもって、その者の当該決定の日における改正後の号給等及びこれを受けることとなる期間とする。この場合において、改正前の条例の規定により切替日に昇格又は降格をした職員については、当該昇格又は降格がないものとした場合にその者が切替日に受けることとなる改正後の号給等(同日における昇給、特別昇給等による号給等を除く。)を切替日の前日に受けていたものとみなして改正後の規則第23条又は第24条の規定を適用するものとする。

 の規定にかかわらず、切替期間において昇給以外の事由により改正前の条例の規定による号給等(以下「改正前の号給等」という。)を決定された職員のうち、当該改正前の号給等又は当該改正前の号給等からの昇給に係る昇給期間を短縮する期間(当該改正前の号給等が最高号給等であった職員にあっては、当該決定の日における当該改正前の号給等を基礎として改正条例附則第4項並びに第1条及び第2条の規定を準用した場合に得られる号給等又はこれを受けることとなる期間。以下及び第6号において同じ。)の規定による号給等又はこれを受けることとなる期間より有利な職員については、当該改正前の号給等及び当該改正前の号給等からの昇給に係る昇給期間を短縮する期間をもって、その者の当該決定の日における改正後の号給等及びこれを受けることとなる期間とする。

 切替期間において昇給により改正前の号給等を決定された職員については、当該昇給の日においてその昇給がないものとして改正後の条例及び改正後の規則の規定を適用した場合におけるその者の号給等(その日に昇給をすることとなる職員にあっては、当該昇給後の号給等)及びこれを受けることとなる期間をもって、その者のその日における改正後の号給等及びこれを受けることとなる期間とする。ただし、の規定の適用を受ける職員(当該昇給の日における改正前の号給等が最高号給等であった職員を除く。)にあっては、その日における改正前の条例の規定による号給(以下「改正前の号給」という。)をもって、その者のその日における改正後の条例の規定による号給(以下「改正後の号給」という。)とする。

(2) 旧号給等についての切替えが行われない職員で切替期間においてその者の改正前の号給等を最高号給等に決定されたもの、切替期間においてその者の初任給としての改正前の号給を特定号給等の号給又は別表第2の号給欄のニ欄の号給に決定された職員及び第1条から第5条までの規定の適用を受けない職員で切替期間において改正前の規則第26条又は第28条の規定により改正前の号給を特定号給等の号給又は別表第2の号給欄のニ欄の号給に決定されたもののうち次の又はに掲げる職員の当該決定の日における改正後の号給等及びこれを受けることとなる期間は、次に定めるところによる。

 切替期間において昇給以外の事由により改正前の号給等を決定された職員(の適用を受ける職員を除く。)については、当該決定の日において前号ア又はの規定を準用した場合に得られる号給等又はこれを受けることとなる期間をもって、その者のその日における改正後の号給等及びこれを受けることとなる期間とする。

 改正前の規則第17条、第26条又は第28条により改正前の号給を決定された職員のうち、改正前の号給を決定する際の計算過程で得られる切替日の前日の号給(以下において「旧号給とみなす号給」という。)が特定号給等の号給である職員及び旧号給とみなす号給が別表第2の号給欄のニ欄に掲げられている職員(当該計算の過程において、当該号給を平成2年1月1日後に受けたとされる場合に限る。)については、旧号給とみなす号給及びこれを受けていたこととされる期間を旧号給及びこれを受けていた期間として切替日において改正条例附則第3項及び第4条又は第5条の規定を適用した場合に得られる改正後の条例の規定による切替日における号給及びこれを受けることとなる期間を基礎として当該決定の日に受けることとなる号給及びこれを受けることとなる期間をもって、その者の当該決定の日における改正後の号給及びこれを受けることとなる期間とする。

(3) 前号の規定の適用を受ける職員のうち、切替期間において昇給により改正前の号給等を決定された職員については、当該昇給の日において第1号ウの規定を準用した場合に得られる号給等及びこれを受けることとなる期間をもって、その者のその日における改正後の号給等及びこれを受けることとなる期間とする。

(4) 前3号の規定の適用を受けない職員のうち、切替期間において昇給、特別昇給又は復職時等における給料月額の調整以外の事由による異動(以下この号において「昇格等」という。)により、改正前の号給を決定された職員で、次の又はに掲げるものの昇格等の日における改正後の号給及びこれを受けることとなる期間は、それぞれ当該区分に定めるところによる。この場合において、改正前の条例の規定により切替日に昇格又は降格をした職員については、第1号ア後段の規定を準用するものとする。

 切替期間において昇格等をした職員のうち、当該昇格等の日において改正後の条例及び改正後の規則の規定を適用した場合に得られる号給又は当該号給からの昇給に係る昇給期間を短縮する期間がその日における改正前の号給又は当該号給からの昇給に係る昇給期間を短縮する期間より有利な職員については、当該改正後の条例及び改正後の規則の規定を適用した場合に得られる号給及び当該号給からの昇給期間を短縮する期間をもって、その者のその日における改正後の号給及びこれを受けることとなる期間とする。

 切替期間において昇格等をした職員のうち、当該昇格等の日における改正前の号給又は当該号給からの昇給に係る昇給期間を短縮する期間がその日において改正後の条例及び改正後の規則の規定を適用した場合に得られる号給又は当該号給からの昇給に係る昇給期間を短縮する期間より有利な職員については、当該改正前の号給及び当該号給からの昇給に係る昇給期間を短縮する期間をもって、その者のその日における改正後の号給及びこれを受けることとなる期間とする。

(5) 切替期間において昇給、特別昇給又は復職時等における給料月額の調整による異動(以下この号において「昇給等」という。)により、改正前の号給を決定された職員のうち、次の又はに掲げる職員の当該昇給等の日における改正後の号給及びこれを受けることとなる期間は、それぞれ当該区分に定めるところによる。

 前号アの規定の適用を受ける職員又は第7条の規定により改正後の条例の規定により切替日における号給及びこれを受けることとなる期間を調整された職員については、当該昇給等の日において改正後の条例及び改正後の規則の規定を適用した場合に得られる号給又は当該号給からの昇給に係る昇給期間を短縮する期間(昇給の場合は、その日に昇給することとなる職員にあっては0、その他の職員にあっては当該号給を受けたとみなす日から当該昇給等の日の前日までの期間に相当する期間)をもって、その者の当該昇給等の日における改正後の号給及びこれを受けることとなる期間とする。

 前号イの規定の適用を受ける職員については、当該昇給等の日における改正前の号給及び当該号給からの昇給に係る昇給期間を短縮する期間(昇給の場合は0)をもって、その者のその日における改正後の号給及びこれを受けることとなる期間とする。

(6) 第1号から前号までの規定にかかわらず、切替期間において改正前の号給等を町長の承認を得て決定された職員のうち、次の又はに掲げる職員の当該決定の日における改正後の号給等及びこれを受けることとなる期間は、それぞれ当該区分に定めるところによる。

 改正前の号給等を決定された日において改正後の条例、改正後の規則及び第1号から前号までの規定により得られる号給等又はこれを受けることとなる期間が当該決定の日における改正前の号給等又は当該号給等からの昇給に係る昇給期間を短縮する期間より有利な職員については、あらかじめ町長の承認を得てその者のその日における改正後の号給等及びこれを受けることとなる期間を決定するものとする。

 改正前の号給等を決定された日における当該号給等又は当該号給等からの昇給に係る昇給期間を短縮する期間が当該決定の日において改正後の条例、改正後の規則及び第1号から前号までの規定により得られる号給等又はこれを受けることとなる期間より有利な職員については、当該決定の日における改正前の号給等及び当該号給等からの昇給に係る昇給期間を短縮する期間をもって、その者のその日における改正後の号給等及びこれを受けることとなる期間とする。

(切替日前の異動者の号給等の調整)

第7条 切替日前において昇格又は給料表の適用を異にする異動をした職員及び次条に定める職員の新号給等及びこれを受けることとなる期間については、改正条例附則第6項の規定に基づき、次に定めるところにより必要な調整を行うことができる。

(1) 切替日前において昇格(給料表の適用を異にする異動をした職員及び次条第1号に定める職員にあっては、当該異動又は適用の日の号給等を決定する際の計算の過程における昇格をいう。以下この条において同じ。)をした職員のうち、その者の切替日前に行われた昇格がなく、かつ、切替日に昇格をしたものとして改正後の条例及び改正後の規則の規定を適用した場合に得られる号給等又は当該号給等からの昇給に係る昇給期間を短縮する期間がその者の新号給等又はこれを受けることとなる期間より有利な職員については、当該改正後の条例及び改正後の規則の規定を適用した場合に得られる号給等及び当該号給等からの昇給に係る昇給期間を短縮する期間をもって、その者の新号給等及びこれを受けることとなる期間とすることができる。この場合において、調整の際の改正後の規則第23条の規定の適用については、第6条第1号ア後段の規定を準用するものとする。

(2) 切替日前において特別昇給をした職員(当該特別昇給をした後に、とび昇格(昇格した職務の級の最低の号給と同じ額の号給(同じ額の号給がないときは、当該号給の直近下位の額の号給)の1号給下位の号給からの昇格で当該号給を受けていた期間(当該号給に係る昇給期間が短縮されている場合は、当該短縮期間を加えた期間)が9月以下であるもの及び当該1号給下位の号給より下位の号給からの昇格をいう。以下同じ。)又は特定号給表に定める号給を超える号給からの昇格をした職員及び次号に規定する職員を除く。)のうち、その者の切替日前に行われた特別昇給がないものとみなして昇格、昇給等の規定を適用した場合に得られる旧号給及びこれを受けていた期間を基礎として改正条例附則第3項及び第4条又は第5条の規定を適用した後にその特別昇給が切替日に行われたものとした場合に得られる号給又は切替日後の最初の昇給の予定の時期が、その者の新号給又は切替日後の最初の昇給の予定の時期より有利な職員については、当該切替日に特別昇給をしたものとした場合に得られる号給及び切替日後の最初の昇給の予定の時期をもって、その者の改正後の条例の規定による切替日における号給(以下「新号給」という。)及び切替日後の最初の昇給の予定の時期とすることができる。この場合において、当該職員が改正前の条例の規定により切替日に昇格をした職員であるときは、改正後の規則第23条の規定の適用については、第6条第1号ア後段の規定中「改正後の号給等」を「切替日に特別昇給をしたものとした場合に得られる号給」と読み替えて同規定を適用するものとし、当該職員については、当該昇格後の最初の昇給に係る昇給期間を昇格した日の前日における号給を受けていた期間に相当する期間短縮することができるものとする。

(3) 切替日前に特別昇給及びとび昇格以外の昇格をした職員のうち、切替日前の特別昇給をないものとした場合に、当該昇格がとび昇格となる職員については、切替日前の昇格が切替日にあったものとして前号の規定を適用することができる。この場合においては、前号後段の規定を準用する。

(4) 前3号の規定に該当する職員のうち、切替日前の昇格又は特別昇給に係る号給等について町長の承認を得て決定された職員にあっては、前3号の規定にかかわらず、あらかじめ町長の承認を得てその者の新号給等及びこれを受けることとなる期間を決定することができる。

(切替日前の異動者に準ずる職員)

第8条 改正条例附則第6項の「規則で定めるこれに準ずる職員」は、次の各号に掲げる職員とする。

(1) 切替日前において初任給基準を異にする異動をした職員及び人事交流等により新たに給料表の適用を受けることとなった職員のうち、改正後の規則第17条又は第26条の規定により当該異動又は適用の日の号給等を決定する際の計算の過程において昇格をしたこととなる職員

(2) 切替日前において特別昇給をした職員(改正後の規則第17条、第26条又は第28条の規定による号給決定の際の計算の過程において特別昇給をしたこととなる職員を含み、前条第2号及び第3号に規定する職員に限る。)

(改正条例附則第5項及び附則第6項の関係)

第9条 切替日において改正条例附則第5項及び附則第6項の規定にともに該当することとなる職員については、改正条例附則第6項の規定を適用した後に改正条例附則第5項の規定を適用するものとする。

(特別昇給をした職員の次期昇給の取扱い)

第10条 切替日前に特別昇給をした職員のうち、第2条第2号括弧書の規定により旧号給等を受けていた期間を0とされた職員で旧号給等を受けたとみなす日が切替日後となるものの次期昇給の予定の時期は、次の各号に定めるところによる。

(1) 旧号給等が最高号給等であった職員については、切替日を起算日として切替日から当該旧号給等を受けたとみなす日の前日までの期間とその者の新号給等からの昇給に係る昇給期間とを合算した期間に相当する期間を経過したとき以後の最初の昇給の時期をもって、その者の切替日後の最初の昇給の予定の時期とする。この場合において、その者の特別昇給後の号給等からの昇給に関し、改正前の号給等に係る昇給期間と改正後の号給等に係る昇給期間とが異なるときは、当該特別昇給をした日において新号給等に特別昇給をしたものとした場合に得られる当該特別昇給後の最初の昇給の時期をもって、その者の切替日後の最初の昇給の予定の時期とする。

(2) 旧号給が特定号給等の号給であった職員については、切替日に第5条の適用がなく、旧号給等を受けたとみなす日後の最初の改正後の規則第35条に定める時期を切替日とみなして第5条の規定を適用した場合(号給が切替えられる場合は、当該切替えを昇給とみなす。)に得られるその日以後の最初の昇給の時期をもって、その者の切替日後の最初の昇給の予定の時期とする。

2 切替期間において特別昇給をし、改正後の号給等を第6条の規定により決定された職員のうち、特別昇給に係る改正後の号給等を受けていた期間を0とされた職員で特別昇給後の号給等を受けたとみなす日が当該特別昇給の日後となるものについては、その特別昇給の日を起算日として当該特別昇給の日から当該特別昇給後の号給等を受けたとみなす日の前日までの期間と当該改正後の号給等からの昇給に係る昇給期間とを合算した期間に相当する期間を経過したとき以後の最初の昇給の時期をもって、その者の改正後の号給等を受けた日後の最初の昇給の予定の時期とする。

(特定の職員の次期昇給の特例)

第11条 切替日においてその者の受ける号給が別表第2の号給欄のロ欄からニ欄までに掲げる号給である職員のうち、第5条第4項及び第5項に定める職員の切替日以後における最初の昇給規定の適用については、同条に定めるところによる。この場合において、第5条第2項にいう「第2条各号に掲げる職員」及び「当該各号に定める期間」については、第2条各号中「旧号給等」とあるのは「切替日における号給」として、第2条各号の例によるものとし、同条第5項の「各号に掲げる職員」は第2条第3号に規定する職員以外の職員で平成2年1月2日から切替日の前日までの間に新たに給料表の適用を受けることとなったもののうち第5条第5項各号に掲げる職員とする。

(切替日以後の最初の昇給に係る勤務成績の判定)

第12条 切替日以後の最初の昇給に係る勤務成績の判定は、改正条例附則第3項、附則第4項若しくは附則第6項又は第5条の規定により新号給等を決定された職員にあっては、旧号給等又は切替日における号給を受けた日以後の期間について行うものとし、改正条例附則第5項の規定により改正後の号給等を決定された職員にあっては、当該決定をその決定の基礎となった改正前の条例等の規定による決定に相当する改正後の条例等の規定による決定とみなして行うものとする。ただし、職員に著しく公平を欠くこととなる等の理由によってこれにより難い場合には、改正後の規則第33条の規定の趣旨に従って行うものとする。

(職員に対する通知)

第13条 改正条例附則第3項から附則第6項まで又は第5条の規定により号給等に異動を生じた職員に対しては、人事異動通知書又はこれに代わる文書により通知するものとし、その記入方法は、次に定めるところによるものとする。

(1) 改正条例附則第3項又は附則第4項の規定の適用を受けた職員

平成2年4月1日 平成2年条例第18号附則第3項の規定により○号給を給する。(又は特に○円を給する。)

(2) 改正条例附則第5項の規定の適用を受けた職員

平成2年4月1日 平成2年条例第18号附則第5項の規定により○号給を給する。(又は特に○円を給する。)

(3) 改正条例附則第6項の規定の適用を受けた職員

平成2年4月1日 平成2年条例第18号附則第6項の規定により○号給を給する。(又は特に○円を給する。)

(4) 第5条の規定の適用を受け、切替日に号給に異動を生じた職員

平成2年4月1日 平成2年規則第10号第5条の規定により○号給を給する。

(給料の切替調書)

第14条 各任命権者は、給料の切替え等に当たっては、改正条例附則第3項から附則第6項までの規定又は第5条の規定の適用を受けた職員について、別記様式による「給料の切替調書」又はこれに準ずる調書等を作成し、号給等の算出の過程等を明確にしておくものとする。

(切替え等に関する特例)

第15条 この規則に定めるもののほか、切替え等に関し必要な事項は、別に町長が定めるものとし、これらにより難い場合は、あらかじめ町長の承認を得て別段の取扱いをすることができる。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年3月29日規則第8号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

別表第1

切替日における職務の級

1級

2級

3級

4級

5級

6級

7級

区分

給料表

旧号給等

新号給等

旧号給等

新号給等

旧号給等

新号給等

旧号給等

新号給等

旧号給等

新号給等

旧号給等

新号給等

旧号給等

新号給等

行政職給料表

16号給

16号給

19号給

19号給

30号給

30号給

28号給

28号給

26号給

26号給

24号給

24号給

22号給

22号給

31号給

154,100

164,200

209,900

217,900

282,100

331,500

342,100

348,100

359,100

381,600

393,400

391,100

403,200

155,700

165,800

211,900

219,900

284,300

293,800

333,900

344,500

350,900

361,900

385,200

397,000

394,800

406,900

157,300

167,400

213,900

221,900

286,500

296,000

336,300

346,900

353,700

364,700

388,800

400,600

398,500

410,600

158,900

169,000

215,900

223,900

288,700

298,200

338,700

349,300

356,500

367,500

392,400

404,200

402,200

414,300

160,500

170,600

217,900

225,900

290,900

300,400

341,100

351,700

359,300

370,300

396,000

407,800

405,900

418,000

医療職給料表(1)

21号給

21号給

26号給

26号給

26号給

26号給

20号給

20号給

 

364,500

376,200

470,700

485,500

525,000

541,100

556,800

573,800

367,600

379,300

474,400

489,200

529,300

545,400

561,600

578,600

370,700

382,400

478,100

492,900

533,600

549,700

566,400

583,400

373,800

385,500

481,800

496,600

537,900

554,000

571,200

588,200

376,900

388,600

485,500

500,300

542,200

558,300

576,000

593,000

380,000

391,700

489,200

504,000

546,500

562,600

580,800

597,800

383,100

394,800

492,900

507,700

550,800

566,900

585,600

602,600

別表第2

給料表

職務の級

旧号給

行政職給料表

1級

2から7まで

8

9

10

2級

 

2

3

4

医療職給料表(1)

1級

 

2

3

4

医療職給料表(2)

1級

2から6まで

7

8

9

2級

 

2

3

4

医療職給料表(3)

1級

2から8まで

9

10

11

2級

2から4まで

5

6

7

教育職給料表(1)

1級

2から5まで

6

7

8

2級

 

2

3

4

教育職給料表(2)

1級

2から6まで

7

8

9

2級

 

2

3

4

別記様式 略

最高号給等を受ける職員の給料の切替え等に関する規則

平成2年12月27日 規則第14号

(平成14年4月1日施行)