○舟形町学校教育指導員設置並びに服務に関する規則

平成2年3月26日

教委規則第2号

(目的)

第1条 この規則は、本町学校教育の振興並びに指導層の充実を図るため、学校教育指導員(以下「指導員」という。)の設置及び服務に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(定数)

第2条 指導員の定数は、嘱託指導員2名以内並びに非常勤指導員8名以内とする。

(任期)

第3条 指導員の任期は、その任用の日から同日の属する会計年度の末日までとし、再任を妨げない。

(任用)

第4条 嘱託指導員は、次の各号の一に該当するもののうちから、教育委員会が任用する。

(1) 教育に関し識見を有し、かつ、学校における教育課程、学習指導その他学校教育に関する専門的事項について教養と経験を身につけている者

(2) 健康で、活動的である者

2 非常勤指導員は、教育委員会が任用する。

(任務)

第5条 嘱託指導員の任務は、おおむね次のとおりとし、教育長の指示をうけて行うものとする。

(1) 教育課程及び学習指導、生徒指導に関する指導、助言

(2) 校内研修における指導、助言

(3) 研究会、研修会における指導、助言

(4) 学校と教育委員会との連絡調整

(5) 各種研修会、研究会の企画、立案、実施

(6) 各種指導資料の作成

(7) 教育長が必要と認めたこと。

2 非常勤指導員の任務は、次のとおりとし、嘱託指導員と連携して行うものとする。

(1) 学力診断テストの調査、分析

(2) 研究委嘱校の発表時の指導、助言並びに役員の任務

(3) 教育長が必要と認めたこと。

3 指導員は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第22条の2第1項第1号に規定する会計年度任用職員とする。

(会議)

第6条 指導員で構成する学校教育指導員会を、年6回以上開催し学校教育力の向上、充実を図るものとする。

(報酬等)

第7条 指導員の報酬、手当及び費用弁償については、舟形町会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する条例(令和元年条例第18号)の定めるところによる

(勤務日数及び時間)

第8条 嘱託指導員は、週3回以上勤務するものとする。

2 その他必要な事項は、教育長の指示を受けるものとする。

(委任)

第9条 この規則の施行に関し、必要な事項は教育長が定める。

附 則

この規則は、平成2年4月1日から施行する。

附 則(平成4年4月10日教委規則第1号)

この規則は、公布の日から施行し、平成4年4月1日から適用する。

附 則(平成9年2月26日教委規則第1号)

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成13年3月16日教委規則第1号)

この規則は、公布の日から施行し、平成13年4月1日から適用する。

附 則(令和2年3月23日教委規則第5号)

この規則は、公布の日から施行する。

舟形町学校教育指導員設置並びに服務に関する規則

平成2年3月26日 教育委員会規則第2号

(令和2年3月23日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成2年3月26日 教育委員会規則第2号
平成4年4月10日 教育委員会規則第1号
平成9年2月26日 教育委員会規則第1号
平成13年3月16日 教育委員会規則第1号
令和2年3月23日 教育委員会規則第5号