○舟形町立学校使用規則

昭和50年3月31日

教委規則第3号

(目的)

第1条 町立学校施設、設備の使用に関しては、この規則の定めるところによる。

(使用許可手続)

第2条 町立学校施設、設備を使用しようとする者は、様式第1号による許可申請書を当該学校長を経て教育委員会に提出し、許可を受けなければならない。

2 前項の規定による許可は、当該学校長の使用についての支障の有無に基づいてこれを行う。

第3条 前条第1項の規定による許可申請書は、使用しようとする7日前までに提出し、許可を受けなければならない。ただし、特別の事由がある場合は、この限りでない。

第4条 使用の許可を受けた者は、これを事前に当該学校長に提示し、学校長より使用上の注意を聴取してこれを遵守しなければならない。

第5条 利潤を目的として行われる興行には、施設設備の使用を許可しない。ただし、特に教育上に寄与する特別な事由がある場合は、審議により許可することができる。

2 学校保全上、別に指定する学校の施設又は設備の使用は、許可しない。

第6条 学校長は、次に掲げる場合は、前条第2項の規定にかかわらず、学校の施設又は設備の使用を許可することができる。

(1) 当該学校に直接関係をもつ団体の会合を行うとき。

(2) 社会教育団体等主催の会合で学校長が、公益上必要があると認めたとき。

(3) 教育上の会合で学校長が適当と認めたとき。

2 前項各号に該当するもののうち、主要なものについては、学校長から使用を許可した旨、様式第2号により事前に教育委員会に報告しなければならない。

第7条 教育委員会及び当該学校長は、使用者に対し管理上必要の場合は、必要な設備をさせることができる。また使用者が特別の設備をしようとするときは、教育委員会又は当該学校長の許可を受けてこれを設備することができる。

(使用不許可)

第8条 次に掲げる場合については、教育委員会及び当該学校長は、その使用の許可を取り消し、又は変更させることができる。

(1) 公益を害するおそれがあると認めたとき。

(2) 施設、設備をき損するおそれがあると認めたとき。

(3) 使用者が本規則又は学校管理の定めに違反したとき。

(4) その他教育委員会及び当該学校長が特に必要があると認めたとき。

(使用負担特例)

第9条 使用に際し、特別の設備をするとき、又は電灯及び暖房等を必要とするときは、使用者の負担とする。

(報告)

第10条 使用者は、その使用にかかわる施設、設備の管理と一般の取締りに任ずる責任を有し、その使用を終ったときは、直ちにこれを整し、当該学校長に引渡さなければならない。

(原状回復)

第11条 町立学校施設、設備を使用してき損又はその他の物件を亡失したときは、これを賠償し、原状に戻す責を負わなければならない。

2 使用者は、施設、設備の清掃格納等は、全て使用前の状況に回復し、校長又は教育委員会の承認を得るものとする。

附 則

この規則は、公布の日から施行する.

附 則(平成12年12月26日教委規則第10号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

舟形町立学校使用規則

昭和50年3月31日 教育委員会規則第3号

(平成12年12月26日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
昭和50年3月31日 教育委員会規則第3号
平成12年12月26日 教育委員会規則第10号