○舟形町老人いこいの家設置及び管理に関する条例

昭和53年9月22日

条例第23号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づき、舟形町老人いこいの家(以下「いこいの家」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定める。

(設置)

第2条 老人福祉法(昭和38年法律第133号)により、老人に対し教養の向上、レクリエーシヨン等の場合を与え、もって老人の心身の健康な増進を図るため、いこいの家を舟形町舟形352番地10に設置する。

(使用の承認)

第3条 いこいの家の施設又は附属施設を使用しようとする者(以下「使用者」という。)は、町長の承認を受けなければならない。

(使用の不承認)

第4条 町長は、施設の維持管理上支障があると認められるときは、使用を承認しないことができる。

(使用)

第5条 使用者は、管理者が指示した事項に留意し、常に善良な使用者として使用しなければならない。

2 町長は、使用者がこの条例又はこの条例に基づく諸規定に違反したときは、使用承認の取り消し又は使用の停止を命ずることができる。

(使用料)

第6条 使用料は、無料とする。ただし、特別な設備を利用するために要する諸経費は、使用者の負担とする。

(損害賠償)

第7条 使用者は、いこいの家の施設又は設備を破損し、若しくは亡失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、町長が必要ないと認めた場合は、この限りでない。

(委任)

第8条 この条例に定めるもののほか、この条例に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和55年2月25日条例第1号)

この条例は、昭和55年3月1日から施行する。

附 則(昭和55年12月22日条例第29号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成18年3月15日条例第6号)

この条例は、公布の日から施行する。

舟形町老人いこいの家設置及び管理に関する条例

昭和53年9月22日 条例第23号

(平成18年3月15日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
昭和53年9月22日 条例第23号
昭和55年2月25日 条例第1号
昭和55年12月22日 条例第29号
平成18年3月15日 条例第6号