○舟形町高齢者住宅整備資金貸付条例施行規則

昭和52年6月28日

規則第4号

(目的)

第1条 この規則は、舟形町高齢者住宅整備資金貸付条例(昭和49年条例第31号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(貸付金額)

第2条 条例第4条に規定する貸付金額の限度額は、1戸当たり250万円以内とする。

(保証人)

第3条 条例第5条第4号に規定する連帯保証人は、町税を完納している者とする。

(借入れの申請)

第4条 条例第6条の規定による申請を希望する者は、事前に舟形町高齢者住宅整備計画申出書(様式第1号)を提出しなければならない。

第5条 前条の申出があった者のうち、適格の決定をうけた者は舟形町高齢者住宅整備資金申請書(様式第3号)を提出しなければならない。

(貸付の決定及び通知)

第6条 条例第7条の規定による審査は、町議会文教民生常任委員長、町民生児童委員協議会会長、担当地区民生児童委員、町老人クラブ連合会会長があたる。

第7条 条例第7条の規定による貸付の可否決定通知は、第6条の規定に基づき舟形町高齢者住宅整備資金活用(適格、不適格)決定通知書(様式第2号)による。

(工事の完成)

第8条 条例第8条の規定による工事完成届は、舟形町高齢者住宅整備工事完成届(様式第4号)による。

(資金の交付)

第9条 条例第9条の規定による貸付契約は、舟形町高齢者住宅整備資金貸付契約書(様式第5号)により締結し、舟形町高齢者住宅整備資金借用書(様式第6号)の提出により資金を交付する。

この規則は、公布の日から施行し、昭和52年4月1日から適用する。

(平成5年6月16日規則第6号)

この規則は、公布の日から施行し、平成5年4月1日から適用する。

(平成12年9月5日規則第26号)

この規則は、公布の日から施行し、平成12年4月1日から適用する。

(平成19年12月21日規則第16号)

この規則は、公布の日から施行し、平成19年4月1日より適用する。

(令和4年3月30日規則第7号)

1 この規則は、令和4年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の際、この規則による改正前の様式による用紙で、現に残存するものは、当分の間、所要の修正を加え、なお使用することができる。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

舟形町高齢者住宅整備資金貸付条例施行規則

昭和52年6月28日 規則第4号

(令和4年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
昭和52年6月28日 規則第4号
平成5年6月16日 規則第6号
平成12年9月5日 規則第26号
平成19年12月21日 規則第16号
令和4年3月30日 規則第7号