○玄海町水産業施設の設置及び管理に関する条例

昭和61年3月20日

条例第8号

(設置)

第1条 漁業の生産性の向上と経営の安定並びに沿岸漁業の振興を図るため、水産業施設(以下「施設」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 施設の名称及び位置は、別表のとおりとする。

(昭62条例10・全改)

(指定管理者による管理)

第3条 町長は、施設の管理について、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により法人その他の団体であって町長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

(平18条例19・全改)

(指定管理者が行う業務)

第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 施設の管理運営に関する業務

(2) 施設の維持管理に関する業務

(3) 前各号のほか、第1条の設置目的を達成するための業務

(平18条例19・追加)

(利用の許可)

第5条 施設を利用しようとする者は、あらかじめ指定管理者の許可を受けなければならない。

(平18条例19・追加)

(利用の制限等)

第6条 指定管理者は、施設の維持管理上又は保全に支障があると認められるときは、利用を許可しない。

2 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当するときは、当該許可に係る利用を停止し、又は許可を取り消すことができる。この場合、利用者において不利益が生じることがあっても、町及び指定管理者は、その責めを負わない。

(1) 利用者がこの条例に違反したとき。

(2) 利用者が偽りその他不正の行為により利用の許可を受けたとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、施設の管理上必要と認めるとき。

(平18条例19・追加)

(利用料金)

第7条 利用者は、利用料金を納付しなければならない。

2 利用料金は、施設の維持管理に必要な経費の範囲内において、指定管理者があらかじめ町長の承認を受けて定めるものとする。これを変更しようとするときも、また同様とする。

3 利用料金は、指定管理者の収入とする。

(平18条例19・追加)

(利用料金の減免)

第8条 町長は、特に必要があると認めるときは、利用料金を減額し、又は免除することができる。

(平18条例19・追加)

(利用料金の不還付)

第9条 既納された利用料金は、還付しない。ただし、利用者の責めによらない理由で利用ができなかった場合には、その全部又は一部を還付することができる。

(平18条例19・追加)

(原状回復の義務)

第10条 施設の利用者は、施設の利用が終わったとき、又は利用の許可を取り消され、若しくは利用を停止されたときは、直ちに原状に回復しなければならない。

(平18条例19・追加)

(損害賠償)

第11条 施設の利用者は、施設の利用中に建物及び器具等を破損し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。

(平18条例19・追加)

(委任)

第12条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

(平18条例19・旧第4条繰下)

この条例は、公布の日から施行する。

(昭和62年3月28日条例第10号)

この条例は、公布の日から施行する。

(昭和62年12月10日条例第30号)

この条例は、公布の日から施行する。

(平成7年3月31日条例第13号)

この条例は、公布の日から施行する。

(平成18年8月18日条例第19号)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年9月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 町長は、指定管理者の指定に関し必要な行為は、玄海町公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例に基づき、この条例の施行の日前においても行うことができる。

(平成27年12月7日条例第28号)

この条例は、平成28年4月1日から施行する。

(令和5年3月17日条例第10号)

この条例は、令和5年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

(平18条例19・全改、平27条例28・令5条例10・一部改正)

名称

位置

1 自動給油施設及び給油機能施設

玄海町大字今村

2 餌料用冷凍冷蔵庫施設

玄海町大字今村

3 荷さばき施設

玄海町大字今村

4 廃棄物保管施設

玄海町大字今村

玄海町水産業施設の設置及び管理に関する条例

昭和61年3月20日 条例第8号

(令和5年4月1日施行)