○岐阜市名誉市民条例

昭和30年8月1日

条例第25号

第1条 公共の福祉を増進し、文化の進展に寄与し、世の敬仰する本市に縁りの深い者、又は市民の生活及び文化に貢献し、その功績が卓絶で且つ市民の尊敬する者は、市長が議会に諮って名誉市民に推すことができる。

第2条 名誉市民の事績は市の公報で公示し、市長の定める日に顕彰する。

第3条 名誉市民には名誉市民章を贈呈し次の待遇をすることができる。

(1) 市の公の式典参列

(2) 死亡の際における相当の礼をもってする弔慰

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める待遇

2 名誉市民章の製式については、市長が別に定める。

第4条 市長の諮問に応じ、名誉市民の候補者を審査するため、岐阜市名誉市民審査委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

2 委員会の組織及び運営に関し必要な事項は、規則で定める。

第5条 この条例の施行に関して必要な事項は規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和31年条例第21号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年条例第4号)

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

岐阜市名誉市民条例

昭和30年8月1日 条例第25号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第1類 則/第3章
沿革情報
昭和30年8月1日 条例第25号
昭和31年5月14日 条例第21号
平成25年3月27日 条例第4号