○岐阜市民栄誉賞表彰規則

平成3年3月29日

規則第5号

(趣旨)

第1条 この規則は、岐阜市民栄誉賞(以下「栄誉賞」という。)を授与すること並びに岐阜市附属機関設置条例(平成25年岐阜市条例第7号)第3条の規定に基づく岐阜市民栄誉賞審査委員会(以下「委員会」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(栄誉賞の授与)

第2条 市長は、本市の住民又は本市に縁故の深い個人若しくは団体で、公共の福祉の増進又は産業、経済若しくはスポーツ、文化の発展その他について、その功績が特に顕著で、本市の名を高めるとともに、広く市民に敬愛され、社会に明るい希望を与えたものについて、栄誉賞を授与することができる。

2 栄誉賞は、表彰状及び記念品とする。

(受賞者の決定)

第3条 市長は、委員会の答申に基づき、受賞者を決定するものとする。

(表彰の時期)

第4条 表彰は、随時行う。

(業績の公表)

第5条 栄誉賞を授与されたものの氏名又は名称及び業績は、「広報ぎふ」によって公表する。

(栄誉賞の取消し)

第6条 市長は、受賞者が本人の責に帰すべき行為によって栄誉を著しく失墜したときは、栄誉賞を取り消すことができる。

(委員会の組織)

第7条 委員会は、委員15人以内で組織する。

2 委員は、岐阜市の区域内の各種団体等が推薦する者及び学識経験を有する者のうちから、市長が委嘱する。

(任期)

第8条 委員の任期は、委嘱の日から市長の諮問に対し委員会が答申するまでとする。

(委員長及び副委員長)

第9条 委員会に委員長及び副委員長を置き、委員の互選により定める。

2 委員長は、委員会の会務を総理し、委員会を代表する。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第10条 委員会の会議は、委員長が招集し、その議長となる。

2 委員会の会議は、委員の過半数が出席しなければ開くことができない。

3 会議の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

第11条 委員長は、前条の規定にかかわらず、緊急かつやむを得ない事由があると認めるときは、持ち回りの方法により委員会を開くことができる。

(会議の非公開)

第12条 委員会の会議は、非公開とする。

(委員の除斥)

第13条 委員は、審査の対象となる者と利害関係を有する場合は、議事に加わることができない。

(守秘義務)

第14条 委員は、職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(庶務)

第15条 委員会の庶務は、市長公室秘書課において処理する。

(その他)

第16条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成25年規則第6号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成29年規則第7号)

この規則は、公布の日から施行する。

岐阜市民栄誉賞表彰規則

平成3年3月29日 規則第5号

(平成29年3月24日施行)