○岐阜市災害見舞金支給内規

昭和51年9月22日

決裁

岐阜市民が、災害によりり災したときは、この内規に定めるところにより、災害見舞金を支給する。

この内規において「災害」とは震災、風水害、火災等の天災または人災で市長が災害と認めたものをいう。

1 支給対象

(1) 住家が全壊(全焼・全損)、流失、埋没、半壊(半焼・半損)、半埋没、床上浸水等により、り災したとき。

(2) 前号に起因し、市民が負傷(1カ月以上の治療を必要とする旨の医師の判定のある場合に限る。)又は死亡したとき。

(3) その他市長が支給の必要を認めたもの。

2 支給額

(1) 住家の被害が全壊(全焼・全損)、流失、埋没の場合 1世帯 30,000円

(2) 住家の被害が半壊(半焼・半損)、半埋没の場合 1世帯 20,000円

(3) 住家の被害が床上浸水の場合 1世帯 10,000円

(4) 前3号の規定にかかわらず、り災世帯が生活保護世帯にあっては、それぞれの基準額に5割相当額を加算した額

(5) 市民が負傷したとき。1人につき 20,000円

(6) 市民が死亡したとき。1人につき 40,000円

3 適用除外

被災者生活再建支援法(平成10年法律第66号)第3条第1項の規定により被災者生活再建支援金の支給を受ける者及び岐阜市被災者生活・住宅再建支援金交付要綱(平成17年2月10日決裁)第4条の規定により被災者生活・住宅再建支援金の支給を受ける者にあっては、前項第1号から第4号までの災害見舞金を支給しない。

附 則

この内規は、昭和51年9月22日から施行する。

附 則

この内規は、昭和55年4月1日から施行する。

附 則

この内規は、平成10年4月13日から施行する。

附 則

この内規は、平成22年11月18日から施行する。

岐阜市災害見舞金支給内規

昭和51年9月22日 決裁

(平成22年11月18日施行)

体系情報
第7類 生/第1章
沿革情報
昭和51年9月22日 決裁
昭和55年4月1日 決裁
平成10年4月13日 決裁
平成22年11月18日 決裁