○岐阜市教育委員会体育事務委託規則

昭和31年6月7日

教育委員会規則第3号

(目的)

第1条 この規則は岐阜市教育委員会(以下「委員会」という。)が行うべき体育事務を、営利を目的としない団体に委託して行わせることにより、体育事務を経済的にかつ能率的に遂行することを目的とする。

(体育事務を委託する場合)

第2条 委員会は体育事務を行う場合において次条に掲げる者に委託することが経済的であり、かつ体育事務の運営上支障がないと認めるときは、この規則の定めるところに従い契約によりこれを他の者に委託することができる。

(受託者の資格)

第3条 委員会の委託により体育事務を行う者(以下「受託者」という。)は次に掲げる者でなければならない。

(1) 岐阜市体育協会

(2) 岐阜市中学校体育連盟

(委託契約)

第4条 教育長は随意に前条に規定する者と体育事務を行う契約(以下「委託契約」という。)を締結することができる。

(委託すべき事務の範囲)

第5条 委託契約により委託すべき事務は教育長が定める。

(委託事務取扱の基準)

第6条 受託者は公共の利益のため委員会から委託された体育事務(以下「委託事務」という。)を誠実に自ら行わなければならない。

(委託事務の設備及び経費)

第7条 受託者は委託事務を行うため必要な設備をし、及び経費を支弁しなければならない。

(委託料)

第8条 市は委託事務の実施につき、受託者に委託料を支払う。

2 前項の委託料の額は教育長が予算の範囲内において定める。

(委託事務の指導助言)

第9条 受託者は委託契約に基き委託事務に関し教育長の指導助言を受ける。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和31年度分の体育事務から適用する。

附 則(平成元年教育委員会規則第5号)

この規則は、平成元年4月1日から施行する。

画像

岐阜市教育委員会体育事務委託規則

昭和31年6月7日 教育委員会規則第3号

(平成元年3月31日施行)