○岐阜市自転車競走制裁審議会規則

昭和24年9月13日

規則第8号

第1条 自転車競走制裁審議会(以下審議会という。)は、次の各号の一にあてはまるとき会長が招集する。

(1) 開催執務委員から招集の要求があったとき

(2) 前号の外会長が招集の必要があると認めたとき

第2条 審議会の招集を要求する場合は、その付議すべき理由を文書をもって提出しなければならない。

第3条 審議会は指示された委員が出席しなければ会議を開くことができない。

第4条 審議会の議事は出席委員の過半数でこれを決し、可否同数のときは会長の決するところによる。

前項の場合においては会長は、委員として議決に加わる権利を有しない。

第5条 審議会の決定した事項は、直ちに制裁を受ける者に文書をもって通知しなければならない。

前項により制裁を受ける者が出場選手であるときは、併せて法第38条第1項の指定を受けた法人に通知しなければならない。

第6条 審議会に書記1名を置き、会長がこれを委嘱する。

書記は会長の命をうけ庶務に従事する。

附 則

この規則は、公布の日からこれを施行する。

附 則(昭和33年規則第22号)

1 この規則は、公布の日から施行する。但し、改正後の第31条の規定は、昭和33年10月1日から施行する。

附 則(昭和37年規則第15号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年規則第85号)

この規則は、公布の日から施行し、第1条の規定による改正後の岐阜市自転車競走実施規則の規定、第2条の規定による改正後の岐阜市自転車競走実施規則の規定、第3条の規定による改正後の岐阜市自転車競走制裁審議会規則の規定、第4条の規定による改正後の岐阜市自転車競走における電話投票実施規則の規定及び第5条の規定による改正後の岐阜市自転車競走における在席投票実施規則の規定は、平成19年10月1日から適用する。

岐阜市自転車競走制裁審議会規則

昭和24年9月13日 規則第8号

(平成19年12月25日施行)

体系情報
第15類 競輪事業
沿革情報
昭和24年9月13日 規則第8号
昭和32年11月17日 規則第22号
昭和37年10月18日 規則第15号
平成19年12月25日 規則第85号