○岐阜市病院事業施設管理規程

平成31年4月1日

病院事業管理規程第4号

(目的)

第1条 この規程は、岐阜市病院事業の施設(市民病院(以下「病院」という。)、看護専門学校その他岐阜市病院事業の用に供する建物及び建物以外の工作物並びにその敷地をいう。以下「施設」という。)の管理に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(管理責任者)

第2条 施設の管理を行うため、管理責任者を置く。

2 管理責任者は、病院は病院施設課長とし、その他の施設はそれぞれ当該施設を所管する課又はこれに準じる者の長とする。

(出入口の開閉)

第3条 病院の出入口は、午前6時に開き、午後8時に閉じるものとする。

2 病院以外の施設の出入口の開閉時間については、それぞれの実情に応じて別に定める。

3 前項の規定にかかわらず、管理責任者において必要があると認めるときは、施設の出入口を開閉することができる。

(施設の出入)

第4条 管理責任者は、施設に出入しようとする者に対し必要があると認めるときは、その氏名及び出入の目的を明らかにすることを求めることができる。

(行為の許可)

第5条 施設内において、次に掲げる行為をしようとする者は、あらかじめ病院事業管理者(以下「管理者」という。)に施設利用許可申請書(様式第1号)を提出し、その許可を受けなければならない。ただし、第2号の行為をしようとする者は、当該行為に係る物件を提示することにより施設利用許可申請書の提出に代えることができる。

(1) 物品の移動販売、宣伝、契約の仲介又は寄附の募集その他これらに類する行為をすること。

(2) ポスター、看板、旗、けん垂幕その他これらに類するものを掲揚し、又は掲示すること。

(3) 病院事業の組織以外の者が主催して集会を開くことで施設内に入ること。

(4) 所定の場所以外の場所に施設を設置し、又は物件を搬入し、若しくは置くこと。

(5) 危険物を施設に搬入すること。

(6) 撮影し、又は録音すること。

2 管理者は、施設の利用を許可したときは、施設利用許可証(様式第2号)前項の規定による申請をした者に交付するものとする。ただし、同項第2号の行為に係る許可は、許可証印(様式第3号)を押すことにより施設利用許可証の交付に代えることができる。

3 管理者は、第1項の許可をする場合において、必要な条件を付し、又は指示をすることができる。

(会議室の使用)

第6条 施設内の会議室(会議室として使用できる室を含む。)を使用しようとする者は、あらかじめ管理者からその使用の承認を受けなければならない。

(禁止行為)

第7条 施設内においては、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 他人に対し粗野又は乱暴な言動をすること。

(2) 示威又はけん騒にわたる行為をすること。

(3) 通行の妨害になる行為をすること。

(4) 施設若しくは物件を毀損し、施設の美観を損し、又は不潔な行為をすること。

(5) 危険な場所その他指定された場所以外の場所において火気を取り扱うこと又は敷地内で喫煙すること。

(6) 正当な理由なく凶器、爆発性物質等の危険物を持ち込むこと。

(7) 許可なく撮影し、又は録音すること。

(8) 閉院時間を過ぎてもなお長居をすること。

(9) 施設に用務のない者が駐車すること。

(11) 前各号に掲げるもののほか、他人に迷惑を及ぼし、若しくは職員の職務の執行を妨げ、又は施設の管理上支障がある行為をすること。

(違反者に対する措置)

第8条 管理者は、次の各号のいずれかに該当すると認める者に対し、施設内への入場を拒否し、許可若しくは承認を取り消し、行為を禁止し、又は退去若しくは物件の撤去を命ずることができる。

(1) 第4条の規定による管理責任者の求めに対して、氏名及び出入の目的を明らかにしない者

(2) 前3条の規定に違反した者

2 管理者は、施設を毀損した者に対し、その損害の額を請求することができる。

(その他)

第9条 この規程に定めるもののほか、施設の管理に関し必要な事項は、管理者が別に定める。

附 則

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

岐阜市病院事業施設管理規程

平成31年4月1日 病院事業管理規程第4号

(平成31年4月1日施行)