○岐阜市病院事業職員安全衛生管理規程

平成31年4月1日

病院事業管理規程第36号

(目的)

第1条 この規程は、岐阜市病院事業における職場及び職員の安全衛生管理に関して必要な事項を定め、業務災害と疾病を未然に防止することにより、職員の安全と健康を確保し、快適な職場環境の確立を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 職員 岐阜市病院事業に常時勤務する職員(常時勤務することを要しないが、相当長期にわたって常勤の職員とほぼ同様の勤務を行う職員を含む。)をいう。

(法令等との関係)

第3条 職員の安全衛生管理については、労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)及び地方公務員法(昭和25年法律第261号)並びにこれらに基づく命令に定めるもののほか、この規程の定めるところによる。

(総括安全衛生管理者等)

第4条 職員の安全衛生を管理させるため次に掲げる者を置く。

(1) 総括安全衛生管理者

(2) 衛生管理者

(3) 健康管理医

(4) 作業主任者

(5) 職場健康推進員

2 前項第1号に掲げる総括安全衛生管理者は、事務局長をもって充てる。

3 第1項第2号から第4号までに掲げる者は、病院事業管理者が任命する。この場合において、作業主任者については当該作業を行う職員のうちから任命するものとする。

4 第1項第6号に掲げる職場健康推進員は、所属長が指名するものとする。

(安全衛生委員会)

第5条 病院事業に岐阜市病院事業安全衛生委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会の委員の定数は、25人以内とする。

3 委員会の庶務は、病院政策課において処理する。

(市長部局の例)

第6条 この規程に定めるもののほか、職場及び職員の安全衛生管理に関しては、市長部局の例による。ただし、岐阜市職員保健審査会に関する事項を除く。

(その他)

第7条 この規程に定めるもののほか、この規程の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

岐阜市病院事業職員安全衛生管理規程

平成31年4月1日 病院事業管理規程第36号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第20類 病院事業/第4章
沿革情報
平成31年4月1日 病院事業管理規程第36号