○五条広域事務組合規約

昭和55年8月1日

55令地第8―7号

(組合の名称)

第1条 この組合は、五条広域事務組合(以下「組合」という。)という。

(組合を組織する地方公共団体)

第2条 組合は、次に掲げる市(以下「組合市」という。)をもって組織する。

(1) 清須市

(2) あま市

(組合の共同処理する事務等)

第3条 組合は、次に掲げる事務を共同処理する。

(1) 汚泥再生処理センターの管理運営に関する事務並びに組合市における学校給食センターの生ごみの収集及び運搬(あま市にあっては、旧海部郡甚目寺町の区域に限る。)

(2) 火葬施設の建設及び管理運営に関する事務

2 前項第2号の施設の建設位置は、清須市地内とする。

(組合の事務所の位置)

第4条 組合の事務所は、愛知県清須市阿原向北55番地に置く。

(組合の議会の組織及び議員の選挙の方法)

第5条 組合の議会の議員(以下「組合議員」という。)の定数は、12人とし、その選出区分は、次に掲げるとおりとする。

(1) 清須市 7人

(2) あま市 5人

2 前項の組合議員は次の者をもって充てる。

(1) 組合市の議会の議長

(2) 組合市の議会においてその議会の議員の中から選挙された者

3 前項第2号に定める組合議員に欠員を生じたときは、その欠員を生じた組合市は、直ちに補欠選挙を行わなければならない。

4 第2項第2号に定める組合議員の任期は、組合市の議会の議員の任期とする。

5 組合の管理者は、第2項第2号及び第3項の選挙を行うべきときは、その旨組合市に通知し、また、その選挙が終わったときは、組合市の長は、直ちにその結果を組合に通知しなければならない。

(組合の執行機関の組織及び選任の方法)

第6条 組合に管理者、副管理者及び会計管理者を置く。

2 管理者は、組合市の長が互選する。

3 副管理者は、管理者を除く組合市の長をもって充て、会計管理者は管理者の属する組合市の会計管理者をもって充てる。

4 管理者の任期は、2年とする。

5 第1項に定める者を除くほか、組合に職員を置き、その定数は、条例で定める。

6 前項の職員は、管理者が任免する。

(監査委員)

第7条 組合に監査委員2人を置く。

2 監査委員は、管理者が、組合の議会の同意を得て、組合議員の中から1人及び人格が高潔で、財務管理その他行政運営に関し優れた識見を有する者の中から1人を選任する。

3 監査委員の任期は、2年とする。ただし、後任者が選任されるまでの間は、その職務を行うことを妨げない。

(組合の経費の支弁の方法)

第8条 組合の経費は、組合市の負担金及び特別負担金並びにその他の収入をもって支弁する。

2 前項に規定する組合市の負担金の負担割合は、次に掲げる割合とする。

(1) 汚泥再生処理センターの管理運営に関する経費の負担は、当該年度の前々年度のし尿及び浄化槽汚泥の処理量の割合とする。

(2) 火葬施設に関する経費の負担は、人口割とする。

(3) 汚泥再生処理センター整備事業債償還金の負担は、人口割100分の75、固定割100分の25とする。

(4) 一般事務に関する経費の負担は、人口割とする。

3 前項第3号の規定による固定割の負担割合は、清須市5分の4、あま市5分の1とする。

4 第2項第2号から第4号までの規定による人口については、当該年度の前年度の9月末日現在の住民基本台帳人口(同項第3号及び第4号の規定におけるあま市の人口にあっては、旧海部郡甚目寺町の区域の人口)とする。

5 第1項の特別負担金は、組合市が協議して定める。

附 則(平成12年7月14日12令尾行第615号)

(施行期日)

1 この規約は、平成12年10月1日から施行する。

(事務の承継)

2 組合は、平成12年9月30日をもって解散する甚目寺町始め五町環境厚生施設組合の事務を承継する。

附 則(平成17年3月25日16令尾行第978号)

この規約は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成17年7月6日17令尾行第361号)

この規約は、平成17年7月7日から施行する。

附 則(平成17年12月22日届出)

この規約は、平成18年1月4日から施行する。

附 則(平成18年3月29日17尾行第861号)

この規約は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月26日18尾行第843号)

(施行期日)

1 この規約は、平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規約の施行の際現に在職する収入役は、その任期中に限り、なお従前の例により在職するものとする。

3 前項の場合においては、改正後の五条広域事務組合規約第6条第1項及び第3項の規定は適用せず、改正前の五条広域事務組合規約第6条第1項及び第3項の規定は、なおその効力を有する。

附 則(平成21年9月10日21市第904号)

(施行期日)

1 この規約は、平成21年10月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(組合議員に関する経過措置)

2 改正後の第5条の規定にかかわらず、施行日から改正後の第5条の規定により新たに組合議員が選出されるまでの間は、施行日の前日において在職する清須市及び海部郡甚目寺町から選出された組合議員を組合議員とみなす。

附 則(平成22年3月17日21市第1789号)

(施行期日)

1 この規約は、平成22年3月22日(以下「施行日」という。)から施行する。

(組合議員に関する経過措置)

2 改正後の第5条の規定にかかわらず、施行日から改正後の第5条の規定により新たに組合議員が選出されるまでの間は、施行日の前日において在職する清須市及び海部郡甚目寺町から選出された組合議員を組合議員とみなす。

(負担金の特例措置)

3 平成21年度の組合市町の負担金については、組合市町間の合併前の規定による。この場合において、合併により組合を脱退した海部郡甚目寺町の負担金の持分については、合併により設置されたあま市が継承する。

4 改正後の第8条第2項第1号の規定は、平成27年度の負担金から適用し、平成22年度から平成26年度までの負担金については、次の各号に定める負担割合による。

(1) 平成22年度は、処理量割100分の75、固定割100分の25とする。

(2) 平成23年度は、処理量割100分の80、固定割100分の20とする。

(3) 平成24年度は、処理量割100分の85、固定割100分の15とする。

(4) 平成25年度は、処理量割100分の90、固定割100分の10とする。

(5) 平成26年度は、処理量割100分の95、固定割100分の5とする。

5 前項第1号から第5号までの規定による固定割の負担割合は、清須市5分の4、あま市5分の1とする。

附 則(平成23年2月10日22市第1387号)

この規約は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成28年10月19日28市第1018号)

この規約は、平成29年4月1日から施行する。

五条広域事務組合規約

昭和55年8月1日 令地第8号の7

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第1編 規/第1章
沿革情報
昭和55年8月1日 令地第8号の7
平成12年7月14日 令尾行第615号
平成17年3月25日 令尾行第978号
平成17年7月6日 令尾行第361号
平成17年12月22日 届出
平成18年3月29日 尾行第861号
平成19年3月26日 尾行第843号
平成21年9月10日 市第904号
平成22年3月17日 市第1789号
平成23年2月10日 市第1387号
平成28年10月19日 市第1018号