○五条広域事務組合議会の傍聴人の取締りに関する規則

昭和55年10月30日

規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第130条第3項の規定により、議会の傍聴人の取締りについて必要な事項を定める。

(傍聴席の区分)

第2条 傍聴席は、一般及び報道関係者に分ける。

2 報道関係者席に入ることができる者は、議長の認める報道関係者に限る。

(傍聴人の届出)

第3条 議会の議事を傍聴しようとする者は、自己の住所、氏名及び年齢を傍聴人受付簿(様式第1号)に自署しなければならない。

(傍聴人の制限)

第4条 傍聴人の定員は20人とする。傍聴人がこの定員に達したときは、議長は以後の傍聴人を拒絶することができる。

(傍聴の禁止)

第5条 次の事項に該当する者は、傍聴席に入ることができない。

(1) 精神に異常があると認められる者

(2) 酒気を帯びていると認められる者

(3) 鈍器その他人に危害を加えるおそれのあるものを携帯する者

(4) 旗、のぼり、プラカードその他気勢を示すおそれのあるものを所持する者

(議場入場の禁止)

第6条 傍聴人は、議場に入ることはできない。

(傍聴人の守るべき事項)

第7条 傍聴人は、次の事項を守らなければならない。

(1) 帽子、外とう等を着用しないこと

(2) 飲食し、又は喫煙しないこと

(3) 私語し、又は談笑しないこと

(4) 議場の言論及び行為に対し、言語、拍手等をもって批評を加え、又は可否を表明しないこと

(5) 前各項に規定するほか議場に秩序を乱し、又は議事を妨害するような行為をしないこと

(写真、映画等の撮影及び録音の禁止)

第8条 傍聴人は、傍聴席において写真、映画等を撮影し、又は録音等をしてはならない。ただし、特に議長の許可を得たものは、この限りでない。

(係員の指示)

第9条 傍聴人は、すべて係員の指示に従わなければならない。

(違反に対する措置)

第10条 議長は、傍聴人がこの規則に違反するときは、これは制止し、その命令に従わないときは、退場させることができる。

附 則

この規則は、昭和55年10月30日から施行する。

附 則(平成12年9月29日規則第3号)

この規則は、平成12年10月1日から施行する。

画像

五条広域事務組合議会の傍聴人の取締りに関する規則

昭和55年10月30日 規則第2号

(平成12年10月1日施行)