○五条広域事務組合業者指名審査委員会規程

平成20年3月19日

規程第1号

五条広域事務組合工事請負業者指名審査委員会規程(平成11年規程第1号)の全部を改正する。

(設置)

第1条 五条広域事務組合が執行する工事又は製造の請負、物件の売買その他の契約(以下「請負契約等」という。)に参加させるべき業者(以下「指名業者」という。)を選定するため、五条広域事務組合業者指名審査委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(委員会の事務)

第2条 委員会は、次に掲げる事項について審査する。

(1) 経歴、機械器具及び経営事項に関すること。

(2) 指名業者の選定に関すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、業者の指名に関すること。

2 委員会の事務は、事務局において処理する。

(組織)

第3条 委員会は、組合市の担当副市長及び担当課長並びに事務局長をもって組織する。

2 委員会に委員長を置き、管理者の属する組合市の副市長をもって充てる。

3 委員長は、会務を総理し、委員会を代表する。

4 委員長に事故があるとき、又は欠けたときは、あらかじめ委員長が指名した委員がその職務を代理する。

(委員会の開催)

第4条 委員会は、委員長が招集する。

2 委員会は、委員の半数が出席しなければ会議を開くことができない。

3 委員会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

4 委員会の内容は、非公開とする。

(指名の審査等)

第5条 工事又は製造の請負で1件の設計金額が130万円を超え指名競争入札に係るものは、委員会の審査に付さなければならない。

2 その他の契約で、特に必要があると認められる場合、委員会の審査に付することができる。

3 事務局において前2項の規定に該当する契約をしようとするときは、業務課長は、入札予定日前10日までに契約内容を管理者の承認を得て、入札参加資格審査申請書及び本組合における過去の実績を勘案して指名業者選定調書を作成し、委員長に提出しなければならない。

4 委員長は、前項の規定により調書を受理したときは、速やかに委員会を招集し、審査を行わなければならない。ただし、急を要するものは、持ち回りにより委員に協議することができる。

(指名停止の審査)

第6条 委員会は、管理者から指名停止の意見を求められた場合、直ちに審査しなければならない。

(委員会の結果の報告)

第7条 委員会は、付議された事案について審査した結果を速やかに、管理者に具申し、及び通知しなければならない。

(雑則)

第8条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、委員長が委員会に諮って定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年2月25日規程第2号)

この規程は、平成22年3月22日から施行する。

附 則(平成25年4月9日規程第3号)

この規程は、公布の日から施行する。

五条広域事務組合業者指名審査委員会規程

平成20年3月19日 規程第1号

(平成25年4月9日施行)

体系情報
第6編 務/第2章 契約・財産
沿革情報
平成20年3月19日 規程第1号
平成22年2月25日 規程第2号
平成25年4月9日 規程第3号