○白山市行政財産使用料条例

平成17年2月1日

条例第71号

(趣旨)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第225条に規定する行政財産の使用料については、法令その他別に定めがある場合を除くほか、この条例の定めるところによる。

(使用料)

第2条 市長は、法第238条の4第7項の規定により行政財産の使用を許可したときは、使用者から使用料を徴収することができる。

(使用料の額)

第3条 土地及び建物の使用料の年額は、別表により算定した額とする。

(日割計算)

第4条 使用期間が1年に満たない場合における使用料は、日割計算とする。

(使用料の最低限度額)

第5条 第3条及び前条の規定により算出して得た1件の使用料の額が100円未満となる使用料は、これを100円とする。

(使用料の徴収方法)

第6条 使用料は、行政財産の使用の許可を受けた者から、使用を開始する日までにその全額を徴収する。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、納付すべき期限を別に指定し、又は分割して納付させることができる。

(使用料の減免)

第7条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、使用料を減額し、又は免除することができる。

(1) 国、地方公共団体又は公共的団体が公共の用に供するとき。

(2) 天災その他緊急やむを得ない事態の発生により、応急のため極めて短期間その用に供するとき。

(3) 前2号に定めるもののほか、市長が特に必要があると認めるとき。

(使用料の不返還)

第8条 既納の使用料は、返還しない。ただし、公用又は公共用に供するため行政財産の使用の許可を取消したときその他特別の理由があると認めるときは、市長はその全部又は一部を返還することができる。

(その他)

第9条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

(過料)

第10条 詐欺その他不正の行為により、この条例に定める使用料の徴収を免れた者に対し、徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円とする。)以下の過料に処することができる。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の松任市行政財産使用料条例(昭和57年松任市条例第17号)、吉野谷村行政財産使用料条例(昭和59年吉野谷村条例第146号)又は鳥越村行政財産使用料等に関する条例(昭和46年鳥越村条例第112号)の規定によりなされた処分その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年9月26日条例第29号)

この条例は、公布の日から施行する。

別表(第3条関係)

1 算式

(1) 土地

(評価額/土地の面積)×使用許可面積×A

(2) 建物

ア 建物敷地が市有地の場合

(評価額/建物延面積)×使用許可面積×B+(当該建物の建て面積に相当する土地の使用料)×(当該建物使用許可面積/当該建物延面積)

イ 建物敷地が借地の場合

(評価額/建物延面積)×使用許可面積×B+(当該建物の建て面積に相当する土地の借上料)×(当該建物使用許可面積/当該建物延面積)

2 用語

(1) 評価額 当該土地及び建物の価格で、市長が別に定めるものをいう。

(2) A 100分の3から100分の6までの範囲で、その使用目的・態様により、市長が定める乗率をいう。

(3) B 100分の6から100分の8までの範囲で、その使用目的・態様により、市長が定める乗率をいう。

白山市行政財産使用料条例

平成17年2月1日 条例第71号

(平成19年9月26日施行)