○浜田市フットサルやさか競技場条例

平成17年10月1日

条例第109号

(目的及び設置)

第1条 スポーツ振興による青少年の健全育成及び多面的交流事業の展開による地域の魅力づくりに資するため、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、浜田市フットサルやさか競技場(以下「競技場」という。)を浜田市弥栄町長安本郷399番1に設置する。

(施設)

第2条 この条例で定める施設は、次に掲げるとおりとする。

(1) フットサルコート 2面(夜間照明付き国際標準コート)

(2) フットサルサブコート 1面

(3) 選手控室(木造平屋建コロニアル葺 1棟 93.8平方メートル)

(4) その他附帯施設一式

(管理)

第3条 競技場の管理は、浜田市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が行うものとする。

(開場時間及び休場日)

第4条 競技場の開場時間及び休場日は、次に掲げるとおりとする。ただし、教育委員会は、必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(1) 開場時間 午前9時から午後10時まで(7月及び8月は、午前7時から午後11時まで)

(2) 休場日 12月1日から翌年の2月末日まで

(使用許可)

第5条 競技場を使用しようとする者は、あらかじめ教育委員会の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも、また同様とする。

2 教育委員会は、競技場の管理上必要がある場合があると認めるときは、前項の許可に条件を付することができる。

3 教育委員会は、第1項の規定により使用の許可を受けようとする者が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、使用の許可をしないものとする。

(1) 公の秩序又は善良な風俗に反して使用するおそれがあるとき。

(2) 競技場を汚損し、損傷し、滅失し、又は紛失するおそれがあるとき。

(3) 営利を目的に使用するとき。

(4) 政治目的又は宗教的活動のため使用するとき。

(5) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に掲げる暴力団その他集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になる使用をするとき。

(6) その他管理上支障があると認める利用をするとき。

(使用の制限)

第6条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、許可した事項を変更し、又は許可を取り消し、若しくは使用の中止を命ずることができる。

(1) 前条第1項の許可を受けた者(以下「使用者」という。)が許可を受けた利用の目的に違反したとき。

(2) 使用者がこの条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(3) 使用者が偽りその他不正な手段により使用の許可を受けたとき。

(4) 前3号に掲げる場合のほか、競技場の管理上特に必要と認められるとき。

2 前項の規定により許可した事項を変更し、又は許可を取り消し、若しくは使用の中止を命じた場合において使用者に損害が生じても、教育委員会はその賠償の責めを負わないものとする。ただし、前項第4号に該当する場合は、この限りでない。

(特別施設等の制限)

第7条 使用者は、競技場に特別の設備をし、又は器具等を搬入して使用しようとするときは、あらかじめ教育委員会の許可を受けなければならない。

(目的以外使用の禁止)

第8条 使用者は、使用の許可を受けた目的以外に競技場を使用し、又はその使用の権利を譲渡し、若しくは転貸してはならない。

(使用料)

第9条 使用料は、別表に掲げる額とする。

2 使用者は、教育委員会に使用料を前納しなければならない。ただし、教育委員会が後納を認めるときは、この限りでない。

(使用料の減免)

第10条 教育委員会は、規則で定めるところにより、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の不還付)

第11条 既に納付した使用料は還付しない。ただし、使用者の責めに帰さない理由その他教育委員会が特に必要があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(原状回復の義務)

第12条 使用者は、競技場の使用を終了したとき、又は第6条第1項の規定により使用の中止を命じられたときは、速やかに利用した競技場を原状に回復して返還し、又は搬入した器具等を撤去しなければならない。

(損害賠償等の義務)

第13条 使用者は、競技場を汚損し、損傷し、滅失し、又は紛失したときは、直ちにその旨を教育委員会に届出をし、その損害を賠償しなければならない。

(委任)

第14条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前のフットサルやさか競技場設置及び管理に関する条例(平成7年弥栄村条例第39号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成25年12月27日条例第47号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(使用料及び利用料金に関する経過措置)

2 この条例による改正後の浜田市ケーブルテレビ施設条例第14条、第18条、第20条、第25条及び第26条の規定、浜田市行政財産使用料条例第3条及び別表の規定、浜田市立公民館条例別表第2の規定、浜田市旧若生分校校舎再活用地域間交流施設条例別表の規定、浜田市東公園運動施設条例別表第1及び別表第2の規定、浜田市健康増進センター条例別表の規定、サンマリン浜田条例別表の規定、サン・ビレッジ浜田条例別表第2の規定、浜田市金城総合運動公園条例別表の規定、浜田市今福スポーツ広場施設条例別表の規定、浜田市フットサルやさか競技場条例別表の規定、浜田市三隅B&G海洋センター条例別表の規定、浜田市世界こども美術館創作活動館条例別表第1及び別表第2の規定、浜田市立石正美術館条例別表第1(年間パスポートに係る部分を除く。)及び別表第2の規定、浜田市石央文化ホール条例別表の規定並びに浜田市島村抱月公園条例別表の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後の使用に係る使用料及び利用に係る利用料金について適用し、施行日前の使用に係る使用料及び利用に係る利用料金については、なお従前の例による。

別表(第9条関係)

(平25条例47・一部改正)

区分

使用料

備考

競技場

(1面1時間当たり)

 

市民

中学生以下

300

一般

510

中学生以下

610

市民外

一般

1,020

夜間照明

1時間当たり

510

共通

休憩所

半日

510

市民

一日

1,020

半日

1,020

市民外

一日

2,050

(注) 市内中学生以下の競技場使用については無料とする。ただし、各種大会イベントは除く。夜間照明は、規定料金とする。

浜田市フットサルやさか競技場条例

平成17年10月1日 条例第109号

(平成26年4月1日施行)