○浜松市都市公園条例

昭和37年3月31日

浜松市条例第12号

〔注〕平成17年6月から改正経過を注記した。

(趣旨)

第1条 この条例は、別に定めがあるもののほか、都市公園法(昭和31年法律第79号。以下「法」という。)及び高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(平成18年法律第91号)の規定に基づく都市公園の設置及び管理について必要な事項を定める。

(平24条例71・平25条例26・一部改正)

(都市公園の設置基準)

第2条 法第3条第1項に規定する条例で定める都市公園の配置及び規模に関する基準は、次に定める基準とする。

(1) 市の区域内の都市公園の住民1人当たりの敷地面積の標準は10平方メートル以上とし、市街地の都市公園の当該市街地の住民1人当たりの敷地面積の標準は8平方メートル以上とする。

(2) 前号に定めるもののほか、都市公園法施行令(昭和31年政令第290号。以下「令」という。)第2条(令附則及び令を改正する政令のうち、同条に関する部分を含む。)に定める基準

(平24条例71・全改、平30条例21・一部改正)

(公園施設の設置基準)

第2条の2 法第4条第1項本文に規定する条例で定める割合は、100分の2とする。

2 法第4条第1項ただし書(法第5条の9第1項の規定により読み替えて適用する場合を含む。)に規定する条例で定める範囲は、令第6条第2項から第6項まで(令附則及び令を改正する政令のうち、同条第2項から第6項までに関する部分を含む。)に定める範囲とする。

3 令第8条第1項に規定する条例で定める割合は、100分の50とする。

(平24条例71・追加、平30条例21・一部改正)

(都市公園移動等円滑化基準)

第2条の3 高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律第13条第1項に規定する条例で定める都市公園移動等円滑化基準は、移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準を定める省令(平成18年国土交通省令第115号。同令を改正する命令を含む。)に定める基準とする。

(平25条例26・追加)

(行為の制限)

第3条 都市公園において次に掲げる行為をしようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

(1) 物品の販売、募金その他これらに類する行為をすること。

(2) 業として写真撮影、映画撮影、テレビジョン撮影その他これらに類する行為をすること。

(3) 興行を行うこと。

(4) 都市公園の全部又は一部を独占して、展示会、博覧会、競技会、集会その他これらに類する催しを行うこと。

(5) 有料で利用する都市公園施設(以下「有料公園施設」という。)のうち規則で定めるものにおいて、市長が定めるところにより広告物(屋外広告物法(昭和24年法律第189号)第2条第1項に規定する屋外広告物に該当するものを除く。)を掲出し、又は表示すること。

2 前項の許可を受けようとする者は、規則で定めるところにより申請書を市長に提出しなければならない。

3 第1項の許可を受けた者は、許可を受けた事項を取り消し、又は変更しようとするときは、当該事項を記載した申請書を市長に提出して、その許可を受けなければならない。

4 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、第1項又は前項の許可をしない。

(1) 公の秩序又は善良の風俗を乱すおそれがあるとき。

(2) 集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認めるとき。

(3) 施設、設備、展示品等を損傷するおそれがあるとき。

(4) 前3号に定めるもののほか、管理上支障があると認めるとき。

5 市長は、第1項又は第3項の許可に公園の管理上必要な範囲内で条件を付することができる。

(平19条例3・平20条例57・平24条例58・一部改正)

(許可の特例)

第4条 法第6条第1項又は第3項の許可を受けた者は、当該許可に係る事項については、前条第1項又は第3項の許可を受けることを要しない。

(行為の禁止)

第5条 都市公園においては、次に掲げる行為をしてはならない。ただし、法第5条第1項若しくは法第6条第1項若しくは第3項又は第3条第1項若しくは第3項の許可を受けた者について当該許可に係る行為は、この限りでない。

(1) 都市公園内の土地若しくは物件を損傷し、若しくは汚損し、又はこれらの現状を変更すること。

(2) 竹木を伐採し、又は植物を採取すること。

(3) 土石、竹木等の物件をたい積すること。

(4) 土地の形質を変更すること。

(5) はり紙若しくは、はり札をし、又は広告を表示すること。

(6) 鳥獣類を捕獲し、又は殺傷すること。

(7) 立入禁止区域に立ち入ること。

(8) 指定された場所以外の場所へ車両を乗り入れ、又はとめておくこと。

(9) その他都市公園の管理に支障がある行為をすること。

(平17条例309・平20条例57・平22条例5・平30条例21・平31条例17・一部改正)

(利用の禁止又は制限)

第6条 市長は、都市公園の損壊その他の理由によりその利用が危険であると認める場合又は都市公園に関する工事のためやむを得ないと認められる場合において、都市公園を保全し、又はその利用者の危険を防止するため区域を定めて都市公園の利用を禁止し、又は制限することができる。

(平22条例5・一部改正)

(有料公園施設等の利用日及び利用時間)

第7条 有料公園施設の利用日及び利用時間は、別表第1の1のとおりとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、臨時に休場し、開場し、又は利用日及び利用時間を変更することができる。

2 有料公園施設以外の都市公園施設のうち別表第1の2に掲げるもの(以下「無料公園施設」という。)の利用日及び利用時間は、同表に定めるとおりとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、臨時に休場し、開場し、又は利用日及び利用時間を変更することができる。

(平20条例57・一部改正)

(利用の許可)

第7条の2 有料公園施設を利用しようとする者及び無料公園施設(児童プール、屋外25mプール、緑化推進センター及び万葉の森公園施設を除く。)を専用利用しようとする者は、規則で定めるところにより市長の許可を受けなければならない。

(平17条例309・平20条例57・平25条例42・一部改正)

(利用の制限)

第7条の3 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、有料公園施設及び無料公園施設の利用を許可しない。

(1) 公の秩序又は善良の風俗を乱すおそれがあるとき。

(2) 集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認めるとき。

(3) 施設、設備、展示品等を損傷するおそれがあるとき。

(4) 前3号に定めるもののほか、管理上支障があると認めるとき。

(平19条例3・平20条例57・一部改正)

(公園施設の許可申請記載事項)

第8条 法第5条第1項の規定による公園施設の設置若しくは管理の許可又は許可を受けた事項の変更の申請書に記載する事項は、次の各号の区分により当該各号に掲げるものとする。

(1) 公園施設を設けようとするとき。

 申請者の住所及び氏名(法人にあっては、主たる事務所の所在地、名称及び代表者の氏名とする。以下同じ。)

 種類及び数量

 設置の目的

 設置の期間

 設置の場所

 構造及び規摸

 管理の方法

 工事の着手及び完了の時期

 原状回復の方法

 その他市長の指示する事項

(2) 公園施設を管理しようとするとき。

 申請者の住所及び氏名

 所在、種頼及び数量

 管理の目的

 管理の期間

 管理の方法

 その他市長の指示する事項

(3) 許可を受けた事項を変更しようとするとき。

 申請者の住所及び氏名

 変更する事項

 変更する理由

 その他市長の指示する事項

(都市公園の占用の許可申請記載事項)

第9条 法第6条第2項の規定による都市公園の占用の許可申請書に記載する事項は、次に掲げるものとする。

 申請者の住所及び氏名

 種類及び数量

 管理の方法

 工事の実施方法

 工事の着手及び完了の時期

 原状回復の方法

 その他市長の指示する事項

(軽易な変更)

第9条の2 法第6条第3項ただし書の条例で定める軽易な変更は、次に掲げるものとする。

(1) 都市公園の占用をする公園施設以外の工作物その他の物件又は施設(以下「占用物件」という。)の模様替えで、当該占用物件の構造の著しい変更を伴わないもの

(2) 占用物件に対する物件の添加で、当該占用者が当該占用の目的に付随して行うもの

(平17条例309・追加)

(使用料)

第10条 法第5条第1項又は法第6条第1項若しくは第3項の規定による許可を受けた者は、別表第2の1に定める使用料を納付しなければならない。

2 第3条第1項又は第3項の規定による許可を受けた者は別表第2の2に定める使用料を、第7条の2の規定による許可(有料公園施設に係るものに限る。)を受けた者は別表第3に定める使用料を納付しなければならない。

3 第1項の規定にかかわらず、消費税法施行令(昭和63年政令第360号)第8条に規定する場合に該当する場合に限り、法第5条第1項又は法第6条第1項若しくは第3項の許可に係る使用料の額は、別表第2の1により算出した額(同表の備考の5の規定により100円とされている場合にあっては、100円とする前の額)に100分の108を乗じて得た額とする。この場合において、当該額が100円に満たないときは、100円とする。

4 市長は、規則で定める場合その他特別の理由があると認める場合は、前3項の使用料を減免することができる。

(平17条例309・平20条例57・平26条例11・一部改正)

(回数利用券の発行)

第10条の2 市長は、動物園の利用(団体による利用を除く。)をしようとする者の利便を図るため、回数利用券を発行することができる。

2 前項に規定する回数利用券は、11券片とし、その額は、1券片の額に10を乗じて得た額とする。

(平17条例309・平19条例76・平20条例57・平24条例49・一部改正)

(定期利用券の発行)

第10条の3 市長は、年間を通して動物園の利用(団体による利用を除く。)をしようとする者の利便を図るため、定期利用券を発行することができる。

2 前項に規定する定期利用券の額は、年額820円とする。

3 市長は、規則で定める場合その他特別の理由があると認める場合は、前項の定期利用券の額を減額することができる。

(平18条例30・平24条例58・平26条例11・一部改正)

(使用料の納付)

第11条 第10条第1項及び第2項に規定する使用料は、利用する日前において市長が指定する日までに(一般利用及び動物園の利用の場合にあっては利用の際、駐車場の利用の場合にあっては自動車を出場させる際)納付しなければならない。ただし、回数利用券又は定期利用券による場合、規則で定める場合その他市長が特別の理由があると認める場合は、この限りでない。

(平17条例309・平20条例57・平21条例41・平24条例58・平30条例43・一部改正)

(使用料の不還付)

第12条 既納の使用料は、還付しない。ただし、市長は、規則で定める場合その他特別の理由があると認める場合は、当該使用料の全部又は一部を還付することができる。

(平17条例309・一部改正)

(利用権の譲渡禁止)

第12条の2 法第5条第1項若しくは法第6条第1項若しくは第3項又は第3条第1項若しくは第3項若しくは第7条の2の規定による許可を受けた者は、利用の権利を譲渡し、又は転貸してはならない。ただし、相続又は法人の合併若しくは分割により利用の権利を承継しようとする者が規則で定めるところにより市長の許可を受けたときは、この限りでない。

(平17条例309・平20条例57・一部改正)

(監督処分)

第13条 市長は、次の各号のいずれかに該当する者に対して、この条例の規定によってした許可を取り消し、その効力を停止し、若しくはその条件を変更し、又は行為の中止、原状回復若しくは都市公園からの退去を命じることができる。

(1) この条例の規定又はこの条例の規定に基づく処分に違反した者

(2) この条例の規定による許可に付した条件に違反した者

(3) 偽りその他不正な手段によりこの条例の規定による許可を受けた者

2 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合においては、この条例の規定による許可を受けた者に対し、前項に規定する処分をし、又は必要な措置を命じることができる。

(1) 都市公園に関する工事のためやむを得ない必要が生じた場合

(2) 都市公園の保全又は公衆の都市公園の利用に著しい支障が生じた場合

(3) 前2号に掲げる場合のほか、都市公園の管理上の理由以外の理由に基づく公益上やむを得ない必要が生じた場合

(届出)

第14条 次の各号のいずれかに該当する場合においては、当該行為をした者は、速やかにその旨を市長に届け出なければならない。

(1) 法第5条第1項又は法第6条第1項若しくは第3項の許可を受けた者が、公園施設の設置又は都市公園の占用に関する工事を完了したとき。

(2) 前号に掲げる者が、公園施設の設置若しくは管理又は都市公園の占用を廃止したとき。

(3) 第1号に掲げる者が、法第10条第1項の規定により都市公園を原状に回復したとき。

(4) 法第26条第2項又は第4項の規定によりこれらの項に規定する必要な措置を命じられた者が、命じられた工事を完了したとき。

(5) 法第27条第1項又は第2項の規定により同条第1項に規定する必要な措置を命じられた者が、命じられた工事を完了したとき。

(6) 都市公園を構成する土地物件について所有権を移転し、又は抵当権を設定し、若しくは移転したとき。

(7) 前条第1項又は第2項の規定により同条第1項に規定する必要な措置を命じられた者が、命じられた工事を完了したとき。

(工作物等を保管した場合の公示事項)

第15条 法第27条第5項の条例で定める事項は、次に掲げるものとする。

(1) 保管した工作物その他の物件又は施設(以下「工作物等」という。)の名称又は種類、形状及び数量

(2) 保管した工作物等の放置されていた場所及び当該工作物等を除去した日時

(3) 保管した工作物等の保管を始めた日時及び保管の場所

(4) 前3号に掲げるもののほか、保管した工作物等を返還するため必要と認められる事項

(工作物等を保管した場合の公示の方法)

第16条 法第27条第5項の規定による公示は、次に掲げる方法により行わなければならない。

(1) 前条各号に掲げる事項を、保管を始めた日から起算して14日間、規則で定める場所に掲示すること。

(2) 前号の公示に係る工作物等のうち特に貴重と認められるものについては、同号の公示の期間が満了しても、なお当該工作物等の所有者、占有者その他当該工作物等について権原を有する者(以下「所有者等」という。)の氏名及び住所を知ることができないときは、その公示の要旨を浜松市公告式条例(昭和25年浜松市条例第23号)に規定する掲示場(以下「掲示場」という。)に掲示し、又は規則で定める方法により公示すること。

2 市長は、前項に規定する方法による公示を行うとともに、規則で定める様式による保管工作物等一覧簿を規則で定める場所に備え付け、かつ、これをいつでも関係者に自由に閲覧させなければならない。

(平17条例309・一部改正)

(工作物等の価額の評価の方法)

第17条 法第27条第6項の規定による工作物等の価額の評価は、取引の実例価格、当該工作物等の使用年数、損耗の程度その他当該工作物等の価額の評価に関する事情を勘案してするものとする。この場合において、市長は、必要があると認めるときは、工作物等の価額の評価に関し専門的知識を有する者の意見を聴くことができる。

(保管した工作物等を売却する場合の手続)

第18条 法第27条第6項の規定による保管した工作物等の売却は、競争入札に付して行わなければならない。ただし、競争入札に付しても入札者がない工作物等その他競争入札に付することが適当でないと認められる工作物等については、随意契約により売却することができる。

第19条 市長は、前条本文の規定による競争入札のうち一般競争入札に付そうとするときは、その入札期日の前日から起算して少なくとも5日前までに、当該工作物等の名称又は種類、形状、数量その他規則で定める事項を掲示場に掲示し、又はこれに準じる適当な方法で公示しなければならない。

2 市長は、前条本文の規定による競争入札のうち指名競争入札に付そうとするときは、なるべく3人以上の入札者を指定し、かつ、それらの者に当該工作物等の名称又は種類、形状、数量その他規則で定める事項をあらかじめ通知しなければならない。

3 市長は、前条ただし書の規定による随意契約によろうとするときは、なるべく2人以上の者から見積書を徴さなければならない。

(平20条例57・一部改正)

(工作物等を返還する場合の手続)

第20条 市長は、保管した工作物等(法第27条第6項の規定により売却した代金を含む。以下この条において同じ。)を所有者等に返還するときは、返還を受ける者にその氏名及び住所を証するに足りる書類を提示させる等の方法によってその者が当該工作物等の返還を受けるべき所有者等であることを証明させ、かつ、規則で定める様式による受領書と引換えに返還するものとする。

(損害賠償の義務)

第21条 都市公園の施設、設備、展示品等を損傷し、又は滅失した者は、その損害について市長が定める額を賠償しなければならない。

(平17条例309・全改、平19条例3・一部改正)

(公園予定区域及び予定公園施設について準用)

第22条 第3条から前条までの規定は、法第33条第4項に規定する公園予定区域又は予定公園施設について準用する。

(都市公園の区域の変更及び廃止)

第23条 市長は、都市公園の区域を変更し、又は都市公園を廃止するときは、当該都市公園の名称、位置、変更又は廃止に係る区域その他必要と認める事項を公告しなければならない。

第24条 削除

(平22条例5)

(指定管理者による管理)

第25条 市長は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定に基づき、市が指定する法人その他の団体(以下「指定管理者」という。)別表第4に掲げる都市公園又は都市公園施設(以下「指定公園」という。)の管理を行わせるものとする。

2 指定管理者が行う業務は、別表第4に掲げる都市公園又は都市公園施設の区分に応じ、同表に掲げるとおりとする。ただし、市長のみの権限に属する事務に係る業務については、これを除くものとする。

3 前項の場合において、別表第5の第1欄に掲げる都市公園又は都市公園施設の区分に応じ、同表の第2欄に掲げる規定中同表の第3欄に掲げる字句は、それぞれ同表の第4欄に掲げる字句とする。

(平17条例309・追加、平20条例57・一部改正)

第26条から第28条まで 削除

(平20条例57)

(利用料金の納付)

第29条 第3条第1項若しくは第3項の許可(別表第4の3及び4に掲げる都市公園並びに同表の6に掲げる都市公園施設に係るものに限る。)又は第7条の2の許可(同表の3に掲げる都市公園、同表の4に掲げる都市公園(動物園及び雄踏総合公園駐車場を除く。)及び同表の6に掲げる都市公園施設に係るものに限る。)を受けた者は、指定管理者に対し、利用料金(地方自治法第244条の2第8項の利用料金をいう。以下同じ。)を利用する日前において指定管理者が指定する日までに(個人利用及び一般利用並びに浜松城、フラワーパーク、そう艇場シャワー室及び雄踏総合公園水泳場の利用の場合にあっては利用の際、駐車場の利用の場合にあっては自動車を出場させる際)納付しなければならない。ただし、回数利用券又は定期利用券による場合その他指定管理者が特別の理由があると認める場合は、この限りでない。

2 指定管理者は、別表第6に掲げる都市公園施設の利用(専用利用及び団体による利用を除く。)をしようとする者の利便を図るため、利用料金に係る回数利用券を発行するものとする。

3 指定管理者は、年間を通してフラワーパークの利用をしようとする者の利便を図るため、入場料に係る定期利用券を発行するものとする。

4 利用料金は、別表第2の2及び別表第3に定める額の範囲内において、指定管理者があらかじめ市長の承認を得て定めるものとする。利用料金を変更しようとするときも同様とする。

5 指定管理者は、前項の承認を得たときは、その旨及び当該利用料金の額を公表しなければならない。

6 利用料金は、指定管理者の収入とする。

7 古橋廣之進記念浜松市総合水泳場の指定管理者は、必要があると認めるときは、あらかじめ市長の承認を得て、利用に係る予納金(以下「利用予納金」という。)を収受することができる。

8 利用予納金は、利用料金に充当するものとする。

(平17条例309・追加、平18条例56・平19条例3・平20条例57・平21条例41・平24条例58・平24条例71・平25条例54・平30条例43・一部改正)

(利用料金の減免)

第30条 指定管理者は、規則で定める場合その他特別の理由があると認める場合は、利用料金を減免することができる。

(平17条例309・追加)

(利用料金の不還付)

第31条 既納の利用料金は、還付しない。ただし、指定管理者は、規則で定める場合その他特別の理由があると認める場合は、当該利用料金の全部又は一部を還付することができる。

(平17条例309・追加)

(共通入場券の発行)

第32条 市長及び舘山寺総合公園の指定管理者は、動物園とフラワーパークを併せて利用しようとする者の利便を図るため、共同で共通入場券を発行することができる。

2 前項に規定する共通入場券の交付を受けようとする者は、動物園の利用に係る第10条第2項の規定による使用料とフラワーパークの利用に係る第29条の規定による利用料金を併せて納付しなければならない。

(平25条例54・追加)

(委任)

第33条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

(平17条例309・追加、平20条例57・旧第35条繰上、平25条例54・旧第32条繰下)

(罰則)

第34条 次の各号のいずれかに該当する者は、5万円以下の過料に処する。

(1) 第3条第1項又は第3項(第22条においてこれらの規定を準用する場合を含む。)の規定に違反して同条第1項各号に掲げる行為をした者

(2) 第5条(第22条において準用する場合を含む。)の規定に違反して同条各号に掲げる行為をした者

(3) 第13条第1項又は第2項(第22条においてこれらの規定を準用する場合を含む。)の規定による市長の命令に違反した者

(平17条例309・旧第25条繰下、平20条例57・旧第36条繰上、平25条例54・旧第33条繰下)

附 則

(施行期日)

1 この条例は、昭和37年4月1日から施行する。

(編入に伴う経過措置)

2 浜北市、天竜市、舞阪町及び雄踏町(以下「編入市町」という。)の編入の日(以下「編入日」という。)前に、浜北市都市公園条例(昭和52年浜北市条例第2号。以下「旧浜北市条例」という。)、天竜市都市公園条例(平成5年天竜市条例第41号。以下「旧天竜市条例」という。)、天竜市社会体育施設条例(昭和52年天竜市条例第43号。以下「旧天竜市施設条例」という。)、舞阪町都市公園条例(昭和46年舞阪町条例第5号。以下「旧舞阪町条例」という。)又は雄踏町都市公園条例(昭和56年雄踏町条例第9号。以下「旧雄踏町条例」という。)(以下これらを「編入前の条例」という。)の規定によりされた処分、手続その他の行為(旧天竜市施設条例の規定によりされたものにあっては、運動広場又は野球場に係るものに限る。)は、それぞれこの条例の相当規定によりされたものとみなす。

(平17条例309・全改)

3 編入日前に、編入市町において法第5条第1項、法第6条第1項若しくは第3項、旧浜北市条例第2条第1項若しくは第3項、旧天竜市条例第2条第1項若しくは第4項、旧舞阪町条例第4条第1項若しくは第3項又は旧雄踏町条例第2条第1項若しくは第3項の規定による許可を受けた者の当該許可に係る使用料については、この条例の規定にかかわらず、平成18年3月31日までの間に限り、編入前の条例の例による。

(平17条例309・全改)

4 編入日前に旧雄踏町条例の規定により発行された回数券は、第10条の2第1項の規定により発行された回数利用券とみなす。

(平17条例309・追加)

5 編入日前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

(平17条例309・追加)

(舘山寺総合公園に係る指定管理者の候補者の選定の特例)

6 市長は、舘山寺総合公園の指定管理者を指定しようとするときは、平成25年4月1日から平成28年3月31日までの間に管理を行わせる場合に限り、あらかじめ、フラワーパークの管理について十分な知識及び経験を有し、かつ、舘山寺総合公園を一体的に、効率性を確保した適切な管理を行うことができると認める法人その他の団体を選定するものとする。

(平24条例58・全改)

(江之島アーチェリー場に係る指定管理者の候補者の選定の特例)

7 市長は、江之島アーチェリー場の指定管理者を指定しようとするときは、平成25年4月1日から平成26年3月31日までの間に管理を行わせる場合に限り、あらかじめ、都市公園施設の管理について十分な知識及び経験を有し、かつ、地域におけるスポーツ施設を利用したスポーツの振興を一体的に行うことができると認める法人その他の団体を選定するものとする。

(平24条例71・追加)

(江之島ビーチコートに係る指定管理者の候補者の選定の特例)

8 市長は、江之島ビーチコートの指定管理者を指定しようとするときは、平成31年7月1日から平成34年3月31日までの間に管理を行わせる場合に限り、あらかじめ、都市公園施設の管理について十分な知識及び経験を有し、かつ、遠州灘海浜公園(中田島中地区、江之島地区(江之島アーチェリー場を除く。)及び白羽地区に限る。)を一体的に、効率性を確保した適切な管理を行うことができると認める法人その他の団体を選定するものとする。

(平31条例17・追加)

附 則(昭和37年9月29日浜松市条例第24号)

この条例は、昭和37年10月1日から施行する。

附 則(昭和38年3月25日浜松市条例第17号)

この条例は、昭和38年4月1日から施行する。

附 則(昭和40年3月30日浜松市条例第7号)

この条例は、昭和40年4月1日から施行する。

附 則(昭和40年3月30日浜松市条例第12号)

この条例は、昭和40年4月1日から施行する。

附 則(昭和42年3月25日浜松市条例第9号)

この条例は、昭和42年4月1日から施行する。

附 則(昭和43年3月30日浜松市条例第23号)

1 この条例は、昭和43年4月1日から施行する。ただし、別記中住居表示実施に伴い改正された部分については、地方自治法(昭和22年法律第67号)第260条第2項の規定により告示のあった日から施行する。

2 この条例施行の際、現に従前の規定によりなされた手続き及び使用料については、この条例によりなされたものとみなす。

3 厚生年金浜松市体育館条例(昭和37年浜松市条例第43号)は、廃止する。

附 則(昭和44年10月1日浜松市条例第28号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和45年3月30日浜松市条例第20号)

この条例は、昭和45年4月1日から施行する。

附 則(昭和46年3月30日浜松市条例第29号)

この条例は、昭和46年4月1日から施行する。

附 則(昭和46年12月10日浜松市条例第65号)

この条例は、昭和47年1月1日から施行する。

附 則(昭和47年3月30日浜松市条例第22号)

1 この条例は、昭和47年4月1日から施行する。

2 この条例施行の際、現に使用許可を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

附 則(昭和47年6月1日浜松市条例第38号)

この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第260条第2項に規定する告示に定める日から施行する。

附 則(昭和48年3月30日浜松市条例第21号)

この条例は、昭和48年4月1日から施行する。

附 則(昭和48年5月30日浜松市条例第35号)

この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第260条第2項に規定する告示に定める日から施行する。

附 則(昭和50年3月28日浜松市条例第15号)

この条例は、昭和50年4月1日から施行する。

附 則(昭和50年5月30日浜松市条例第35号)

この条例は、昭和50年6月1日から施行する。

附 則(昭和51年3月29日浜松市条例第24号)

1 この条例は、昭和51年4月1日から施行する。ただし、別表第2の改正規定中2の(6)の次に加える規定は、規則で定める日(昭和51年7月10日――昭和51年7月9日浜松市規則第38号)から施行する。

2 この条例の施行の際現に使用許可を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

附 則(昭和51年5月29日浜松市条例第40号)

この条例は、昭和51年6月1日から施行する。

附 則(昭和52年3月30日浜松市条例第23号)

この条例は、昭和52年4月1日から施行する。ただし、別表第2の2の(6)の改正規定中照明灯に係る部分の規定は、規則で定める日(アの照明灯に係る部分の規定の施行期日は、昭和52年8月1日、イの照明灯に係る部分の規定の施行期日は、同年9月1日――昭和52年7月30日浜松市規則第39号)から施行する。

附 則(昭和53年3月13日浜松市条例第6号)

この条例は、規則で定める日(昭和53年11月1日――昭和53年10月31日浜松市規則第48号)から施行する。ただし、第7条の2第2号及び第3号の改正規定中安間川公園野球場に係る部分並びに同条第4号の改正規定は、公布の日から施行する。

附 則(昭和54年3月30日浜松市条例第23号)

1 この条例は、昭和54年4月1日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、当該各号に掲げる日から施行する。

(1) 別表第2の2の(4)に加える改正規定中屋外プールに係る部分 昭和54年6月1日

(2) 第7条の2第2号及び第3号の改正規定中浜松球場に係る部分並びに別表第2の2の(3)のイの(ア)の改正規定 昭和54年7月1日

2 浜松市屋内温水プール条例(昭和45年浜松市条例第11号)は、廃止する。

3 この条例の施行の際現に使用の許可を受けている者の使用については、この条例により承認をされたものとみなす。

附 則(昭和56年3月31日浜松市条例第17号)

この条例は、昭和56年4月1日から施行する。

附 則(昭和57年3月31日浜松市条例第26号)

1 この条例は、昭和57年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に使用の承認を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

附 則(昭和58年3月31日浜松市条例第20号)

1 この条例は、昭和58年4月1日から施行する。

2 国民の祝日における浜松市公の施設の開放に関する条例(昭和55年浜松市条例第41号)の一部を次のように改正する。

第2条の表浜松市動物園の項中「(遊戯施設の使用料を除く。)」を削る。

附 則(昭和60年3月30日浜松市条例第32号)

1 この条例は、昭和60年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に使用の承認を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

附 則(昭和61年3月31日浜松市条例第20号)

この条例は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(昭和62年3月31日浜松市条例第15号)

この条例は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(昭和63年3月31日浜松市条例第34号)

1 この条例は、昭和63年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に使用の承認を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成元年3月31日浜松市条例第45号)

1 この条例は、平成元年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に使用の許可又は承認を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成2年3月30日浜松市条例第11号)

この条例は、平成2年4月1日から施行する。

附 則(平成3年3月30日浜松市条例第12号)

この条例は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成3年4月5日浜松市条例第27号)

1 この条例は、平成3年5月1日から施行する。

2 浜名郡可美村の編入の日前に旧可美村都市公園条例(昭和54年可美村条例第11号。以下「旧可美村条例」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、改正後の浜松市都市公園条例(以下「新条例」という。)の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

3 浜名郡可美村の編入の日前に都市公園法(昭和31年法律第79号)第5条第2項、第6条第1項若しくは第3項又は旧可美村条例第2条第1項若しくは第3項の許可を受けた者の当該許可に係る都市公園占用料等については、新条例の規定にかかわらず、平成4年3月31日までの使用に係るものに限り、旧可美村条例の例による。

4 浜名郡可美村の編入の日前にした旧可美村条例に違反する行為に対する罰則の適用については、旧可美村条例の例による。

附 則(平成4年3月31日浜松市条例第38号)

1 この条例は、平成4年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に使用の承認を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成6年12月22日浜松市条例第48号)

この条例は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成7年3月31日浜松市条例第22号)

1 この条例は、平成7年4月1日から施行する。

2 この条例の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

附 則(平成8年3月29日浜松市条例第28号)

1 この条例は、平成8年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に使用の承認を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成8年12月19日浜松市条例第66号)

この条例は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成9年3月28日浜松市条例第35号)

1 この条例は、平成9年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に使用の許可又は承認を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成10年3月26日浜松市条例第18号)

この条例は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成11年3月23日浜松市条例第18号)

この条例は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成12年3月24日浜松市条例第29号)

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成13年3月26日浜松市条例第24号)

この条例は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成14年3月26日浜松市条例第24号)

この条例は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成14年12月17日浜松市条例第87号)

1 この条例は、平成15年1月21日から施行する。ただし、第7条の改正規定及び別表第2の次に表を加える改正規定中小学校の児童及び中学校の生徒の使用料(動物園の使用料を除く。)に係る部分は、同年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に利用の許可を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成15年3月4日浜松市条例第2号)

この条例は、平成15年3月21日から施行する。

附 則(平成15年3月25日浜松市条例第24号)

この条例は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成15年5月30日浜松市条例第51号)

この条例は、平成15年6月1日から施行する。ただし、別表第1の改正規定及び別表第3の9の(2)のアの改正規定は、同年7月1日から施行する。

附 則(平成15年12月16日浜松市条例第67号)

この条例は、公布の日から施行する。ただし、別表第3の改正規定は、平成16年3月1日から施行する。

附 則(平成16年12月17日浜松市条例第53号)

1 この条例は、公布の日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、当該各号に定める日から施行する。

(1) 第13条の改正規定、第14条に2号を加える改正規定、別表第1の改正規定及び次項の規定 平成17年1月1日

(2) 第3条、第7条、第10条(「第5条第2項」を「第5条第1項」に改める部分を除く。)及び別表第2の改正規定 平成17年4月1日

2 第13条の改正規定の施行前にした行為に対する同条の規定の適用については、なお従前の例による。

附 則(平成17年6月1日浜松市条例第309号)

(施行期日)

1 この条例中第1条並びに次項及び附則第3項の規定は平成17年7月1日から、第2条及び附則第4項から第6項までの規定は平成18年4月1日から施行する。

(指定管理者制度移行までの間の経過措置)

2 平成18年3月31日までの間は、都市公園及び都市公園施設の管理の委託については、浜北市都市公園条例(昭和52年浜北市条例第2号)、天竜市都市公園条例(平成5年天竜市条例第41号)、天竜市社会体育施設条例(昭和52年天竜市条例第43号)、舞阪町都市公園条例(昭和46年舞阪町条例第5号)及び雄踏町都市公園条例(昭和56年雄踏町条例第9号)の例による。

(準備行為)

3 第2条の規定による改正後の浜松市都市公園条例(以下「新条例」という。)第25条第1項の規定による指定及びこれに関し必要なその他の行為は、第2条の規定の施行の日(以下「施行日」という。)前においても、新条例第26条から第28条までの規定の例により行うことができる。

(指定管理者制度移行に伴う経過措置)

4 施行日前に第2条の規定による改正前の浜松市都市公園条例(以下「旧条例」という。)の規定により市長がした許可その他の行為(新条例別表第4に掲げる都市公園及び都市公園施設について行った同表に規定する業務に係るものに限る。)は、新条例の相当規定に基づいて、指定管理者がした許可その他の行為とみなす。

5 施行日前に旧条例第10条の2第1項の規定により発行された回数利用券(新条例別表第6に掲げる都市公園施設に係るものに限る。)は、新条例第29条第2項の規定により発行された回数利用券とみなす。

6 第2条の規定の施行の際現に旧条例の規定により市長に対してされている申請その他の行為(新条例別表第4に掲げる都市公園及び都市公園施設についてされた同表に規定する業務に係るものに限る。)は、新条例の相当規定により指定管理者に対してされた申請その他の行為とみなす。

附 則(平成18年3月24日浜松市条例第30号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年6月30日浜松市条例第56号)

(施行期日)

1 この条例は、平成19年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は公布の日から、別表第1及び別表第3の改正規定並びに別表第4の3の改正規定(「船明運動公園」を「船明ダム運動公園」に改める部分に限る。)は平成18年7月1日から施行する。

(準備行為)

2 改正後の浜松市都市公園条例(以下「新条例」という。)別表第4の3に掲げる都市公園に係る新条例第25条第1項の規定による指定及び新条例第26条から第28条までの規定による指定の手続その他の行為は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)前においても行うことができる。

(指定管理者制度移行に伴う経過措置)

3 施行日前に改正前の浜松市都市公園条例(以下「旧条例」という。)の規定により市長がした許可その他の行為(新条例別表第4の3に掲げる都市公園について行った同表に規定する業務に係るものに限る。)は、新条例の相当規定に基づいて、指定管理者がした許可その他の行為とみなす。

4 この条例の施行の際現に旧条例の規定により市長に対してされている申請その他の行為(新条例別表第4の3に掲げる都市公園についてされた同表に規定する業務に係るものに限る。)は、新条例の相当規定により指定管理者に対してされた申請その他の行為とみなす。

附 則(平成18年12月15日浜松市条例第136号)

(施行期日)

1 この条例は、平成19年4月1日から施行する。ただし、次項及び附則第3項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 三方原墓園に係る改正後の浜松市都市公園条例(以下「新条例」という。)第25条第1項の規定による指定並びに新条例附則第6項から第8項まで及び新条例第28条の規定による指定の手続その他の行為は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)前においても行うことができる。

3 引佐総合公園に係る新条例第25条第1項の規定による指定及び新条例第26条から第28条までの規定による指定の手続その他の行為は、施行日前においても行うことができる。

(指定管理者制度移行に伴う経過措置)

4 施行日前に改正前の浜松市都市公園条例(以下「旧条例」という。)の規定により市長がした許可その他の行為(三方原墓園について行った新条例別表第4の2に規定する業務に係るものに限る。)は、新条例の相当規定により指定管理者がした許可その他の行為とみなす。

5 この条例の施行の際現に旧条例の規定により市長に対してされている申請その他の行為(三方原墓園についてされた新条例別表第4の2に規定する業務に係るものに限る。)は、新条例の相当規定により指定管理者に対してされた申請その他の行為とみなす。

附 則(平成19年2月26日浜松市条例第3号)

1 この条例は、平成21年2月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

2 古橋廣之進記念浜松市総合水泳場に係る改正後の浜松市都市公園条例(以下「新条例」という。)第25条第1項の規定による指定浜松市指定管理者による公の施設の管理に関する条例(平成20年浜松市条例第61号)第2条から第8条までの規定による指定の手続その他の行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

(平20条例57・一部改正)

附 則(平成19年6月29日浜松市条例第76号)

この条例は、平成20年3月21日から施行する。

附 則(平成20年3月21日浜松市条例第19号)

(施行期日)

1 この条例は、平成20年6月1日から施行する。ただし、別表第4の改正規定並びに附則第3項及び附則第4項の規定は、平成21年4月1日から施行する。

(準備行為)

2 雄踏総合公園球技場に係るこの条例(別表第4の改正規定に限る。)による改正後の浜松市都市公園条例(以下「新条例」という。)第25条第1項の規定による指定浜松市指定管理者による公の施設の管理に関する条例(平成20年浜松市条例第61号)第2条から第8条までの規定による指定の手続その他の行為は、前項ただし書に規定する規定の施行の日(以下「施行日」という。)前においても行うことができる。

(平20条例57・一部改正)

(指定管理者制度移行に伴う経過措置)

3 施行日前にこの条例(別表第4の改正規定に限る。)による改正前の浜松市都市公園条例(以下「旧条例」という。)の規定により市長がした許可その他の行為(雄踏総合公園球技場について行った新条例別表第4の5に規定する業務に係るものに限る。)は、新条例の相当規定により指定管理者がした許可その他の行為とみなす。

4 附則第1項ただし書に規定する規定の施行の際現に旧条例の規定により市長に対してされている申請その他の行為(雄踏総合公園球技場についてされた新条例別表第4の5に規定する業務に係るものに限る。)は、新条例の相当規定により指定管理者に対してされた申請その他の行為とみなす。

附 則(平成20年9月30日浜松市条例第57号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。ただし、第2条及び第5条並びに次項の規定は平成21年1月21日から、第3条及び附則第4項から第6項までの規定は同年4月1日から施行する。

(施設利用方法等の統一化に伴う経過措置)

2 第2条の規定による改正後の浜松市都市公園条例の規定は、同条の規定の施行の日以後の利用に係る使用料又は利用料金について適用する。ただし、同条の規定の施行の際現に利用の許可を受けている者の当該許可に係る使用料又は利用料金については、なお従前の例による。

(準備行為)

3 雄踏総合公園水泳場及び緑化推進センターに係る第3条の規定による改正後の浜松市都市公園条例(以下「新条例」という。)第25条第1項の規定による指定及び浜松市指定管理者による公の施設の管理に関する条例(平成20年浜松市条例第61号)第2条から第8条までの規定による指定の手続その他の行為は、第3条の規定の施行の日(以下「施行日」という。)前においても行うことができる。

(指定管理者制度移行に伴う経過措置)

4 施行日前に第3条の規定による改正前の浜松市都市公園条例(以下「旧条例」という。)の規定により市長がした許可その他の行為(雄踏総合公園水泳場及び緑化推進センターについて行った新条例別表第4の3又は4に規定する業務に係るものに限る。)は、それぞれ新条例の相当規定により指定管理者がした許可その他の行為とみなす。

5 施行日前に旧条例第10条の2第1項の規定により発行された回数利用券(雄踏総合公園水泳場に係るものに限る。)は、新条例第29条第2項の規定により発行された回数利用券とみなす。

6 第3条の規定の施行の際現に旧条例の規定により市長に対してされている申請その他の行為(雄踏総合公園水泳場及び緑化推進センターについてされた新条例別表第4の3又は4に規定する業務に係るものに限る。)は、それぞれ新条例の相当規定により指定管理者に対してされた申請その他の行為とみなす。

附 則(平成20年12月11日浜松市条例第80号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。ただし、別表第3の4の(3)のアの(イ)の改正規定は、同年2月1日から施行する。

附 則(平成21年6月17日浜松市条例第41号)

(施行期日)

1 この条例は、平成22年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は公布の日から、別表第1の2に雄踏総合公園の項を加える改正規定は平成21年7月1日から施行する。

(準備行為)

2 都田総合公園、相生公園及び佐鳴湖公園に係る改正後の浜松市都市公園条例(以下「新条例」という。)第25条第1項の規定による指定及び浜松市指定管理者による公の施設の管理に関する条例(平成20年浜松市条例第61号)第2条から第8条までの規定による指定の手続その他の行為は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)前においても行うことができる。

(指定管理者制度移行に伴う経過措置)

3 施行日前に改正前の浜松市都市公園条例(以下「旧条例」という。)の規定により市長がした許可その他の行為(相生公園及び佐鳴湖公園について行った新条例別表第4の2又は3に規定する業務に係るものに限る。)は、それぞれ新条例の相当規定により指定管理者がした許可その他の行為とみなす。

4 この条例の施行の際現に旧条例の規定により市長に対してされている申請その他の行為(相生公園及び佐鳴湖公園についてされた新条例別表第4の2又は3に規定する業務に係るものに限る。)は、それぞれ新条例の相当規定により指定管理者に対してされた申請その他の行為とみなす。

附 則(平成22年2月25日浜松市条例第5号)

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 改正後の別表第3の4の(3)のアの(イ)練習利用の項の規定は、平成22年4月1日以後の利用に係る利用料金について適用し、同日前の利用に係る利用料金については、なお従前の例による。

附 則(平成23年3月15日浜松市条例第21号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成23年9月29日浜松市条例第54号)

(施行期日)

1 この条例は、平成24年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 浜松城公園並びに遠州灘海浜公園の球技場及び自由広場に係る改正後の浜松市都市公園条例(以下「新条例」という。)第25条第1項の規定による指定及び浜松市指定管理者による公の施設の管理に関する条例(平成20年浜松市条例第61号)第2条から第8条までの規定による指定の手続その他の行為は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)前においても行うことができる。

(指定管理者制度移行に伴う経過措置)

3 施行日前に改正前の浜松市都市公園条例(以下「旧条例」という。)の規定により市長がした許可その他の行為(浜松城公園並びに遠州灘海浜公園の球技場及び自由広場について行った新条例別表第4の3又は5に規定する業務に係るものに限る。)は、それぞれ新条例の相当規定により指定管理者がした許可その他の行為とみなす。

4 この条例の施行の際現に旧条例の規定により市長に対してされている申請その他の行為(浜松城公園並びに遠州灘海浜公園の球技場及び自由広場についてされた新条例別表第4の3又は5に規定する業務に係るものに限る。)は、それぞれ新条例の相当規定により指定管理者に対してされた申請その他の行為とみなす。

附 則(平成24年6月15日浜松市条例第49号)

この条例は、平成24年9月1日から施行する。

附 則(平成24年9月25日浜松市条例第58号)

(施行期日)

1 この条例は、平成25年4月1日から施行する。ただし、第3条及び別表第2の改正規定並びに次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 舘山寺総合公園に係る改正後の浜松市都市公園条例(以下「新条例」という。)第25条第1項の規定による指定及び浜松市指定管理者による公の施設の管理に関する条例(平成20年浜松市条例第61号)第2条から第8条までの規定による指定の手続その他の行為は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)前においても行うことができる。

(指定管理者制度移行に伴う経過措置)

3 施行日前に改正前の浜松市都市公園条例(以下「旧条例」という。)の規定により市長がした許可その他の行為(舘山寺総合公園について行った新条例別表第4の4に規定する業務に係るものに限る。)は、それぞれ新条例の相当規定により指定管理者がした許可その他の行為とみなす。

4 この条例の施行の際現に旧条例の規定により市長に対してされている申請その他の行為(舘山寺総合公園についてされた新条例別表第4の4に規定する業務に係るものに限る。)は、それぞれ新条例の相当規定により指定管理者に対してされた申請その他の行為とみなす。

附 則(平成24年12月14日浜松市条例第71号)

1 この条例は、公布の日から施行する。ただし、附則に1項を加える改正規定、別表第1の改正規定、別表第3の4に次のように加える改正規定及び別表第4の改正規定は、平成25年4月1日から施行する。

2 江之島アーチェリー場に係る改正後の第25条第1項の規定による指定並びに改正後の附則第7項及び浜松市指定管理者による公の施設の管理に関する条例(平成20年浜松市条例第61号)第2条から第8条までの規定による指定の手続その他の行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

附 則(平成25年3月22日浜松市条例第26号)

この条例は、公布の日から施行する。ただし、第1条(浜松市都市公園条例別表第1の2の改正に限る。)の規定は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成25年6月14日浜松市条例第37号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成25年6月14日浜松市条例第42号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。ただし、第7条の2の改正及び次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 遠州灘海浜公園(江之島地区(江之島アーチェリー場を除く。))に係る改正後の浜松市都市公園条例(以下「新条例」という。)第25条第1項の規定による指定及び浜松市指定管理者による公の施設の管理に関する条例(平成20年浜松市条例第61号)第2条から第8条までの規定による指定の手続その他の行為は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)前においても行うことができる。

(指定管理者制度移行に伴う経過措置)

3 施行日前に改正前の浜松市都市公園条例(以下「旧条例」という。)の規定により市長がした許可その他の行為(遠州灘海浜公園(江之島地区(江之島アーチェリー場を除く。))について行った新条例別表第4の2に規定する業務に係るものに限る。)は、それぞれ新条例の相当規定により指定管理者がした許可その他の行為とみなす。

4 この条例の施行の際現に旧条例の規定により市長に対してされている申請その他の行為(遠州灘海浜公園(江之島地区(江之島アーチェリー場を除く。))についてされた新条例別表第4の2に規定する業務に係るものに限る。)は、それぞれ新条例の相当規定により指定管理者に対してされた申請その他の行為とみなす。

附 則(平成25年9月26日浜松市条例第54号)

この条例は、公布の日の翌日から施行する。

附 則(平成26年2月25日浜松市条例第11号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置の原則)

2 この附則に別段の定めがあるものを除き、この条例の施行の際現に公の施設の利用の許可を受けている者(現に当該許可の申請をしている者及び現に当該許可の変更の申出をしている者を含む。)の当該利用に係る使用料又は利用料金については、なお従前の例による。

(浜松市都市公園条例の一部改正に伴う経過措置)

22 第88条の規定による改正後の浜松市都市公園条例第10条第3項及び別表第2の2の規定は、施行日以後にされる都市公園法(昭和31年法律第79号)第5条第1項並びに第6条第1項及び第3項の規定による許可の申請並びに同条例第3条第1項及び第3項の規定による許可の申請に係る使用料及び利用料金について適用し、施行日前にされた同法第5条第1項並びに第6条第1項及び第3項の規定による許可の申請並びに第88条の規定による改正前の浜松市都市公園条例第3条第1項及び第3項の規定による許可の申請に係る使用料及び利用料金については、なお従前の例による。

附 則(平成26年2月25日浜松市条例第12号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。ただし、第2条の規定は、同年7月1日から施行する。

附 則(平成26年3月24日浜松市条例第33号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年6月19日浜松市条例第59号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年10月15日浜松市条例第71号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年3月24日浜松市条例第35号抄)

1 この条例は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成28年10月11日浜松市条例第65号)

この条例は、平成28年12月12日から施行する。

附 則(平成28年12月13日浜松市条例第71号)

この条例は、平成29年3月12日から施行する。

附 則(平成29年6月14日浜松市条例第42号)

(施行期日)

1 この条例は、平成29年11月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 花川運動公園(ゲートボール場及び自由広場に限る。)に係る改正後の浜松市都市公園条例(以下「新条例」という。)第25条第1項の規定による指定及び浜松市指定管理者による公の施設の管理に関する条例(平成20年浜松市条例第61号)第2条から第8条までの規定による指定の手続その他の行為は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)前においても行うことができる。

(指定管理者制度移行に伴う経過措置)

3 施行日前に改正前の浜松市都市公園条例(以下「旧条例」という。)の規定により市長がした許可その他の行為(花川運動公園(ゲートボール場及び自由広場に限る。)について行った新条例別表第4の6に規定する業務に係るものに限る。)は、それぞれ新条例の相当規定により指定管理者がした許可その他の行為とみなす。

4 この条例の施行の際現に旧条例の規定により市長に対してされている申請その他の行為(花川運動公園(ゲートボール場及び自由広場に限る。)についてされた新条例別表第4の6に規定する業務に係るものに限る。)は、それぞれ新条例の相当規定により指定管理者に対してされた申請その他の行為とみなす。

附 則(平成30年3月23日浜松市条例第21号)

この条例は、平成30年4月1日から施行する。

附 則(平成30年6月22日浜松市条例第43号)

1 この条例は、平成31年4月1日から施行する。

2 第1条及び第2条の規定による改正後の浜松市都市公園条例(以下「新条例」という。)及び浜松市公園条例の規定(新条例別表第3の18の(7)の規定を除く。)は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後の利用に係る利用料金について適用する。ただし、この条例の施行の際現に当該利用の許可を受けている者の当該許可に係る利用料金については、新条例の規定により算定した利用料金の額が第1条の規定による改正前の浜松市都市公園条例(以下「旧条例」という。)の規定により算定した利用料金の額を下回る場合を除き、なお従前の例による。

3 新条例別表第3の18の(7)の規定は、施行日以後に出場する自動車に係る使用料について適用する。ただし、当該自動車のうち、施行日前における同表の18の(1)から(6)までの都市公園施設の利用のために入場したものに係る使用料については、旧条例別表第3の18の(7)の規定の例による。

附 則(平成31年3月15日浜松市条例第17号)

(施行期日)

1 この条例は、平成31年7月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 江之島ビーチコートに係る改正後の第25条第1項の規定による指定並びに改正後の附則第8項及び浜松市指定管理者による公の施設の管理に関する条例(平成20年浜松市条例第61号)第2条から第8条までの規定による指定の手続その他の行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

(経過措置)

3 この条例の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

(消費税率及び地方消費税率の引上げに伴う関係条例の整備に関する条例の一部改正)

4 消費税率及び地方消費税率の引上げに伴う関係条例の整備に関する条例(平成31年浜松市条例第22号)の一部を次のように改正する。

(次のよう略)

附 則(令和元年6月21日浜松市条例第16号抄)

(施行期日)

1 この条例は、令和2年4月1日から施行する。ただし、附則第3項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

3 ゆたか第2緑地に係る新条例第25条第1項の規定による指定及び浜松市指定管理者による公の施設の管理に関する条例(平成20年浜松市条例第61号)第2条から第8条までの規定による指定の手続その他の行為は、施行日前においても行うことができる。

別表第1(第7条関係)

(平20条例57・全改、平19条例3・平20条例57・平20条例80・平21条例41・平23条例21・平24条例49・平24条例58・平24条例71・平25条例26・平25条例37・平26条例12・平27条例59・平27条例71・平31条例17・一部改正)

1 有料公園施設

名称

利用日

利用時間

浜松城公園

浜松城

1月1日から12月28日まで

午前8時30分から午後4時30分まで

和地山公園

野球場

1月4日から12月28日まで(毎月の第2金曜日、第4金曜日及び第5金曜日を除く。)

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

球技場

集会所

午前9時から午後9時まで

四ツ池公園

陸上競技場

1月4日から12月28日まで

専用利用及び場内放送室午前8時30分から午後5時まで

個人利用並びに会議室及びトレーニング室 午前9時から午後9時まで

浜松球場

午前8時30分から午後9時まで(会議室にあっては、午前9時から午後9時まで)

第2野球場

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

遠州灘海浜公園

球技場

1月4日から12月28日まで(毎月の第1金曜日、第3金曜日及び第5金曜日を除く。)

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

古橋廣之進記念浜松市総合水泳場

プール(屋外プールを除く。)

ジム・スタジオ

大会総務室等

1月3日から12月30日まで

午前9時から午後9時まで(日曜日は、午後7時30分まで)

屋外プール

7月20日から8月31日まで

午前9時から午後6時まで

江之島アーチェリー場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後9時まで

江之島ビーチコート

1月4日から12月28日まで(月曜日を除く。)

午前9時から午後5時まで

船越公園

野球場

1月4日から12月28日まで(毎月の第1金曜日、第3金曜日及び第5金曜日を除く。)

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

安間川公園

野球場

庭球場

1月4日から12月28日まで(毎月の第2金曜日、第4金曜日及び第5金曜日を除く。)

午前9時から午後9時まで

舘山寺総合公園

動物園

1月1日から12月28日まで

午前9時から午後4時30分まで

フラワーパーク

午前9時から午後5時まで(1月1日から2月末日まで及び12月1日から同月28日までは午前10時から午後4時30分まで、10月1日から11月30日までは午前9時から午後4時30分まで)

駐車場

午前9時から午後4時30分まで(3月1日から9月30日までは、午後5時まで)

佐鳴湖公園

そう艇場

1月4日から12月28日まで(火曜日を除く。)

午前8時30分から午後5時まで

可美公園

総合センター

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後9時30分まで

野球場

庭球場

午前9時から午後9時まで

球技場

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

水泳場

屋内温水プール 1月4日から12月28日まで

午前10時から午後8時30分まで(7月1日から8月31日までは、午前9時から午後8時30分まで)

屋外プール 7月1日から8月31日まで

午前9時から午後5時まで

弓道場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後9時まで

花川運動公園

庭球場

会議室

競技管理室

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後9時まで

有玉緑地

照明灯

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後9時まで

ゆたか緑地

庭球場

照明灯(ソフトボール場)

集会所

1月4日から12月28日まで(毎月の第1金曜日、第3金曜日及び第5金曜日を除く。)

午前9時から午後9時まで

高丘公園

野球場兼球技場

庭球場

1月4日から12月28日まで(毎月の第1金曜日、第3金曜日及び第5金曜日を除く。)

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

明神池運動公園

野球場

1月4日から12月28日まで

午前8時30分から午後5時まで(会議室にあっては、午前9時から午後9時まで)

庭球場

午前9時から午後9時まで

美薗中央公園

庭球場

1月4日から12月28日まで(月曜日を除く。)

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

梔池緑地

照明灯

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後9時まで

船明ダム運動公園

野球場

1月4日から12月28日まで

午前8時30分から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

雄踏総合公園

ソフトボール場

多目的スポーツ広場

球技場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

水泳場

7月1日から8月31日まで

午前9時30分から午後5時まで

庭球場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後9時まで

ゲートボール場

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

駐車場

1月1日から12月31日まで

午前零時から午後12時まで

引佐総合公園

庭球場

多目的スポーツ広場

1月4日から12月28日まで(毎月の第1月曜日、第3月曜日及び第5月曜日を除く。)

午前9時から午後9時まで

備考

1 火曜日又は金曜日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休日」という。)に当たるときは、利用日とする。

2 月曜日(利用日の場合を除く。)が休日に当たるときは、利用日とし、その翌日を休場日とする。

2 無料公園施設

名称

利用日

利用時間

浜松城公園

児童プール

7月の第3土曜日から8月31日まで

午前9時30分から午前12時まで及び午後1時から午後4時まで

和地山公園

児童プール

7月の第3土曜日から8月31日まで

午前9時30分から午前12時まで及び午後1時から午後4時まで

四ツ池公園

自由広場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

遠州灘海浜公園

屋外25mプール

児童プール

7月の第3土曜日から8月31日まで

午前9時30分から午前12時まで及び午後1時から午後4時まで

自由広場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

船越公園

児童プール

7月の第3土曜日から8月31日まで

午前9時30分から午前12時まで及び午後1時から午後4時まで

可美公園

多目的広場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

花川運動公園

ゲートボール場

自由広場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

有玉緑地

ソフトボール場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後9時まで

ゆたか緑地

ソフトボール場

1月4日から12月28日まで(毎月の第1金曜日、第3金曜日及び第5金曜日を除く。)

午前9時から午後9時まで

梔池緑地

多目的広場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後9時まで

船明ダム運動公園

運動広場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

雄踏総合公園

多目的広場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

相生公園

児童プール

7月の第3土曜日から8月31日まで

午前9時30分から午前12時まで及び午後1時から午後4時まで

馬込川上島緑地

レクリエーション広場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

ゆたか第2緑地

多目的広場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

天竜川緑地

野球場

自由広場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

豊西緑地

ソフトボール場兼少年野球場

球技場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

飯田公園

野球場兼子供球技場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

緑化推進センター

午前8時30分から午後5時まで

西岸中央公園

レクリエーション広場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

天竜川運動公園

野球場

ソフトボール場

球技場

陸上競技場

緑地

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

御馬ヶ池緑地

多目的広場

庭球場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

天竜川大平運動公園

多目的広場

庭球場

ゲートボール場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

万葉の森公園

万葉の森公園施設

1月4日から12月28日まで(月曜日を除く。)

午前9時から午後5時まで

都田総合公園

多目的広場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

天竜川鹿島上島緑地

多目的広場

ソフトボール場

サッカー場

1月4日から12月28日まで

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

備考

1 金曜日が休日に当たるときは、利用日とする。

2 月曜日(利用日の場合を除く。)が休日に当たるときは、利用日とし、その翌日を休場日とする。

別表第2(第10条・第29条関係)

(平17条例309・平19条例3・平20条例57・平24条例58・平26条例11・一部改正)

1 法第5条第1項又は法第6条第1項若しくは第3項の許可に係る使用料

種目

単位

金額

公園施設の設置又は管理

占用面積1m2 1年につき

1,680円

電柱、支柱、支線その他これらに類するもの

1本 1年につき

1,200円

変圧塔その他これに類するもの

1基 1年につき

1,700円

水道管、工業用水道管、下水道管、ガス管、電気地下ケーブルその他これらに類するもの

外径が0.4m未満のもの

長さ1m 1年につき

130円

外径が0.4m以上1m未満のもの

長さ1m 1年につき

330円

外径が1m以上のもの

長さ1m 1年につき

660円

通路、鉄道、軌道、公共駐車場その他これらに類する施設で地下に設けるもの

占用面積1m2 1年につき

960円

郵便差出箱、信書便差出箱又は公衆電話所

1箇所 1年につき

720円

展示会、博覧会、競技会、集会その他これらに類する催しのために設ける仮設工作物

占用面積1m2 1日につき

20円

工事用板囲、足場、詰所その他の工事用施設又は工事用材料の置場

占用面積1m2 1月につき

200円

その他の許可事項

 

市長が定める額

備考

1 占用面積が1平方メートル未満であるとき又はその面積に1平方メートル未満の端数があるときは、1平方メートルとして計算するものとする。

2 占用物件の長さが1メートル未満であるとき又はその長さに1メートル未満の端数があるときは、1メートルとして計算するものとする。

3 使用料の額が年額で定められている占用物件に係る占用の期間が1年未満であるとき又はその期間に1年未満の端数があるときは、月割をもって計算するものとする。この場合において、これらの期間が1月未満であるとき又はこれらの期間に1月未満の端数があるときは、1月として計算するものとする。

4 使用料の額が月額で定められている占用物件に係る占用の期間が1月未満であるとき又はその期間に1月未満の端数があるときは、1月として計算するものとする。

5 1件の使用料の額が100円に満たないときは、100円とする。

2 第3条第1項又は第3項の許可に係る使用料又は利用料金

種目

単位

金額

募金その他これに類する行為

1人 1日につき

108円

業として行う写真撮影、映画撮影、テレビジョン撮影その他これらに類する行為

1件 1日につき

4,320円

物品の販売又は興行

古橋廣之進記念浜松市総合水泳場

使用面積1m2 1日につき

2,160円

その他

使用面積1m2 1日につき

54円

展示会、博覧会、競技会、集会その他これらに類する催し

使用面積1m2 1日につき

21円

有料公園施設における広告物の掲出又は表示

長期

古橋廣之進記念浜松市総合水泳場

メインプールプールサイド壁面 1箇所 1年につき

540,000円

メイン観覧席前部及び上部の壁面 1箇所 1年につき

432,000円

その他

掲出面積又は表示面積1m2 1年につき

18,510円

短期

古橋廣之進記念浜松市総合水泳場

掲出面積又は表示面積1m2 1日につき

3,240円

その他

掲出面積又は表示面積1m2 1日につき

1,540円

備考

1 使用面積、掲出面積若しくは表示面積が1平方メートル未満であるとき又はその面積に1平方メートル未満の端数があるときは、1平方メートルとして計算するものとする。

2 長期とは許可の期間が1年以上の場合をいい、短期とは長期以外の場合をいう。

3 長期の場合であって、許可の期間に1年未満の端数があるときは、月割をもって計算するものとする。この場合において、当該期間に1月未満の端数があるときは、1月として計算するものとする。

4 1件の使用料又は利用料金の額が100円に満たないときは、100円とする。

別表第3(第10条・第29条関係)

(平17条例309・平18条例56・平18条例136・平19条例3・平19条例76・平20条例19・平20条例57・平20条例80・平21条例41・平22条例5・平23条例54・平24条例49・平24条例58・平24条例71・平25条例26・平25条例54・平26条例11・平26条例33・平28条例35・平28条例65・平28条例71・平30条例43・平31条例17・一部改正)

1 浜松城公園

浜松城

区分

金額

個人

200円

団体

30人以上

1人1回につき

個人に係る所定の利用料金の9割に相当する額

100人以上

個人に係る所定の利用料金の8割に相当する額

300人以上

個人に係る所定の利用料金の7割に相当する額

備考 個人とは、満15歳以上の者であって、中学校の生徒(これに準じる者を含む。)以外のものをいう。

2 和地山公園

(1) 野球場

ア 施設

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで) 2時間につき

一般 1面につき

1,330円

小学校の児童及び中学校の生徒(これらに準じる者を含む。以下同じ。) 1面につき

660円

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで若しくは午後3時から午後5時まで又は午後5時から午後7時まで(5月1日から8月31日までの間に限る。)とする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後5時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 附帯設備

規則で定める額

(2) 球技場

ア 施設

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後9時まで 2時間につき

一般 1面につき

1,740円

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

870円

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで、午後3時から午後5時まで、午後5時から午後7時まで又は午後7時から午後9時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 照明灯

1面30分につき 970円

ウ 附帯設備

規則で定める額

(3) 集会所

ア 施設

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後6時まで 1時間につき

午後6時から午後9時まで 1時間につき

大ホール

全面

600

1,200

半面

300

600

小ホール

150

300

備考

1 利用時間の開始は正時からとし、利用時間の終了は正時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午後6時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 冷暖房装置

利用区分

金額

大ホール

全面

1時間につき(15分未満の端数は切り捨て、15分以上は1時間とする。)

360

半面

180

小ホール

90

3 四ツ池公園

(1) 陸上競技場

ア 競技場専用利用等

利用時間区分

利用区分

午前

午後

午前8時30分から午前12時まで

午後1時から午後5時まで

競技場専用利用

入場料(これに類するものを含み、資料代その他の実費を除く。以下同じ。)を徴収する場合

23,140

32,700

入場料を徴収しない場合

一般

9,410

12,850

小中高生

6,890

8,480

場内放送室 1日につき

1,440円

備考

1 小中高生とは、小学校の児童、中学校の生徒及び高等学校の生徒並びにこれらに準じる者をいう。以下同じ。

2 午前から午後までの利用時間区分を連続して利用する場合の競技場の利用料金は、それぞれこの表に定める利用料金の合計額とする。

3 市長が認める競技会で利用する場合の競技場の利用料金には、場内放送室及び当該競技会に必要な備付物品の利用料金を含むものとする。

4 準備又は片付けのために利用する場合の競技場の利用料金は、所定の利用料金の5割に相当する額とする。

5 競技場の利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、1時間につき、午後の1時間当たりの利用料金(備考の4に規定する利用にあっては、当該規定により算出した額とする。)に相当する額とする。

6 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 会議室等

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後6時まで 1時間につき

午後6時から午後9時まで 1時間につき

会議室

210円

510円

競技場個人利用 1人1回につき

大人

200円

小中高生

100円

70歳以上

100円

トレーニング室個人利用 1人1回につき

大人

300円

中高生

150円

70歳以上

150円

備考

1 中高生とは、中学校の生徒及び高等学校の生徒並びにこれらに準じる者をいう。以下同じ。

2 大人とは、15歳以上70歳未満の者(中高生を除く。)をいう。

3 トレーニング室個人利用の利用料金には、競技場個人利用の利用料金を含む。

4 会議室の利用時間の開始は正時からとし、利用時間の終了は正時までとする。

5 会議室の利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午後6時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

6 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

ウ 備付物品

規則で定める額

(2) 浜松球場

ア 施設

利用時間区分

利用区分

午前

午後

夜間

午前8時30分から午前12時まで

午後1時から午後5時まで

午後6時から午後9時まで

全部利用

入場料を徴収する場合

職業野球

173,000

207,560

265,260

一般

20,720

28,800

34,560

小中高生

17,280

23,040

28,800

入場料を徴収しない場合

職業野球

17,280

23,040

28,800

一般

8,580

11,520

14,340

小中高生

6,890

8,020

9,200

一部利用

一般

5,760

6,890

8,020

小中高生

3,960

5,090

6,270

場内放送室 1日につき

1,130円

審判控室 1日につき

460円

屋内練習場 1箇所1時間につき

250円

報道用放送室 1室1日につき

1,640円

備考

1 一部利用とは、グラウンド、ダッグアウト及び更衣室の利用をいう。

2 全部利用する者及び一部利用する者が午前から午後まで、午後から夜間まで又は午前から夜間までの利用時間区分を連続して利用する場合の利用料金は、それぞれこの表に定める利用料金の合計額とする。

3 全部利用する場合の利用料金には、場内放送室、審判控室及び屋内練習場並びに会議室の利用料金を含む。

4 全部利用する者及び一部利用する者が利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、1時間につき、夜間の1時間当たりの利用料金に相当する額とする。

5 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 会議室

利用時間区分

午前9時から午後6時まで 1時間につき

午後6時から午後9時まで 1時間につき

金額

500円

790円

備考

1 利用時間の開始は正時からとし、利用時間の終了は正時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午後6時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

ウ 照明設備

利用区分

金額

職業野球で利用する場合

30分につき(15分未満の端数は切り捨て、15分以上は30分とする。)

74,950

職業野球以外で利用する場合

全灯

10,460

2分の1灯

5,210

4分の1灯

2,590

エ 附帯設備

規則で定める額

(3) 第2野球場

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで) 2時間につき

一般 1面につき

1,740円

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

870円

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで若しくは午後3時から午後5時まで又は午後5時から午後7時まで(5月1日から8月31日までの間に限る。)とする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後5時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

4 遠州灘海浜公園

(1) 球技場

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで) 2時間につき

一般 1面につき

1,740円

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

870円

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで若しくは午後3時から午後5時まで又は午後5時から午後7時まで(5月1日から8月31日までの間に限る。)とする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後5時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

(2) 古橋廣之進記念浜松市総合水泳場

ア プール等

(ア) 一般利用

利用区分

金額

プール

夏期

大人

1人1回につき3時間まで

770

1人3時間を超える1時間につき

410

小中高生

1人1回につき3時間まで

380

1人3時間を超える1時間につき

200

70歳以上

1人1回につき3時間まで

380

1人3時間を超える1時間につき

200

その他

大人

1人1回につき

770

小中高生

380

70歳以上

380

ジム・スタジオ

夏期

大人

1人1回につき3時間まで

770

1人3時間を超える1時間につき

410

中高生

1人1回につき3時間まで

380

1人3時間を超える1時間につき

200

70歳以上

1人1回につき3時間まで

380

1人3時間を超える1時間につき

200

その他

大人

1人1回につき

770

中高生

380

70歳以上

380

備考

1 大人とは、15歳以上70歳未満の者(中高生を除く。)をいう。

2 夏期とは、7月1日から8月31日までの期間をいう。

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

(イ) 専用利用等

利用区分

金額

専用利用

メインプール

入場料を徴収する場合

一般

1時間につき

162,000

高等学校の生徒以下

81,000

入場料を徴収しない場合

一般

16,200

高等学校の生徒以下

8,120

サブプール

入場料を徴収する場合

一般

135,000

高等学校の生徒以下

67,520

入場料を徴収しない場合

一般

13,520

高等学校の生徒以下

6,780

飛び込みプール

入場料を徴収する場合

一般

81,000

高等学校の生徒以下

40,520

入場料を徴収しない場合

一般

8,120

高等学校の生徒以下

4,060

メインプール

2コース1時間につき

3,240

サブプール

2,720

水泳用回流水槽

最初の1時間まで

10,800

1時間を超える部分につき1時間までごとに

3,240

スタジオ

平日1時間につき

2,160

日曜日、土曜日及び休日1時間につき

3,240

練習利用

飛び込みプール

10人まで

1人1時間につき

110

10人を超える部分につき10人までごとに

1時間につき

110

備考

1 高等学校の生徒以下とは、小学校就学前の者及び小中高生をいう。

2 利用時間の開始は正時からとし、利用時間の終了は日曜日に午後7時30分まで利用する場合を除き正時までとする。

3 日曜日における午後7時から午後7時30分までの利用料金は、1時間当たりの利用料金の5割に相当する額とする。

4 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 大会総務室等

利用区分

金額

大会総務室

2時間につき

2,160

審判委員室

2,160

第1記録室

1,080

第2記録室

1,080

第1報道室

1,080

第2報道室

1,080

第1役員控室

1,080

第2役員控室

1,080

備考

1 利用時間の開始は正時からとし、利用時間の終了は日曜日に午後7時30分まで利用する場合を除き正時までとする。

2 日曜日における午後7時から午後7時30分までの利用料金は、2時間当たりの利用料金の4分の1に相当する額とする。

3 冷暖房装置を利用する場合の利用料金は、所定の利用料金の1.5倍に相当する額とする。

4 利用時間を30分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、2時間につき、所定の利用料金(備考の3に規定する利用にあっては、当該規定により算出した額とする。)に相当する額とする。

5 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

ウ 附帯設備

規則で定める額

(3) 江之島アーチェリー場

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後5時まで

午後5時から午後9時まで

専用利用

一般

4,110

5,140

小中高生

2,050

2,570

個人利用 1人1回につき

大人

200

300

小中高生

100

150

70歳以上

100

150

備考

1 大人とは、15歳以上70歳未満の者(中高生を除く。)をいう。

2 所定の利用時間外に利用する場合の利用料金は、1時間につき、午後5時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金に相当する額とする。

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

(4) 江之島ビーチコート

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後5時まで 2時間につき

全面

一般

2,160

小中高生

1,080

半面

一般

1,080

小中高生

540

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで又は午後3時から午後5時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後5時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

5 船越公園

野球場

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで) 2時間につき

一般 1面につき

1,740円

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

870円

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで若しくは午後3時から午後5時まで又は午後5時から午後7時まで(5月1日から8月31日までの間に限る。)とする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後5時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

6 安間川公園

(1) 野球場

ア 施設

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後9時まで 2時間につき

一般 1面につき

1,740円

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

870円

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで、午後3時から午後5時まで、午後5時から午後7時まで又は午後7時から午後9時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 照明灯

30分につき(15分未満の端数は切り捨て、15分以上は30分とする。) 2,000円

(2) 庭球場

ア 施設

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後9時まで 2時間につき

一般 1面につき

1,020円

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

510円

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで、午後3時から午後5時まで、午後5時から午後7時まで又は午後7時から午後9時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 照明灯

1面30分につき 100円

7 舘山寺総合公園

(1) 動物園

区分

金額

個人

1人1回につき

410円

団体

一般

30人以上

個人に係る所定の使用料の9割に相当する額

100人以上

個人に係る所定の使用料の8割に相当する額

300人以上

個人に係る所定の使用料の7割に相当する額

高等学校の生徒(これに準じる者を含む。)

30人以上

個人に係る所定の使用料の5割に相当する額

備考

1 個人とは、満15歳以上の者であって、中学校の生徒(これに準じる者を含む。)以外のものをいう。

2 共通入場券の額のうち動物園の利用に係るものは、250円とする。

3 高等学校の生徒(これに準じる者を含む。)の団体の使用料は、教職員が引率する団体に限り適用する。

(2) フラワーパーク

区分

金額

入場料

大人

1人1回につき

1,020円

小学校の児童及び中学校の生徒

510円

観覧車利用料

満3歳以上の者

200円

園内観覧乗物利用料

大人

1人1回につき100円又は1人1日につき300円

小人

1人1回につき50円又は1人1日につき150円

備考

1 大人とは、満15歳以上の者であって、中学校の生徒(これに準じる者を含む。)以外のものをいう。

2 小人とは、満3歳以上の者であって、大人以外のものをいう。

3 入場料に係る定期利用券の額は、大人にあっては年額2,770円、小学校の児童及び中学校の生徒にあっては年額1,230円とする。

4 共通入場券の額のうちフラワーパークの入場料に係るものは、920円とする。

(3) 駐車場

普通自動車等 1回につき 510円

備考 普通自動車等とは、道路交通法(昭和35年法律第105号)第3条に規定する普通自動車及び準中型自動車(車両総重量が5,000キログラム未満で、かつ、最大積載量が3,000キログラム未満のものに限る。)をいう。

(4) 備付物品

規則で定める額

8 佐鳴湖公園

そう艇場

(1) 艇庫

利用区分

金額

(附属するオールを含む。)

一般

1艇1月につき

3,750

小中高生

1,640

オール

一般

1本1月につき

250

小中高生

150

備考

1 利用期間が1月未満であるとき又はその期間に1月未満の端数があるときは、1月として計算するものとする。

2 シングルクラスの艇の利用料金は、所定の利用料金の5割に相当する額とする。

(2) 艇

利用区分

金額

一般

1艇1時間につき

250円

小中高生

150円

(3) 会議室

利用時間区分

午前8時30分から午前9時まで

午前9時から午後5時まで 1時間につき

金額

50円

110円

備考

1 利用時間の開始は午前8時30分から利用する場合を除き正時からとし、利用時間の終了は正時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後5時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

(4) シャワー室 1回につき 100円

9 可美公園

(1) 総合センター

ア ホール

利用時間区分

利用区分

午前

午後

夜間

午前9時から午前12時まで

午後1時から午後5時まで

午後6時から午後9時30分まで

入場料を徴収する場合

一般

10,220

13,060

17,280

小学校の児童及び中学校の生徒

5,110

6,530

8,640

入場料を徴収しない場合

一般

5,110

6,530

8,640

小学校の児童及び中学校の生徒

2,550

3,260

4,320

備考

1 午前から午後まで、午後から夜間まで又は午前から夜間までの利用時間区分を連続して利用する場合の利用料金は、それぞれこの表に定める利用料金の合計額とする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、1時間につき、夜間の1時間当たりの利用料金に相当する額とする。

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 体育館等

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後6時まで1時間につき

午後6時から午後9時まで1時間につき

午後9時から午後9時30分まで

体育館専用利用

全面

入場料を徴収する場合

一般

3,440

5,520

2,760

小学校の児童及び中学校の生徒

1,720

2,760

1,380

入場料を徴収しない場合

一般

1,720

2,760

1,380

小学校の児童及び中学校の生徒

860

1,380

690

半面

入場料を徴収する場合

一般

1,720

2,760

1,380

小学校の児童及び中学校の生徒

860

1,380

690

入場料を徴収しない場合

一般

860

1,380

690

小学校の児童及び中学校の生徒

430

690

340

会議室

420

640

320

第1研修室

570

820

410

第2研修室

450

670

330

第3研修室

450

670

330

第1和室

360

580

290

第2和室

360

580

290

視聴覚室

420

640

320

軽運動室専用利用

620

880

440

体育指導室

420

640

320

控室

420

640

320

体育館個人利用

バドミントン1コート1回につき

1,230円

軽運動室個人利用

大人

卓球1人1回につき

150円

小中高生

70円

70歳以上

70円

備考

1 大人とは、15歳以上70歳未満の者(中高生を除く。)をいう。

2 個人利用の場合を除き、利用時間の開始は正時からとし、利用時間の終了は午後9時30分まで利用する場合を除き正時までとする。

3 個人利用の場合を除き、利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午後6時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

4 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

ウ 冷暖房装置等

利用区分

金額

冷暖房装置

ホール

1時間につき(15分未満の端数は切り捨て、15分以上は1時間とする。)

830

会議室

200

第1研修室

280

第2研修室

220

第3研修室

220

第1和室

170

第2和室

170

視聴覚室

200

軽運動室

300

体育指導室

200

控室

200

照明設備(午前9時から午後6時までの間に利用する場合に限る。)

ホール

830

体育館

全面

1,100

半面

550

エ 附帯設備

規則で定める額

(2) 野球場

ア 施設

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後9時まで 2時間につき

一般 1面につき

1,740円

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

870円

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで、午後3時から午後5時まで、午後5時から午後7時まで又は午後7時から午後9時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 照明灯

1面30分につき 1,440円

ウ 附帯設備

規則で定める額

(3) 庭球場

ア 施設

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後9時まで 2時間につき

一般 1面につき

1,080円

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

540円

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで、午後3時から午後5時まで、午後5時から午後7時まで又は午後7時から午後9時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 照明灯

1面30分につき 100円

ウ 附帯設備

規則で定める額

(4) 球技場

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで) 2時間につき

一般 1面につき

1,740円

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

870円

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで若しくは午後3時から午後5時まで又は午後5時から午後7時まで(5月1日から8月31日までの間に限る。)とする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後5時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

(5) 水泳場

ア 施設

(ア) 一般利用

利用区分

金額

個人

大人

1人1回につき

410

小中高生

200

70歳以上

200

団体

20人以上

個人に係る所定の利用料金の8割に相当する額

備考 大人とは、15歳以上70歳未満の者(中高生を除く。)をいう。

(イ) 専用利用

利用時間区分

利用区分

午前10時から午後8時まで(7月1日から8月31日までは、午前9時から午後8時まで) 1時間につき

午後8時から午後8時30分まで

25mプール 1コースにつき

1,230円

610円

備考

1 利用時間の開始は正時からとし、利用時間の終了は午後8時30分まで利用する場合を除き正時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前10時から午後8時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 附帯設備

規則で定める額

(6) 弓道場

ア 施設

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後6時まで 1時間につき

午後6時から午後9時まで 1時間につき

専用利用

全面

近的

6人立

470

640

10人立

800

1,070

遠的

6人立

570

810

半面

近的

6人立

230

320

10人立

400

530

遠的

6人立

280

400

個人利用 1人1回につき

大人

200円

小中高生

100円

70歳以上

100円

備考

1 大人とは、15歳以上70歳未満の者(中高生を除く。)をいう。

2 個人利用の場合を除き、利用時間の開始は正時からとし、利用時間の終了は正時までとする。

3 個人利用の場合を除き、利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午後6時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

4 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 附帯設備

規則で定める額

10 花川運動公園

(1) 庭球場

ア 施設

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後9時まで 2時間につき

入場料を徴収する場合

一般 1面につき

3,390

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

1,690

入場料を徴収しない場合

一般 1面につき

1,130

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

560

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで、午後3時から午後5時まで、午後5時から午後7時まで又は午後7時から午後9時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 照明灯

1面30分につき 100円

(2) 会議室

ア 施設

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後6時まで 1時間につき

午後6時から午後9時まで 1時間につき

第1会議室

270

440

第2会議室

270

440

小会議室

130

230

備考

1 利用時間の開始は正時からとし、利用時間の終了は正時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午後6時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 冷暖房装置

利用区分

金額

第1会議室

1時間につき(15分未満の端数は切り捨て、15分以上は1時間とする。)

170

第2会議室

170

小会議室

90

ウ 附帯設備

規則で定める額

(3) 競技管理室

ア 施設

利用時間区分

午前9時から午後6時まで 1時間につき

午後6時から午後9時まで 1時間につき

金額

210円

330円

備考

1 利用時間の開始は正時からとし、利用時間の終了は正時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午後6時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 冷暖房装置

1時間につき(15分未満の端数は切り捨て、15分以上は1時間とする。) 90円

ウ 附帯設備

規則で定める額

11 有玉緑地

照明灯 30分につき 460円

12 ゆたか緑地

(1) 庭球場

ア 施設

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後9時まで 2時間につき

一般 1面につき

1,020円

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

510円

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで、午後3時から午後5時まで、午後5時から午後7時まで又は午後7時から午後9時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 照明灯

1面30分につき 100円

(2) 照明灯(ソフトボール場)

30分につき 460円

(3) 集会所

ア 施設

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後6時まで 1時間につき

午後6時から午後9時まで 1時間につき

広間

290

580

第1会議室

150

260

第2会議室

150

260

和室

150

260

備考

1 利用時間の開始は正時からとし、利用時間の終了は正時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午後6時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 冷暖房装置

利用区分

金額

広間

1時間につき(15分未満の端数は切り捨て、15分以上は1時間とする。)

360

第1会議室

250

第2会議室

250

和室

250

ウ 附帯設備

規則で定める額

13 高丘公園

(1) 野球場兼球技場

ア 施設

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで) 2時間につき

一般 1面につき

1,740円

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

870円

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで若しくは午後3時から午後5時まで又は午後5時から午後7時まで(5月1日から8月31日までの間に限る。)とする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後5時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 附帯設備

規則で定める額

(2) 庭球場

ア 施設

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで) 2時間につき

一般 1面につき

1,130円

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

560円

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで若しくは午後3時から午後5時まで又は午後5時から午後7時まで(5月1日から8月31日までの間に限る。)とする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後5時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 附帯設備

規則で定める額

14 明神池運動公園

(1) 野球場

ア 施設

利用時間区分

利用区分

午前

午後

午前8時30分から午前12時まで

午後1時から午後5時まで

全部利用

入場料を徴収する場合

10,480

11,530

入場料を徴収しない場合

4,190

4,720

一部利用

2,310

3,140

場内放送室 1日につき

1,040円

備考

1 一部利用とは、グラウンド、ダッグアウト及び更衣室の利用をいう。

2 全部利用する者及び一部利用する者が午前から午後までの利用時間区分を連続して利用する場合の利用料金は、それぞれこの表に定める利用料金の合計額とする。

3 全部利用する場合の利用料金には、場内放送室及び附帯設備の利用料金を含む。

4 全部利用する者及び一部利用する者が利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、1時間につき、午後の1時間当たりの利用料金に相当する額とする。

5 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 会議室

利用時間区分

午前9時から午後9時まで 1時間につき

金額

160円

備考

1 利用時間の開始は正時からとし、利用時間の終了は正時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

ウ 附帯設備

規則で定める額

(2) 庭球場

ア 施設

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後9時まで 2時間につき

一般 1面につき

630円

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

310円

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで、午後3時から午後5時まで、午後5時から午後7時まで又は午後7時から午後9時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後5時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 本部室

利用時間区分

午前9時から午後6時まで 1時間につき

午後6時から午後9時まで 1時間につき

金額

140円

170円

備考

1 利用時間の開始は正時からとし、利用時間の終了は正時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午後6時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

ウ 照明灯

1面30分につき 100円

エ 附帯設備

規則で定める額

15 美薗中央公園

庭球場

(1) 施設

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで) 2時間につき

一般 1面につき

630円

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

310円

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで若しくは午後3時から午後5時まで又は午後5時から午後7時まで(5月1日から8月31日までの間に限る。)とする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後5時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

(2) 附帯設備

規則で定める額

16 梔池緑地

照明灯

利用区分

金額

照明灯の全部を利用する場合

最初の1時間まで

8,390

1時間を超える部分につき1時間までごとに

3,140

照明灯の3分の2を利用する場合

最初の1時間まで

7,340

1時間を超える部分につき1時間までごとに

2,090

照明灯の2分の1を利用する場合

最初の1時間まで

6,820

1時間を超える部分につき1時間までごとに

1,560

17 船明ダム運動公園

野球場

(1) 施設

利用時間区分

利用区分

午前

午後

午前8時30分から午前12時まで

午後1時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで)

全部利用

入場料を徴収する場合

職業野球

21,440

29,410

一般

13,600

16,820

小中高生

8,490

11,320

入場料を徴収しない場合

職業野球

9,440

12,960

一般

5,660

7,010

小中高生

2,820

3,770

一部利用

一般

3,770

4,850

小中高生

1,880

2,690

備考

1 一部利用とは、グラウンド及びダッグアウトの利用をいう。

2 午前から午後までの利用時間区分を連続して利用する場合の利用料金は、それぞれこの表に定める利用料金の合計額とする。

3 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、1時間につき、午後の利用料金を4で除して得た額に相当する額とする。

4 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

(2) 冷暖房装置

1室1時間につき(15分未満の端数は切り捨て、15分以上は1時間とする。) 150円

18 雄踏総合公園

(1) ソフトボール場

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで) 2時間につき

一般 1面につき

510円

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

250円

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで若しくは午後3時から午後5時まで又は午後5時から午後7時まで(5月1日から8月31日までの間に限る。)とする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後5時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

(2) 多目的スポーツ広場

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで) 2時間につき

全面

一般

1,530

小学校の児童及び中学校の生徒

760

半面

一般

760

小学校の児童及び中学校の生徒

380

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで若しくは午後3時から午後5時まで又は午後5時から午後7時まで(5月1日から8月31日までの間に限る。)とする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後5時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

(3) 球技場

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで) 2時間につき

一般 1面につき

1,740円

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

870円

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで若しくは午後3時から午後5時まで又は午後5時から午後7時まで(5月1日から8月31日までの間に限る。)とする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後5時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

(4) 水泳場

ア 施設

利用区分

金額

大人

1人1回につき

300

小中高生

150

70歳以上

150

備考 大人とは、15歳以上70歳未満の者(中高生を除く。)をいう。

イ 附帯設備

規則で定める額

(5) 庭球場

ア コート

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後9時まで 2時間につき

入場料を徴収する場合

アマチュアスポーツに利用する場合

一般 1面につき

2,160

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

1,080

その他に利用する場合

一般 1面につき

10,800

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

5,400

入場料を徴収しない場合

一般 1面につき

1,080

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

540

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで、午後3時から午後5時まで、午後5時から午後7時まで又は午後7時から午後9時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 会議室(クラブハウス)

利用時間区分

午前9時から午後9時まで 1時間につき

金額

300円

備考

1 利用時間の開始は正時からとし、利用時間の終了は正時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

ウ 照明灯

利用区分

金額

入場料を徴収する場合

アマチュアスポーツに利用する場合

一般

1面1時間につき(15分未満の端数は切り捨て、15分以上は1時間とする。)

410

小学校の児童及び中学校の生徒

200

その他に利用する場合

一般

2,050

小学校の児童及び中学校の生徒

1,020

入場料を徴収しない場合

一般

200

小学校の児童及び中学校の生徒

100

エ 附帯設備

規則で定める額

(6) ゲートボール場

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後5時まで(5月1日から8月31日までは、午後7時まで) 1時間につき

一般 1面につき

300円

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

150円

備考

1 利用時間の開始は正時からとし、利用時間の終了は正時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後5時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

(7) 駐車場((1)から(6)までの都市公園施設を利用する者が利用する場合を除く。)

1回につき 300円

19 引佐総合公園

(1) 庭球場

ア 施設

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後9時まで 2時間につき

一般 1面につき

1,130円

小学校の児童及び中学校の生徒 1面につき

560円

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで、午後3時から午後5時まで、午後5時から午後7時まで又は午後7時から午後9時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 照明灯

1面30分につき 100円

ウ 附帯設備

規則で定める額

(2) 多目的スポーツ広場

ア 施設

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後9時まで 2時間につき

全面

一般

1,740

小学校の児童及び中学校の生徒

870

半面

一般

870

小学校の児童及び中学校の生徒

430

備考

1 利用時間は、午前9時から午前11時まで、午前11時から午後1時まで、午後1時から午後3時まで、午後3時から午後5時まで、午後5時から午後7時まで又は午後7時から午後9時までとする。

2 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る利用料金は、次のとおりとする。

(1) 所定の利用時間内に利用する場合は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の利用料金に相当する額

(2) 所定の利用時間外に利用する場合は、1時間につき、午前9時から午後9時までの間の1時間当たりの利用料金の1.5倍に相当する額

3 利用料金を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

イ 照明灯

利用区分

金額

全面

30分につき

1,020円

半面

510円

ウ 附帯設備

規則で定める額

別表第4(第25条関係)

(平20条例57・全改、平21条例41・平23条例54・平24条例58・平24条例71・平25条例42・平29条例42・平30条例43・平31条例17・一部改正)

1 都市公園(無料)

都市公園名

業務

遠州灘海浜公園(中田島中地区)

(1) 第3条第1項及び第3項並びに第7条の2の許可に関する業務

(2) 都市公園の維持管理に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、都市公園の管理に関して市長が必要があると認める業務

天竜川運動公園

御馬ヶ池緑地

天竜川大平運動公園

都田総合公園

2 都市公園(無料)

都市公園名

業務

遠州灘海浜公園(江之島地区(江之島アーチェリー場及び江之島ビーチコートを除く。))

(1) 第3条第1項及び第3項の許可に関する業務

(2) 都市公園の維持管理に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、都市公園の管理に関して市長が必要があると認める業務

相生公園

万葉の森公園

三方原墓園

中瀬南部緑地

3 都市公園(利用料金)

都市公園名

業務

浜松城公園

(1) 第3条第1項及び第3項並びに第7条の2の許可に関する業務

(2) 都市公園の維持管理に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、都市公園の管理に関して市長が必要があると認める業務

和地山公園

遠州灘海浜公園(白羽地区)

船越公園

安間川公園

佐鳴湖公園

ゆたか緑地

高丘公園

明神池運動公園

美薗中央公園

梔池緑地

引佐総合公園

4 都市公園(使用料及び利用料金)

都市公園名

業務

舘山寺総合公園

(1) 第3条第1項及び第3項並びに第7条の2の許可に関する業務

(2) 都市公園の維持管理に関する業務(市長が定める業務を除く。)

(3) 前2号に掲げるもののほか、都市公園の管理に関して市長が必要があると認める業務

雄踏総合公園

5 都市公園施設(無料)

都市公園施設名

業務

飯田公園

緑化推進センター

(1) 第3条第1項及び第3項の許可に関する業務

(2) 都市公園施設の施設及び設備の維持管理に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、都市公園施設の管理に関して市長が必要があると認める業務

6 都市公園施設(利用料金)

都市公園施設名

業務

四ツ池公園

陸上競技場

浜松球場

第2野球場

自由広場

(1) 第3条第1項及び第3項並びに第7条の2の許可に関する業務

(2) 都市公園施設の施設及び設備の維持管理に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、都市公園施設の管理に関して市長が必要があると認める業務

遠州灘海浜公園

古橋廣之進記念浜松市総合水泳場

江之島アーチェリー場

江之島ビーチコート

可美公園

総合センター

野球場

庭球場

球技場

水泳場

弓道場

多目的広場

花川運動公園

庭球場

会議室

競技管理室

ゲートボール場

自由広場

船明ダム運動公園

野球場

運動広場

別表第5(第25条関係)

(平17条例309・追加、平18条例56・平20条例57・平21条例41・平24条例58・平30条例43・一部改正)

第1欄

第2欄

第3欄

第4欄

別表第4の1の都市公園

第3条第1項

市長の

指定管理者の

第3条第2項から第5項まで及び第6条

市長

指定管理者

第7条

市長が特に

指定管理者は、

臨時

市長の承認を得て臨時

第7条の2及び第7条の3

市長

指定管理者

第12条の2

市長

市長(第3条第1項若しくは第3項又は第7条の2の許可に係る権利を承継しようとする者にあっては、指定管理者)

第13条第1項

市長

市長(第3条第1項若しくは第3項又は第7条の2の許可の取消し、その効力の停止又はその条件の変更にあっては、指定管理者)

別表第4の2の都市公園(相生公園及び万葉の森公園を除く。)

第3条第1項

市長の

指定管理者の

第3条第2項から第5項まで及び第6条

市長

指定管理者

第12条の2

市長

市長(第3条第1項又は第3項の許可に係る権利を承継しようとする者にあっては、指定管理者)

第13条第1項

市長

市長(第3条第1項又は第3項の許可の取消し、その効力の停止又はその条件の変更にあっては、指定管理者)

別表第4の2の都市公園(相生公園及び万葉の森公園に限る。)及び同表の5の都市公園施設

第3条第1項

市長の

指定管理者の

第3条第2項から第5項まで及び第6条

市長

指定管理者

第7条第2項

市長が特に

指定管理者は、

臨時

市長の承認を得て臨時

第12条の2

市長

市長(第3条第1項又は第3項の許可に係る権利を承継しようとする者にあっては、指定管理者)

第13条第1項

市長

市長(第3条第1項又は第3項の許可の取消し、その効力の停止又はその条件の変更にあっては、指定管理者)

別表第4の3の都市公園及び同表の6の都市公園施設

第3条第1項

市長の

指定管理者の

第3条第2項から第5項まで及び第6条

市長

指定管理者

第7条

市長が特に

指定管理者は、

臨時

市長の承認を得て臨時

第7条の2及び第7条の3

市長

指定管理者

第10条第2項

許可

許可(別表第4の3の都市公園及び同表の6の都市公園施設に係るものを除く。)

第12条の2

市長

市長(第3条第1項若しくは第3項又は第7条の2の許可に係る権利を承継しようとする者にあっては、指定管理者)

第13条第1項

市長

市長(第3条第1項若しくは第3項又は第7条の2の許可の取消し、その効力の停止又はその条件の変更にあっては、指定管理者)

別表第4の4の都市公園

第3条第1項

市長の

指定管理者の

第3条第2項から第5項まで及び第6条

市長

指定管理者

第7条

市長が特に

指定管理者は、

臨時

市長の承認を得て臨時

第7条の2及び第7条の3

市長

指定管理者

第10条第2項

許可を

許可(別表第4の4の都市公園に係るものを除く。)

有料公園施設

動物園及び雄踏総合公園駐車場

第12条の2

市長

市長(第3条第1項若しくは第3項又は第7条の2の許可に係る権利を承継しようとする者にあっては、指定管理者)

第13条第1項

市長

市長(第3条第1項若しくは第3項又は第7条の2の許可の取消し、その効力の停止又はその条件の変更にあっては、指定管理者)

別表第6(第29条関係)

(平17条例309・追加、平19条例3・平20条例57・一部改正)

都市公園施設の名称

施設区分

四ツ池公園

陸上競技場

競技場 トレーニング室

遠州灘海浜公園

古橋廣之進記念浜松市総合水泳場

プール ジム・スタジオ

可美公園

総合センター

軽運動室

水泳場

 

弓道場

 

雄踏総合公園

水泳場

 

浜松市都市公園条例

昭和37年3月31日 条例第12号

(令和元年7月1日施行)

体系情報
第11類 都市計画/第4章 公園等
沿革情報
昭和37年3月31日 条例第12号
昭和37年9月29日 条例第24号
昭和38年3月25日 条例第17号
昭和40年3月30日 条例第7号
昭和40年3月30日 条例第12号
昭和42年3月25日 条例第9号
昭和43年3月30日 条例第23号
昭和44年10月1日 条例第28号
昭和45年3月30日 条例第20号
昭和46年3月30日 条例第29号
昭和46年12月10日 条例第65号
昭和47年3月30日 条例第22号
昭和47年6月1日 条例第38号
昭和48年3月30日 条例第21号
昭和48年5月30日 条例第35号
昭和50年3月28日 条例第15号
昭和50年5月30日 条例第35号
昭和51年3月29日 条例第24号
昭和51年5月29日 条例第40号
昭和52年3月30日 条例第23号
昭和53年3月13日 条例第6号
昭和54年3月30日 条例第23号
昭和56年3月31日 条例第17号
昭和57年3月31日 条例第26号
昭和58年3月31日 条例第20号
昭和60年3月30日 条例第32号
昭和61年3月31日 条例第20号
昭和62年3月31日 条例第15号
昭和63年3月31日 条例第34号
平成元年3月31日 条例第45号
平成2年3月30日 条例第11号
平成3年3月30日 条例第12号
平成3年4月5日 条例第27号
平成4年3月31日 条例第38号
平成6年12月22日 条例第48号
平成7年3月31日 条例第22号
平成8年3月29日 条例第28号
平成8年12月19日 条例第66号
平成9年3月28日 条例第35号
平成10年3月26日 条例第18号
平成11年3月23日 条例第18号
平成12年3月24日 条例第29号
平成13年3月26日 条例第24号
平成14年3月26日 条例第24号
平成14年12月17日 条例第87号
平成15年3月4日 条例第2号
平成15年3月25日 条例第24号
平成15年5月30日 条例第51号
平成15年12月16日 条例第67号
平成16年12月17日 条例第53号
平成17年6月1日 条例第309号
平成18年3月24日 条例第30号
平成18年6月30日 条例第56号
平成18年12月15日 条例第136号
平成19年2月26日 条例第3号
平成19年6月29日 条例第76号
平成20年3月21日 条例第19号
平成20年9月30日 条例第57号
平成20年12月11日 条例第80号
平成21年6月17日 条例第41号
平成22年2月25日 条例第5号
平成23年3月15日 条例第21号
平成23年9月29日 条例第54号
平成24年6月15日 条例第49号
平成24年9月25日 条例第58号
平成24年12月14日 条例第71号
平成25年3月22日 条例第26号
平成25年6月14日 条例第37号
平成25年6月14日 条例第42号
平成25年9月26日 条例第54号
平成26年2月25日 条例第11号
平成26年2月25日 条例第12号
平成26年3月24日 条例第33号
平成27年6月19日 条例第59号
平成27年10月15日 条例第71号
平成28年3月24日 条例第35号
平成28年10月11日 条例第65号
平成28年12月13日 条例第71号
平成29年6月14日 条例第42号
平成30年3月23日 条例第21号
平成30年6月22日 条例第43号
平成31年3月15日 条例第17号
平成31年3月15日 条例第22号
令和元年6月21日 条例第16号