○浜松市博物館条例

昭和54年3月30日

浜松市条例第34号

〔注〕平成17年6月から改正経過を注記した。

(趣旨)

第1条 この条例は、教育、学術及び文化の発展に寄与するため設置する博物館について必要な事項を定める。

(令5条例20・一部改正)

(名称及び位置)

第2条 博物館は、浜松市博物館(以下「博物館」という。)といい、浜松市中央区蜆塚四丁目22番1号に置く。

2 博物館に分館を置き、その名称及び位置は、別表第1のとおりとする。

(平17条例321・平18条例118・令5条例9・一部改正)

(事業)

第3条 博物館は、次に掲げる事業を行う。

(1) 考古、歴史、民俗、自然等に関する博物館資料を収集し、保管し、及び展示すること。

(2) 博物館資料に関する電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られた記録をいう。)を作成し、公開すること。

(3) 博物館資料の利用に関し、必要な説明、助言、指導等を行うこと。

(4) 博物館資料に関する専門的及び技術的な調査研究を行うこと。

(5) 博物館資料の保管及び展示等に関する技術的研究を行うこと。

(6) 博物館資料に関する案内書、解説書、調査研究の報告書等を作成し、及び頒布すること。

(7) 博物館資料に関する講演会、講習会、研究会等を開催すること。

(8) 学芸員その他の博物館の事業に従事する人材の養成及び研修を行うこと。

(9) 学校、図書館、公民館等と協力し、その活動を援助すること。

(10) 博物館活動等に伴う集会及び展示のために施設を提供すること。

(11) 蜆塚遺跡及び伊場遺跡の維持管理を行うこと。

(12) 前各号に定めるもののほか、教育委員会(以下「委員会」という。)が必要があると認める事業

(平17条例321・平20条例62・令5条例20・一部改正)

(開館時間)

第4条 博物館の開館時間は、別表第2のとおりとする。ただし、委員会が必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(平17条例321・一部改正)

(休館日等)

第5条 博物館の休館日は、別表第2のとおりとする。ただし、委員会が特に必要があると認めるときは、臨時に休館し、開館し、又は休館日を変更することができる。

(平17条例321・一部改正)

(入館の制限)

第6条 委員会は、次の各号のいずれかに該当する者がある場合は、入館を拒み、又は退館を命じることができる。

(1) 施設、設備、展示品等を損傷した者又はそのおそれがある者

(2) 他人に危害を及ぼし、若しくは他人の迷惑になるおそれのある物品又は動物類を携帯する者

(3) めいていしている者

(4) 管理上必要な指示に従わない者

(平17条例321・平20条例62・一部改正)

(観覧料)

第7条 博物館の展示品等を観覧しようとする者は、別表第3に定める観覧料を納めなければならない。ただし、分館の展示品等の観覧については、無料とする。

2 前項に規定する観覧料は、観覧の際に納めなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、観覧後に観覧料を納付することができる。

(平17条例321・平22条例62・一部改正)

(利用許可)

第8条 博物館の施設を利用しようとする者は、教育委員会規則で定めるところにより委員会の許可を受けなければならない。

(平20条例62・一部改正)

(使用料)

第9条 博物館の施設の使用料は、別表第4のとおりとする。

2 前項に規定する使用料は、利用の許可を受けた際納付しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、利用後に使用料を納付することができる。

(平17条例321・一部改正)

(利用許可の制限)

第10条 委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、博物館の施設の利用を許可してはならない。

(1) 公の秩序又は善良の風俗を乱すおそれのあるとき。

(2) 集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認めるとき。

(3) 施設、設備、展示品等を損傷するおそれのあるとき。

(4) 前3号に定めるもののほか、管理上支障があると認めるとき。

(平20条例62・一部改正)

(観覧料及び使用料の減免)

第11条 市長は、特別の理由があると認めるときは、第7条に規定する観覧料及び第9条第1項に規定する使用料を減免することができる。

(観覧料及び使用料の不還付)

第12条 既納の観覧料及び使用料は、還付しない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(利用権の譲渡禁止)

第13条 第8条の規定による許可を受けた者(以下「利用者」という。)は、利用の権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

(利用許可の取消し等)

第14条 委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、利用の許可を取り消し、利用の条件を変更し、又は利用を停止することができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 管理上支障があるとき。

(原状回復の義務)

第15条 利用者は、博物館の利用を終了したとき又は前条の規定により利用の許可を取り消され、若しくは利用を停止されたときは、直ちにこれを原状に回復しなければならない。

(損害賠償の義務)

第16条 博物館の施設、設備、展示品等を損傷し、又は滅失した者は、その損害について委員会が定める額を賠償しなければならない。

(平20条例62・一部改正)

(指定管理者による管理)

第17条 委員会は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定に基づき、市が指定する法人その他の団体(以下「指定管理者」という。)に浜松市舞阪郷土資料館及び浜松市・市民ミュージアム浜北(以下「指定博物館」という。)の管理を行わせるものとする。

2 指定博物館の管理に関して指定管理者が行う業務は、次に掲げるとおりとする。ただし、市長又は委員会のみの権限に属する事務に係る業務については、これを除くものとする。

(1) 博物館資料の保管及び展示に関する業務

(2) 博物館資料の説明に関する業務

(3) 第3条第9号に掲げる事業に関する業務

(4) 施設及び設備の維持管理に関する業務

(5) 前各号に掲げるもののほか、委員会が必要があると認める業務

3 前項の場合において、次の表の左欄に掲げる規定中同表の中欄に掲げる字句は、それぞれ同表の右欄に掲げる字句とする。

第4条

委員会が

指定管理者は、

これ

委員会の承認を得てこれ

第5条

委員会が特に

指定管理者は、

臨時

委員会の承認を得て臨時

第6条

委員会

指定管理者

(平25条例45・追加、平30条例45・令5条例20・一部改正)

(協議会の設置)

第18条 博物館法(昭和26年法律第285号)第23条第1項の規定により、博物館に浜松市博物館協議会(以下「協議会」という。)を置く。

(平17条例321・平20条例30・平24条例8・一部改正、平25条例45・旧第17条繰下、令5条例20・一部改正)

(協議会の委員)

第19条 協議会は、委員10人以内で組織する。

2 協議会の委員(以下「委員」という。)は、学校教育及び社会教育の関係者、家庭教育の向上に資する活動を行う者並びに学識経験のある者のうちから、委員会が任命する。

3 委員の任期は、3年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(平24条例8・追加、平25条例45・旧第18条繰下、平31条例21・一部改正)

(協議会の会長)

第20条 協議会に会長を置き、委員の互選により定める。

2 会長は、協議会を代表し、会務を総理する。

3 会長に事故があるとき又は会長が欠けたときは、あらかじめ会長が指名する委員がその職務を代理する。

(平24条例8・追加、平25条例45・旧第19条繰下)

(協議会の会議)

第21条 協議会の会議は、会長が招集し、会議の議長となる。

2 協議会は、委員の過半数が出席しなければ会議を開くことができない。

3 会議の議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

4 協議会は、必要があると認めるときは、会議に関係者の出席を求め、意見を聴くことができる。

(平24条例8・追加、平25条例45・旧第20条繰下)

(委任)

第22条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行について必要な事項は、教育委員会規則で定める。

(平24条例8・旧第18条繰下、平25条例45・旧第21条繰下)

1 この条例は、昭和54年4月1日から施行する。

2 水窪町の編入の日(以下「編入日」という。)前に、公の施設の設置及び管理に関する条例(昭和50年水窪町条例第23号。以下「旧水窪町条例」という。)の規定によりされた処分、手続、その他の行為(水窪町民俗資料館に係るものに限る。)は、この条例の相当規定によりされたものとみなす。

(平17条例321・全改)

3 編入日前に旧水窪町条例による許可(水窪町民俗資料館に係るものに限る。)を受けた者の当該許可に係る使用料については、この条例の規定にかかわらず、旧水窪町条例の例による。

(平17条例321・追加)

(昭和57年3月31日浜松市条例第36号)

1 この条例は、昭和57年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に利用の許可を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

(昭和60年3月30日浜松市条例第40号)

1 この条例は、昭和60年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に利用の許可を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

(昭和63年3月31日浜松市条例第45号)

1 この条例は、昭和63年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に利用の許可を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

(平成元年3月31日浜松市条例第56号)

1 この条例は、平成元年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に利用の許可を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

(平成4年3月31日浜松市条例第46号)

1 この条例は、平成4年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に利用の許可を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

(平成8年3月29日浜松市条例第41号)

1 この条例は、平成8年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に利用の許可を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

(平成9年3月28日浜松市条例第52号)

1 この条例は、平成9年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に利用の許可を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

(平成15年3月25日浜松市条例第31号)

この条例は、平成15年4月1日から施行する。

(平成16年3月23日浜松市条例第26号)

この条例は、平成16年4月1日から施行する。

(平成17年3月24日浜松市条例第22号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

(平成17年6月1日浜松市条例第321号)

この条例は、平成17年7月1日から施行する。

(平成18年9月29日浜松市条例第72号)

この条例は、平成18年10月1日から施行する。

(平成18年12月15日浜松市条例第118号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

(平成19年6月29日浜松市条例第79号)

この条例は、平成19年7月1日から施行する。

(平成20年3月21日浜松市条例第30号抄)

1 この条例は、平成20年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に第3条から第5条まで、第7条、第9条、第10条及び第12条から第25条までの規定による改正前の(中略)、浜松市博物館条例、(中略)(以下これらを「旧条例」という。)の規定により在職する附属機関の委員は、その任期中に限り、なお従前の例により在職するものとする。

3 前項の場合においては、第3条から第5条まで、第7条、第9条、第10条及び第12条から第25条までの規定による改正後の(中略)、浜松市博物館条例、(中略)の規定は適用せず、旧条例の規定は、なおその効力を有する。

(平成20年9月30日浜松市条例第62号抄)

1 この条例は、平成21年1月21日から施行する。ただし、第39条、第42条、第49条から第52条まで、第59条、第62条、第63条、第67条、第68条、第72条及び第73条並びに附則第3項の規定は、同年4月1日から施行する。

3 第39条、第42条、第49条から第52条まで、第59条、第62条、第63条、第67条、第68条、第72条及び第73条の規定による改正後の(中略)又は浜松市博物館条例の規定は、第1項ただし書に規定する規定の施行の日以後の利用に係る利用料金又は使用料について適用する。ただし、同項ただし書に規定する規定の施行の際現に利用の許可を受けている者の当該許可に係る利用料金又は使用料については、なお従前の例による。

(平成22年12月10日浜松市条例第62号)

1 この条例は、平成23年4月1日から施行する。

2 国民の祝日における浜松市公の施設の開放に関する条例(昭和55年浜松市条例第41号)の一部を次のように改正する。

(次のよう略)

3 市制記念日及び県民の日における浜松市公の施設の開放に関する条例(平成9年浜松市条例第62号)の一部を次のように改正する。

(次のよう略)

(平成24年3月23日浜松市条例第8号抄)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

(平成24年3月23日浜松市条例第10号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

(平成25年6月14日浜松市条例第37号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(平成25年6月14日浜松市条例第45号)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

2 浜松市舞阪郷土資料館に係る改正後の第17条第1項の規定による指定及び浜松市指定管理者による公の施設の管理に関する条例(平成20年浜松市条例第61号)第2条から第8条までの規定による指定の手続その他の行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

(平成26年2月25日浜松市条例第11号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置の原則)

2 この附則に別段の定めがあるものを除き、この条例の施行の際現に公の施設の利用の許可を受けている者(現に当該許可の申請をしている者及び現に当該許可の変更の申出をしている者を含む。)の当該利用に係る使用料又は利用料金については、なお従前の例による。

(平成28年3月24日浜松市条例第24号)

この条例は、平成29年4月1日から施行する。

(平成30年6月22日浜松市条例第45号)

1 この条例は、平成31年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

2 浜松市・市民ミュージアム浜北に係る改正後の第17条第1項の規定による指定及び浜松市指定管理者による公の施設の管理に関する条例(平成20年浜松市条例第61号)第2条から第8条までの規定による指定の手続その他の行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

(平成31年3月15日浜松市条例第21号抄)

1 この条例は、平成31年4月1日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、当該各号に定める日から施行する。

(1) 

(2) 第8条、第22条、第24条、第26条、第37条及び第38条並びに附則第3項の規定 平成31年9月1日

3 第8条、第22条、第24条、第26条、第37条及び第38条の規定による改正後の浜松市社会福祉審議会条例第3条第2項、浜松市情報公開・個人情報保護委員会条例第5条、浜松市ユニバーサルデザイン条例第20条、浜松市男女共同参画推進条例第19条、浜松市博物館条例第19条第3項及び浜松市文化財保護条例第47条第1項の規定は、附則第1項第2号に掲げる規定の施行の日以後に任命され、又は委嘱される委員の任期について適用し、同日前に任命され、又は委嘱された委員の任期については、なお従前の例による。

(平成31年3月15日浜松市条例第22号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成31年10月1日から施行する。

(経過措置の原則)

2 この附則に別段の定めがあるものを除き、この条例の施行の際現に公の施設の利用の許可を受けている者(現に当該許可の申請をしている者及び現に当該許可の変更の申出をしている者を含む。)の当該利用に係る使用料及び利用料金については、なお従前の例による。

(令和5年2月22日浜松市条例第9号)

この条例は、令和6年1月1日から施行する。

(令和5年3月17日浜松市条例第20号)

この条例は、令和5年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

(平22条例62・全改、令5条例9・一部改正)

名称

位置

浜松市舞阪郷土資料館

浜松市中央区舞阪町舞阪2668番地の56

浜松市姫街道と銅鐸の歴史民俗資料館

浜松市浜名区細江町気賀1015番地の1

浜松市・市民ミュージアム浜北

浜松市浜名区貴布祢291番地の1

浜松市春野歴史民俗資料館

浜松市天竜区春野町宮川1327番地の1

浜松市水窪民俗資料館

浜松市天竜区水窪町地頭方1097番地

別表第2(第4条・第5条関係)

(平22条例62・全改、平24条例10・平25条例37・一部改正)

名称

開館時間

休館日

浜松市博物館

午前9時から午後5時まで

(1) 月曜日(休日に当たるときは、その翌日)

(2) 休日の翌日

(3) 12月29日から翌年の1月3日まで

浜松市舞阪郷土資料館

午前9時から午後6時まで(休日を除く金曜日にあっては、午前9時から午後7時まで)

(1) 月曜日(休日を除く。)

(2) 12月29日から翌年の1月3日まで

浜松市姫街道と銅鐸の歴史民俗資料館

午前9時から午後5時まで

(1) 月曜日(休日に当たるときは、その翌日)

(2) 休日の翌日

(3) 12月29日から翌年の1月3日まで

浜松市・市民ミュージアム浜北

午前9時から午後5時まで

(1) 月曜日(祝日に当たるときは、その翌日)

(2) 12月29日から翌年の1月3日まで

浜松市春野歴史民俗資料館

午前9時から午後5時30分まで

(1) 月曜日(祝日に当たるときは、その翌日)

(2) 祝日の翌日

(3) 12月29日から翌年の1月3日まで

浜松市水窪民俗資料館

午前9時から午後4時まで

(1) 月曜日(休日に当たるときは、その翌日)

(2) 休日の翌日

(3) 12月29日から翌年の1月3日まで

備考 休日とは国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日をいい、祝日とは同法に規定する国民の祝日をいう。

別表第3(第7条関係)

(平22条例62・全改、平28条例24・平31条例22・一部改正)

区分

金額

個人

常設展

小人

無料

中人

150円

大人

310円

70歳以上

無料

特別展

小人

市長が定める額

中人

市長が定める額

大人

市長が定める額

70歳以上

市長が定める額

団体

常設展

特別展

有料の観覧者20人以上1人につき

個人に係る所定の観覧料の8割に相当する額

有料の観覧者80人以上1人につき

個人に係る所定の観覧料の6割に相当する額

備考

1 小人とは、小学校の児童及び中学校の生徒並びにこれらに準じる者をいう。

2 中人とは、高等学校の生徒及びこれに準じる者をいう。

3 大人とは、15歳以上70歳未満の者であって、中学校及び高等学校の生徒並びにこれらに準じる者以外のものをいう。

4 観覧料を算定して得た額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

別表第4(第9条関係)

(平17条例321・旧別表第2繰下・一部改正、平20条例62・平26条例11・平31条例22・一部改正)

1 浜松市博物館

利用時間区分

利用区分

午前9時から午後5時まで 1時間につき

講座室

入場料(これに類するものを含み、資料代その他の実費を除く。以下同じ。)を徴収しない場合

1,110

入場料を徴収する場合

1,660

特別展示室

入場料を徴収しない場合

2,260

入場料を徴収する場合

3,390

会議室

入場料を徴収しない場合

370

入場料を徴収する場合

550

備考

1 利用時間の開始は正時からとし、利用時間の終了は正時までとする。

2 講座室を展示のために利用する場合の使用料は、所定の使用料の2倍に相当する額とする。

3 利用時間を15分以上超過し、又は繰り上げて利用する場合の当該超過又は繰上げに係る使用料は、当該超過し、又は繰り上げた時間の属する利用時間区分の使用料(備考の2に規定する利用にあっては、当該規定により算出した額とする。)に相当する額とする。

2 浜松市水窪民俗資料館 無料

浜松市博物館条例

昭和54年3月30日 条例第34号

(令和6年1月1日施行)

体系情報
第15類 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和54年3月30日 条例第34号
昭和57年3月31日 条例第36号
昭和60年3月30日 条例第40号
昭和63年3月31日 条例第45号
平成元年3月31日 条例第56号
平成4年3月31日 条例第46号
平成8年3月29日 条例第41号
平成9年3月28日 条例第52号
平成15年3月25日 条例第31号
平成16年3月23日 条例第26号
平成17年3月24日 条例第22号
平成17年6月1日 条例第321号
平成18年9月29日 条例第72号
平成18年12月15日 条例第118号
平成19年6月29日 条例第79号
平成20年3月21日 条例第30号
平成20年9月30日 条例第62号
平成22年12月10日 条例第62号
平成24年3月23日 条例第8号
平成24年3月23日 条例第10号
平成25年6月14日 条例第37号
平成25年6月14日 条例第45号
平成26年2月25日 条例第11号
平成28年3月24日 条例第24号
平成30年6月22日 条例第45号
平成31年3月15日 条例第21号
平成31年3月15日 条例第22号
令和5年2月22日 条例第9号
令和5年3月17日 条例第20号