○重要文化財中村家住宅条例

平成17年6月1日

浜松市条例第251号

(趣旨)

第1条 この条例は、歴史的遺産の保存及び活用を図り、文化に関する知識を深めるとともに、文化の向上及び発展に資するため設置する歴史的建築物について必要な事項を定める。

(名称及び位置)

第2条 歴史的建築物は、重要文化財中村家住宅(以下「中村家住宅」という。)といい、浜松市中央区雄踏町宇布見4912番地の1に置く。

(平18条例115・令5条例9・一部改正)

(事業)

第3条 中村家住宅は、次に掲げる事業を行う。

(1) 中村家住宅の公開に関すること。

(2) 中村家住宅に関する資料の収集、保管及び展示に関すること。

(3) 地域文化の振興に関する交流の場としての活用に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要があると認める事業

(平18条例115・一部改正)

(開館時間)

第4条 中村家住宅の開館時間は、午前9時30分から午後4時30分までとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(平18条例115・一部改正)

(開館日等)

第5条 中村家住宅の開館日は、次のとおりとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、臨時に開館し、休館し、又は開館日を変更することができる。

(1) 日曜日、金曜日及び土曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

2 前項の規定にかかわらず、12月28日から翌年の1月4日までの期間については、休館日とする。

(平18条例115・一部改正)

(入館の制限)

第6条 市長は、次の各号のいずれかに該当する者がある場合は、入館を拒み、又は退館を命じることができる。

(1) 施設、設備、展示品等を損傷した者又はそのおそれがある者

(2) 他人に危害を及ぼし、若しくは他人の迷惑になるおそれがある物品又は動物類を携帯する者

(3) めいていしている者

(4) 管理上必要な指示に従わない者

(平18条例115・一部改正)

(観覧料)

第7条 中村家住宅を観覧しようとする者は、観覧の際別表に定める観覧料を納めなければならない。ただし、規則で定める場合その他市長が特別の理由があると認める場合は、観覧後に観覧料を納付することができる。

(平18条例115・一部改正)

(観覧料の減免)

第8条 市長は、規則で定める場合その他特別の理由があると認める場合は、前条に規定する観覧料を減免することができる。

(平18条例115・一部改正)

(観覧料の不還付)

第9条 既納の観覧料は、還付しない。ただし、市長は、規則で定める場合その他特別の理由があると認める場合は、その全部又は一部を還付することができる。

(平18条例115・一部改正)

(損害賠償の義務)

第10条 中村家住宅の施設、設備、展示品等を損傷し、又は滅失した者は、その損害について市長が定める額を賠償しなければならない。

(平18条例115・一部改正)

(委任)

第11条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

(平18条例115・一部改正)

この条例は、平成17年7月1日から施行する。

(平成18年12月15日浜松市条例第115号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日前に第1条から第12条まで、第14条から第18条まで及び第20条の規定による改正前の(中略)重要文化財中村家住宅条例(以下これらを「旧条例」という。)の規定により教育委員会がした許可その他の行為は、それぞれ第1条から第12条まで、第14条から第18条まで及び第20条の規定による改正後の(中略)重要文化財中村家住宅条例(以下これらを「新条例」という。)の相当規定により市長がした許可その他の行為とみなす。

3 この条例の施行の際現に旧条例の規定により教育委員会に対してされている申請その他の行為は、それぞれ新条例の相当規定により市長に対してされた申請その他の行為とみなす。

(平成20年3月21日浜松市条例第7号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

(平成28年3月24日浜松市条例第24号)

この条例は、平成29年4月1日から施行する。

(令和5年2月22日浜松市条例第9号)

この条例は、令和6年1月1日から施行する。

別表(第7条関係)

(平20条例7・全改、平28条例24・一部改正)

利用区分

金額

個人

小人

無料

中人

100円

大人

200円

70歳以上

無料

団体

有料の観覧者20人以上1人につき

中人

80円

大人

160円

有料の観覧者80人以上1人につき

中人

60円

大人

120円

備考

1 小人とは、小学校の児童及び中学校の生徒並びにこれらに準じる者をいう。

2 中人とは、高等学校の生徒及びこれに準じる者をいう。

3 大人とは、15歳以上70歳未満の者であって、中学校及び高等学校の生徒並びにこれらに準じる者以外のものをいう。

重要文化財中村家住宅条例

平成17年6月1日 条例第251号

(令和6年1月1日施行)