○東成瀬村公有林野官行造林条例

昭和44年3月13日

条例第2号

(目的)

第1条 公有林野等官行造林法(大正9年法律第7号)により、国と本村が契約を締結した官行造林地の保護及び産物採取に関し、適切な管理運営を図るため、必要な事項を定めることを目的とする。

(保護管理)

第2条 本村住民は、官行造林地の保護管理について、次の各号に掲げる事項に努めなければならない。

(1) 火災の予防及び消防

(2) 盗伐、誤伐その他加害行為の予防及び防止

(3) 有害野獣及び病虫害の予防及び駆除

(4) 境界その他標識の保存

(5) 土地の侵墾又は濫用の警戒

2 本村住民は、被害を発見したときは、直ちに村長又は所轄森林管理署長に届け出なければならない。

3 村長又は所轄森林管理署長の指示あるときは、これに従わなければならない。

(副産物の採取)

第3条 官行造林地内より生ずる副産物は、当該所属部落民において次の物件に限り無償採取を認めるものとする。

(1) 下草、落葉及び落枝

(2) 樹実及び菌茸の類

(3) 保育のため伐採する枝条類

(4) 植栽後20年以内において保育のため伐採する樹木

2 採取の方法及び期間について所轄森林管理署長の指示あるときは、これに従わなければならない。

(官行造林地監守の委託)

第4条 官行造林の管理をするため、監守を委託することができる。

2 委託された監守人は、村長の指示監督を受け、その職務を執行する。

3 本村住民又は入山者は、監守人の職務執行を拒み、又は妨げることができない。

4 官行造林監守の委託を受けた者は、毎事業年度業務実績書を村長に提出しなければならない。

(収益の分収)

第5条 官行造林地保護管理のため各部落に交付すべき分村収益の3割の分収とする。

2 交付を受ける対象部落は次のとおりとする。

(1) 東成瀬村田子内字田の沢地区官行造林

平良、田子内、下田の部落

(2) 東成瀬村岩井川字沼又、柳沢地区官行造林

岩井川部落

(3) 東成瀬村椿川字掃部畑、五里台後山地区官行造林

五里台、椿台、手倉の部落

(4) 東成瀬村椿川字ヨリコ台、沼ノ上、キツブシ、横倉地区官行造林

谷地以南の部落

(収益分収の特例)

第6条 官行造林による収益金を学校及び公民館の建築及び修復等公共施設の事業費に充当する場合は、前条の規定を適用しないものとする。ただし、この場合には当該地域と協議の上同意を得るものとする。

(伐採跡地の利用)

第7条 官行造林地上権存続期間中における伐採跡地の利用は公有林野等官行造林法により、国と本村が締結した契約条項第10条により村が植栽するものとする。

2 この場合における分収歩合は、東成瀬村土地使用条例(昭和43年東成瀬村条例第19号)第6条の規定を適用する。

(造林事業の出役)

第8条 本村住民は、努めて官行造林事業のため出役するものとする。

附 則

1 この条例は、昭和44年4月1日から施行する。

2 従来の東成瀬村公有林野官行造林条例(大正15年)は、廃止する。

附 則(昭和57年条例第11号)

この条例は、公布の日から施行する。

東成瀬村公有林野官行造林条例

昭和44年3月13日 条例第2号

(昭和57年10月1日施行)