○東成瀬村特定地区公園条例

平成7年3月31日

条例第10号

(目的)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づき、東成瀬村特定地区公園(以下「ジュネス栗駒カントリーパーク」という。)の設置及び管理運営に必要な事項を定めることを目的とする。

(公園の名称及び位置)

第2条 公園の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 ジュネス栗駒カントリーパーク

(2) 位置 東成瀬村岩井川字沼又57番地ノ4

(有料施設)

第2条の2 有料施設の区分は、次のとおりとする。

パークゴルフ場

(指定管理者による管理)

第3条 ジュネス栗駒カントリーパークの管理は、法人その他の団体であって村長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

(指定管理者が行う業務)

第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 施設及び設備の維持管理に関する業務

(2) ジュネス栗駒カントリーパークの利用促進に関する業務

(3) 前2号に定めるもののほか、ジュネス栗駒カントリーパークの管理に関し村長が必要と認める業務

(管理の基準)

第5条 指定管理者は、開園時間及び休園日に関する基準その他の規則で定める管理の基準に従って、ジュネス栗駒カントリーパークの管理を行わなければならない。

(行為の制限)

第6条 ジュネス栗駒カントリーパークにおいて次の各号に掲げる行為をしようとする者は、村長の許可を受けなければならない。

(1) 物品の販売、遊興飲食その他これに類する営業行為をすること。

(2) 興行を行うこと。

(3) 業として写真又は映画の撮影をすること。

(4) 募金その他これらに類する行為をすること。

(5) 競技会、展示会、博覧会その他これらに類する大規模な集会、催しのためにジュネス栗駒カントリーパークの全部又は一部を独占して利用すること。

(6) 打ち上げ花火、のろし、たき火その他これらに類する火気を使用すること。

(7) 指定された場所以外の場所に車両を乗り入れ、又は止めておくこと。

(8) ジュネス栗駒カントリーパークをその用途以外に利用することを目的とする集会を行うこと。

2 前項の許可を受けようとする者は、利用の目的、利用の期間、利用の場所又は施設、利用の内容その他村長の指示する事項を記載した申請書を村長に提出しなければならない。

3 第1項の許可を受けた者が許可を受けた事項を変更しようとするときは、当該事項を記載した申請書を村長に提出して許可を受けなければならない。ただし、変更が規則で定める軽易なものであるときは、この限りでない。

4 村長は、第1項又は前項の許可にジュネス栗駒カントリーパークの管理上必要があると認めるときは、その利用について条件を付けることができる。

(行為の禁止)

第7条 ジュネス栗駒カントリーパークにおいて、次の各号に掲げる行為をしてはならない。ただし、前条の許可に係るものについては、この限りでない。

(1) ジュネス栗駒カントリーパークを損傷し、又はゴミその他汚物の投棄等、不衛生な行為をすること。

(2) 樹木の伐採又は植物を採取すること。

(3) 土地の形態を変更すること。

(4) 鳥獣類の捕獲又は殺傷すること。

(5) はり紙、はり札又は広告を表示すること。

(6) 立入禁止区域内に入ること。

(7) 危険な行為又は他人の迷惑となる行為をすること。

(8) ジュネス栗駒カントリーパークを使用申請書に記載した利用目的以外に使用すること。

(9) その他ジュネス栗駒カントリーパークの利用及び管理に支障となる行為をすること。

(利用の禁止又は制限)

第8条 村長は、ジュネス栗駒カントリーパークの損壊、工事又はその他の理由によりその利用が危険であると認められる場合は、利用区域の制限若しくは利用を禁止することができる。

(損害賠償の義務)

第9条 ジュネス栗駒カントリーパークの施設を利用した者が施設若しくはその付随設備を故意にき損し、又は滅失させたときは、指定管理者の指示する方法で弁償しなければならない。ただし、特別の理由があると認められたときは、この限りではない。

(利用料金の承認)

第10条 有料施設の利用料金は、指定管理者があらかじめ村長の承認を受けて定めるものとする。また、これを変更しようとするときも、同様とする。

2 村長は、前項の承認の申請があった場合において、当該申請に係わる利用料金が次の各号に適合していると認めるときは、同項の承認をしなければならない。

(1) 別表に定める利用料金の範囲内であること。

(2) 当該施設等の委託に係わる業務の適切な運営に要する費用に照らし妥当なものであること。

(3) 特定の利用者に対し不当な差別的取扱いをするものでないこと。

3 村長は、第1項の承認をしたときは、速やかに当該承認をした利用料金を公告するものとする。

4 指定管理者は、第1項の承認を受けた利用料金を当該施設において公衆の見やすいように掲示しなければならない。

(利用料金の収受)

第10条の2 指定管理者は、前条の規定により当該施設を利用する者から利用料金を自己の収入として収受するものとする。

(利用料金の減免)

第11条 村長は、公用又は公益上特に必要があると認めるときは、利用料金の全部又は一部を免除することができる。

(利用料金の不返還)

第12条 既納の利用料金は、これを返還しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、利用料金の全部又は一部を返還することができる。

(1) 利用者の責めによらない理由により利用できなかったとき。

(2) 利用者が利用を開始する前に利用を取り消し、又は変更を求める申出をし、これを承認したとき。

(規則への委任)

第13条 この条例の施行につき必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成13年条例第7号)

この条例は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成14年条例第9号)

この条例は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成17年条例第22号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成26年条例第3号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後のそれぞれの条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後に行う施設の使用等に係る使用料等で施行日以後に納付するものについて適用し、施行日前に行った施設の使用等に係る使用料等で施行日前又は施行日以後に納付するもの及び施行日以後に行う施設の使用等に係る使用料等で施行日前に納付するものについては、なお、従前の例による。

附 則(令和元年条例第13号)

(施行期日)

1 この条例は、令和元年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後のそれぞれの条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後の使用に係る施行日以後に納付すべき使用料等について適用し、施行日前の使用に係る使用料等及び施行日以後の使用に係る施行日前に納付すべき使用料等については、なお、従前の例による。

別表(第10条関係)

区分

料金

中学生以上

小学生

利用料

1日券

1,100円

550円

年間券

22,000円

11,000円

回数券(11日券)

11,000円

5,500円

1組(クラブ1本、ボール1個)

220円

東成瀬村特定地区公園条例

平成7年3月31日 条例第10号

(令和元年10月1日施行)