○東成瀬村農業総合指導センター設置要綱

平成29年6月28日

告示第38号

(目的及び設置)

第1条 東成瀬村農業の持続的な発展のため、東成瀬村及び関係指導機関等が連携協力し、総合的な振興を図るため、東成瀬村農業総合指導センター(以下「指導センター」という。)を設置する。

2 所長は、東成瀬村副村長が当たる。

(構成)

第2条 指導センターは、次の関係機関団体をもって構成する。

(1) 雄勝地域振興局農林部

(2) 東成瀬村

(3) 東成瀬村農業委員会

(4) こまち農業協同組合

(5) 第一種登録出荷取扱者

(6) 東成瀬村田畑会

(7) 農業生産法人

(事業)

第3条 指導センターは、第1条の目的を達成するため次の事業を行う。

(1) 水稲作付対策に関すること。

(2) 野菜・花き振興に関すること。

(3) 畜産振興に関すること。

(4) 農業後継者育成に関すること。

(5) 生産者組織育成に関すること。

(6) 病害虫防除に関すること。

(7) 農林産物の品質管理に関すること。

(8) その他関連する事業に関すること。

(組織)

第4条 指導センターの組織は、第2条にある関係機関団体から推薦された者をもって構成する。

2 別途具体的な協議が必要となる場合は、所長が部会を構成し、部会員を任命する。

3 指導センターに監事2名を置き、所長が任命する。

(事務局)

第5条 指導センターの事務局を東成瀬村農林課内に置く。

(会議)

第6条 指導センターの会議は所長が招集し、次の事項について協議する。

(1) 農業振興に係る基本方針に関すること。

(2) 各種施策の立案等に関すること。

(3) 指導センターの事業及び予算に関すること。

(4) 指導センターの指導方針等に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、必要と認められる事項。

(経費)

第7条 指導センターの運営に要する経費は、次に掲げるとおりとする。

(1) 村負担金

(2) 団体負担金

(3) その他

(監査)

第8条 監事は、指導センター会計の執行状況を監査し、所長に報告する。

(会計年度)

第9条 指導センターの会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は所長が会議に諮り定めるものとする。

附 則

1 この要綱は、平成29年6月28日から施行する。

2 この要綱が施行される前に開催された指導センターにおける各種事業は、この要綱に基づいて設置された指導センターにより開催されたものとみなす。

東成瀬村農業総合指導センター設置要綱

平成29年6月28日 告示第38号

(平成29年6月28日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章
沿革情報
平成29年6月28日 告示第38号