○東成瀬村農業用施設等雪害対策緊急支援事業補助金交付要綱

令和3年3月8日

告示第7号

(目的)

第1条 この要綱は、東成瀬村農業用施設等雪害対策緊急支援事業補助金(以下「補助金」という。)を予算の範囲内において交付することにより、令和2年12月からの豪雪で被害を受けた農業用施設等の復旧を促進し、被災した農業者の経営を支援するとともに、農業用施設等の被害の軽減に向けた取り組みを支援することを目的とする。

(事業の名称)

第2条 この事業の名称は、東成瀬村農業用施設等雪害対策緊急支援事業とする。

(補助金の交付)

第3条 補助金の交付に当たっては、東成瀬村補助金等の適正化に関する規則(平成28年東成瀬村規則第1号。)に定めるもののほか、この要綱による。

(補助対象者)

第4条 事業による補助金の交付を受けることができる者(以下「補助対象者」という)は、被災時又は被災覚知時において東成瀬村内に住所を有し、別表に定めるそれぞれの補助金交付要件をすべて満たす施設(以下「対象施設」という)を所有する農業者等であること。

(補助金の額)

第5条 補助金は、予算の範囲内で交付するものとし、当該補助金の額等は、別表に定めるとおりとする。

2 前項に定めるもののほか、村長が特に必要と認めるときは、別に定めるところにより、補助金の額を加算することができる。

(委任)

第6条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

この告示は、公布の日から施行し、令和2年12月14日から適用する。

別表(第5条関係)

補助金名称

補助金交付要件

補助内容

農業用施設等復旧支援事業補助金

(1) 令和2年度において営農を(林産物、畜産含む)行っていること。又はその付帯施設であること。

(2) 事業を活用し、復旧することで令和3年度以降も継続して栽培等に利用すること。

(3) 令和2年12月14日以降の降雪により被災したことを、別記様式にて村から認定されること。

対象施設の復旧(解体・撤去費含む)にかかる費用から消費税を除いた額の1/6以内とし、上限額は以下のとおりとする。

(1) 水稲育苗ハウスの場合

2,120円/m2(税抜)

(2) 園芸用ハウスの場合

3,145円/m2(税抜)

(3) その他の場合

300,000円/棟(税抜)

なお、パイプハウスの解体撤去及び組立について、業者に請け負わせて施工する場合は以下の費用を加算できるものとする。

(1) 解体撤去費

490円/m2(税抜)

(2) 組立費

757円/m2(税抜)

農業用施設等雪害防止対策支援事業補助金

(1) 令和2年度において営農(林産物、畜産含む)行っていること。又はその付帯施設であること。

(2) 事業を活用することで令和3年度以降も継続して栽培等に利用すること。

対象施設及び周辺の農用地や道路などの除排雪及び融雪に要した費用の1/3以内とし、補助金の上限については以下のとおりとする。

(1) 燃料費の場合

50,000円/区画

(2) 機械借上料の場合

300,000円/区画

画像

東成瀬村農業用施設等雪害対策緊急支援事業補助金交付要綱

令和3年3月8日 告示第7号

(令和3年3月8日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章
沿革情報
令和3年3月8日 告示第7号