○嘉手納消防署、北谷消防署及び読谷消防署消防隊編成規程

平成14年4月1日

消本訓令第3号

(趣旨)

第1条 この訓令は、嘉手納消防署、北谷消防署及び読谷消防署の組織に関する規程(平成14年比謝川行政事務組合消防本部訓令第2号)第9条第2項の規定に基づき、嘉手納消防署、北谷消防署及び読谷消防署消防隊(以下「消防隊」という。)の編成について定めるものとする。

(消防隊の編成)

第2条 消防隊は、大隊及び中隊並びに小隊をもって編成する。

2 前項の編成は、別表のとおりとする。ただし、風水害及び非常時の消防隊の編成については、別に定める。

第3条 消防隊に大隊長、中隊長及び小隊長(以下「隊長等」という。)並びに隊員を置く。

2 必要に応じ、消防隊に副小隊長を置くことができる。

(隊長等)

第4条 大隊長は消防司令又は消防司令補、中隊長は消防司令補、小隊長は消防司令補又は消防士長のうちから、消防長がそれぞれ任命する。

(隊長等の職務)

第5条 隊長等は、それぞれ上司の命を受け、その隊に属する事務を掌理し、所属隊員を指揮監督する。

2 副小隊長は、上司を補佐するとともに、上司に事故があるとき又は不在のときは、その職務を代行する。

(隊員の職務)

第6条 隊員は、上司の命を受けて、その担任事務及び次の職務に従事する。

(1) 消防隊員及び救助隊員は、人命救助及び災害防ぎょ活動に従事する。

(2) 機関員は、担当車両の運転及びポンプ操作を行う。

(3) 救急隊員は、救急業務に従事する。

2 前項の規定にかかわらず、消防活動上必要と認める場合は、臨時に変更を命ずることができる。

(補則)

第7条 この訓令に定めるもののほか、消防隊の編成について必要な事項は、消防署長が定める。

この訓令は、平成14年4月1日から施行する。

(令和4年消防本部訓令第1号)

この訓令は、公表の日から施行する。

別表(第2条関係)

画像

嘉手納消防署、北谷消防署及び読谷消防署消防隊編成規程

平成14年4月1日 消防本部訓令第3号

(令和4年7月1日施行)

体系情報
第3編 組織・処務/第1章
沿革情報
平成14年4月1日 消防本部訓令第3号
令和4年7月1日 消防本部訓令第1号