○比謝川行政事務組合環境美化センター職員被服等貸与規程

平成6年4月1日

訓令第5号

(趣旨)

第1条 この訓令は、比謝川行政事務組合環境美化センター職員に対し、職務の執行上必要な被服等を貸与することについて、必要な事項を定めるものとする。

(被貸与者、貸与品及び貸与期間)

第2条 被服等の貸与を受ける職員(以下「被貸与者」という。)並びに被服等(以下「貸与品」という。)の種類及び貸与期間は、別表のとおりとする。ただし、管理者が必要と認めたときは、貸与期間を短縮又は延長することができる。

(使用の制限)

第3条 貸与品は、これを貸与の目的以外に使用し、又は他人に使用させ、若しくは処分することができない。

(貸与品管理簿の整備)

第4条 所長は、貸与品管理簿(別記様式)を備え付け、貸与品の適正な管理に努めなければならない。

(貸与品の返還)

第5条 被貸与者が、貸与期間満了前に、退職等により貸与資格がなくなった場合で、管理者が返還の必要を認めた場合には、直ちに当該貸与品を返還しなければならない。

(被貸与者の報告義務)

第6条 被貸与者が、貸与品を亡失又は毀損したときは、速やかに所長に報告しなければならない。

(被貸与者の賠償責任)

第7条 被貸与者が、次の各号のいずれかに該当する場合は、貸与期間の残存割合に応じて、その原価に基づいて計算して得た額を賠償させることができる。

(1) 故意又は過失により貸与品を紛失若しくは損傷したとき。

(2) 第4条の規定に違反し、貸与品を返還しないとき。

(貸与期間満了等による貸与品の取扱い)

第8条 貸与品の貸与期間が満了したとき、又は被貸与者が死亡したときは、当該貸与品を被貸与者に無償で支給する。

(臨時職員に対する貸与品の貸与)

第9条 管理者は、特に必要と認めるときは、臨時職員に対しても、貸与品の貸与を行うことができる。

(補則)

第10条 この訓令に定めのない事項については、管理者が定める。

附 則

この規程は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成17年訓令第10号)

この訓令は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成20年訓令第4号)

この訓令は、公表の日から施行する。

別表(第2条関係)

品目

種類

貸与数

貸与期間

貸与を必要とする範囲

作業服

作業服

2

1

環境美化センター職員

臨時職員

安全靴

半長靴

2

1

環境美化センター職員

臨時職員

雨衣具

ジャンパー

雨靴

長ズボン

1

1

環境美化センター職員

臨時職員

安全帽

ヘルメット

その他

1

3

環境美化センター職員

臨時職員

画像

比謝川行政事務組合環境美化センター職員被服等貸与規程

平成6年4月1日 訓令第5号

(平成20年1月10日施行)