○比謝川行政事務組合衛生管理規程

平成14年4月1日

訓令第9号

目次

第1章 総則(第1条―第6条)

第2章 衛生管理体制

第1節 総括衛生管理者等(第7条―第13条)

第2節 衛生委員会等(第14条―第19条)

第3章 衛生管理業務

第1節 衛生教育(第20条・第21条)

第2節 健康診断(第22条―第26条)

第3節 健康異常者の管理等(第27条―第29条)

第4節 福利厚生等(第30条・第31条)

第5節 環境衛生(第32条―第35条)

第6節 防疫等の措置(第36条―第38条)

第4章 記録及び報告等(第39条・第40条)

附則

第1章 総則

(目的)

第1条 この訓令は、比謝川行政事務組合(以下「組合」という。)の職場及び職員の衛生管理に必要な事項を定め、快適な職場環境の形成を促進するとともに、職員の健康の保持増進に資することを目的とする。

(法令等との関係)

第2条 組合の職場及び職員の衛生管理については、労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)及び地方公務員法(昭和25年法律第261号)並びにこれらに基づく命令(以下「衛生管理に関する法令」という。)に定めるもののほか、この訓令の定めるところによる。

(総括衛生管理者の責務)

第3条 総括衛生管理者は、組合の職場及び職員の衛生管理について総括管理し、衛生管理の向上に努めなければならない。

(所属長の責務)

第4条 所属長(本部にあっては「総務課長」、消防署にあっては「署長」、事務組合にあっては「事務局長」をいう。以下同じ。)は、衛生管理についての責任者として、快適な職場環境の形成の促進及び職員の健康の保持増進に努めなければならない。

(衛生管理者の責務)

第5条 衛生管理者は、衛生管理に関する法令及びこの訓令に定めるところに従い、誠実にその職務を遂行しなければならない。

(職員の責務)

第6条 職員は、常に自己管理を図り最良の健康状態を保持するとともに、快適な職場環境の形成に努めなければならない。

2 職員は、所属長、衛生管理者及び産業医の行う衛生管理上の措置に従い、又は協力しなければならない。

第2章 衛生管理体制

第1節 総括衛生管理者等

(総括衛生管理者)

第7条 消防本部に総括衛生管理者を置く。

2 総括衛生管理者は、消防本部次長をもって充てる。ただし、次長が不在又は事故がある場合は、総務課長がその職務を行う。

3 総括衛生管理者は、職場及び職員の衛生管理に関する事務を総括管理するとともに所属長、衛生管理者その他衛生管理に関係ある者を監督指導する。

(衛生管理者)

第8条 消防本部及び消防署に衛生管理者を置く。

2 衛生管理者は、労働安全衛生法に定める資格を有する者から消防長が選任する。

3 衛生管理者は、次の各号に掲げる事務を掌理する。

(1) 職員環境の衛生上の調査及び改善に関すること。

(2) 救急用具等の点検及び整備に関すること。

(3) 衛生教育に関すること。

(4) 健康診断、健康相談その他職員の健康の保持増進に必要な事項に関すること。

(5) 休職者、長期欠勤者その他健康に異常のある者に関すること。

(6) 健康障害の防止に関すること。

(7) その他衛生管理に関すること。

4 衛生管理者は、前項各号に掲げる事務に関し、必要に応じ所属長に対し改善措置等について意見を具申することができる。

(衛生推進者)

第9条 消防本部、消防署及び事務局に衛生推進者を置く。

2 衛生推進者は、労働安全衛生法に定める資格を有する者から消防長が選任する。

3 衛生推進者は、衛生管理者の指示を受け、前条第3項各号に規定する業務を行う。

4 衛生推進者は、前条第3項各号に掲げる事務に関し、必要に応じ所属長に対し改善措置等について意見を具申することができる。

(衛生管理員)

第10条 所属長は、衛生管理者又は衛生推進者の事務を補助させるため衛生管理員を選任しなければならない。

2 衛生管理員は、衛生管理者又は衛生推進者の指示を受け、衛生管理に関する事務を誠実に行わなければならない。

(衛生管理者等に対する教育等)

第11条 所属長は、衛生の水準の向上を図るため、総括衛生管理者、衛生管理者、衛生推進者及び衛生管理員に対し、これらの者が従事する業務に関する能力の向上を図るため教育、講習等を行い、又はこれらを受ける機会を与えるように努めなければならない。

(産業医)

第12条 労働安全衛生法第13条の規定に基づき、消防本部に産業医を置く。

2 産業医は、医師のうちから消防長が委嘱する。

3 産業医は、次の各号に掲げる職務を行う。

(1) 職員の健康管理に関すること。

(2) 衛生教育その他職員の健康の保持増進を図るための措置で医学に関すること。

(3) 職員の健康障害の原因の調査及び再発防止のための医学的措置に関すること。

4 産業医は、前項各号に掲げる事項に関し、所属長に対して勧告し、又は衛生管理者に対して指導し、若しくは助言することができる。

(衛生管理者等の氏名の周知)

第13条 所属長は、衛生管理者又は衛生推進者を選任したときは、当該衛生管理者又は衛生推進者の氏名を職場の見やすい箇所に掲示する等により関係職員に周知させなければならない。

第2節 衛生委員会等

(衛生委員会)

第14条 消防本部に、衛生委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会は、次の各号に掲げる衛生管理に関する基本的な事項及び重要な事項を調査審議する。

(1) 職場環境及び改善に関すること。

(2) 衛生に関する規程の作成に関すること。

(3) 衛生教育の実施計画に関すること。

(4) 健康障害の原因及び再発防止対策に関すること。

(5) 健康に異常のある者の健康管理に関すること。

(6) 健康の保持増進を図るための実施計画の作成に関すること。

(7) その他衛生管理上重要な事項に関すること。

(委員会の構成)

第15条 委員会は、次の各号に定める者をもって構成する。

(1) 総括衛生管理者

(2) 所属長

(3) 衛生管理者

(4) 産業医

(5) 衛生推進者

(6) その他職員のうちから消防長が指名した者

2 委員会の議長は、総括衛生管理者をもって充てる。

3 議長が、必要と認める場合は、産業医又は学識経験を有する者若しくは議事に関係ある職員を出席させ、意見を述べさせることができる。

(委員会の開催)

第16条 委員会は、年に1回以上とし、議長が招集する。

2 委員会は、委員の過半数が出席しなければこれを開催することができない。

(委員会委員の任期)

第17条 第15条第1項第3号及び第5号並びに第6号に定める委員の任期は、2年とし、補欠委員の任期は前任者の残任期間とする。ただし、再任することを妨げない。

(委員会の事務局)

第18条 委員会の事務局は、消防本部総務課庶務係とする。

(補則)

第19条 委員会の運営について必要な事項は、この訓令に定めるほか、委員会が別に定める。

第3章 衛生管理業務

第1節 衛生教育

(一般教育)

第20条 所属長は、職員に対し職員の衛生及び健康保持に関する知識向上を図るため、あらかじめ定める衛生に関する教育計画に基づき衛生教育を実施しなければならない。

(特別教育)

第21条 所属長は、前条に定める教育を実施するほか、次の各号に掲げる職員に対し衛生教育を実施しなければならない。

(1) 新たに採用された者

(2) 著しく業務の異なる部署に配置された者

(3) その他消防長が特に必要と認めた者

第2節 健康診断

(採用時健康診断)

第22条 管理者及び消防長は、職員を採用するときは、職員として必要な健康状態に配慮した既往歴の調査について、医師による健康診断を行わなければならない。

(定期健康診断)

第23条 所属長は、職員に対し毎年1回(労働安全衛生規則(昭和47年労働省令第32号)第13条第1項第2号に掲げる業務に従事する者にあっては年2回)以上定期に、年齢又は職務に応じた項目について医師による健康診断を行わなければならない。

(特別健康診断)

第24条 所属長は、前2条に定める健康診断のほか、必要があると認められる場合においては、関係職員に対して特別な健康診断を行わなければならない。

(精密検査)

第25条 所属長は、前2条に定める健康診断の結果、異常の認められた職員に対し精密検査を受けさせなければならない。

(健康診断結果の通知)

第26条 所属長は、前3条に定める健康診断及び精密検査の結果を速やかに消防長及び本人に通知しなければならない。

第3節 健康異常者の管理等

(精密検査結果の判定)

第27条 管理者及び消防長は、第25条に定める精密検査により健康に異常の認められた職員(以下「健康異常者」という。)について、産業医等と協議の上次に定める区分により判定し、所属長及び本人に通知しなければならない。

A 要療養者=勤務を休む必要がある程度の病状である者

B 要観察者=勤務に制限を加える必要がある程度の病状である者

C 要注意者=勤務をほぼ平常どおりに行ってよい程度の病状である者

D 健康扱い者=勤務を平常どおりに行ってよい者

(所属長の措置)

第28条 所属長は、前条に定める区分により判定された健康異常者のうち、次の各号に掲げる者については、当該各号に定める措置を講ずるものとする。

(1) 要療養者=就業の禁止及びその病状に応じた入院治療等の適当な療養

(2) 要観察者=勤務時間の短縮、配置換えその他適当な措置

(3) 要注意者=過重な勤務及び時間外勤務の抑制その他適当な措置

(療養等の業務)

第29条 健康異常者は、主治医、産業医、衛生管理者及び所属長の指導、指示に従い療養等に専念し自己の健康回復等に努めなければならない。

第4節 福利厚生等

(便宜の供与等)

第30条 所属長、職員の健康の保持増進を図るため、体育活動、レクレーションその他の活動についての便宜を供与する等必要な措置を講ずるよう努めなければならない。

(機能保持)

第31条 所属長その他の管理監督者は、職員の健康に留意して、職員の従事する業務を適切に管理するよう努めるとともに、職場環境及び職員の健康に関わる職員の苦情相談に応じる等、職員に対し適切な配慮をするよう努めなければならない。

第5節 環境衛生

(衛生管理者及び衛生推進者の巡視)

第32条 衛生管理者又は衛生推進者は、少なくとも毎週1回庁舎等を巡回し、職員の衛生管理上改善すべき事項があるときは、直ちに必要な措置を講じなければならない。

(産業医の巡視)

第33条 産業医は、庁舎等を巡視した場合に、職員の衛生管理上改善すべき事項を発見したときは、直ちに必要な措置を講じなければならない。

(環境整備)

第34条 所属長は、常に環境整備に配慮し、執務場所、食堂、浴室、便所、仮眠室その他の場所の清潔を保ち、照明、採光、換気等を良好な状態に維持するとともに、これらの改善に努めなければならない。

(救急用具等)

第35条 所属長は、職員の応急手当に必要な救急用具及び機材等を備え、その設置場所及び使用方法を職員に周知させなくてはならない。

2 所属長は、前項に定める救急用具及び機材等を常に清潔に保たなければならない。

第6節 防疫等の措置

(防疫)

第36条 所属長は、その管理する庁舎等において感染症(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号)第6条に定める感染症をいう。以下同じ。)又は食中毒が発生し、若しくは発生するおそれがあるときは、直ちに消毒等の必要な措置を講じなければならない。

(感染症等発生時の届出)

第37条 職員は、自己又は同居中の者が感染症又は食中毒にり患したときは、速やかに所属長に届け出なければならない。

(消防業務従事後の健康管理)

第38条 所属長は、職員が消防活動に従事したときは、必要に応じ、次の各号に掲げる措置をとり、健康管理に万全を期さなければならない。

(1) 帰署後速やかに、職員に身体異常の有無を確認させること。

(2) 洗身、洗眼、うがい、保温等を励行させること。

2 所属長は、職員が救急業務等に従事し、感染性疾病にり患のおそれがあると認められる場合には、消毒の実施、医師の診断等必要な措置を講じなければならない。

第4章 記録及び報告等

(各種記録及び報告)

第39条 衛生管理者及び衛生推進者は、次の各号(衛生推進者については第2号を除く。)に掲げる衛生管理に関する記録を整備し、所属長に報告するとともに、必要に応じて消防長に報告しなければならない。

(1) 衛生委員会結果報告書(様式第1号)

(2) 衛生管理教育実施記録(様式第2号)

(3) 職員健康管理表(様式第3号)

(4) 健康異常者の状況記録(様式第4号)

(5) 衛生巡視記録(様式第5号)

(6) 救急用具等記録

(7) 清掃・消毒等衛生管理記録(様式第6号)

(8) その他衛生管理上必要な記録

2 各種記録及び報告の文書の保存期間は、法令等で特別の定めがあるものを除くほか、3年間とする。

(補則)

第40条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、平成14年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

比謝川行政事務組合衛生管理規程

平成14年4月1日 訓令第9号

(平成14年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第5章 職員厚生
沿革情報
平成14年4月1日 訓令第9号