○氷見市立図書館条例

昭和37年4月1日

条例第5号

(設置)

第1条 市民の教育と文化の発展に寄与するため、図書館法(昭和25年法律第118号。以下「法」という。)第10条の規定に基づき、図書館を設置する。

(名称及び位置)

第2条 図書館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 氷見市立図書館

位置 氷見市本町4番9号

(職員)

第3条 図書館に、法第13条第1項に定めるもののほか、所要の職員を置く。

(利用の制限等)

第4条 氷見市教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、図書館を利用する者(以下「利用者」という。)この条例に基づく規則等に違反したとき、又は図書館の管理上特に必要があると認めたときは、その利用を制限し、又は利用の停止を命ずることができる。

(損害賠償)

第5条 利用者は、図書館の施設、設備等に損害を生ぜしめた場合は、教育委員会が相当と認める損害額を賠償しなければならない。ただし、教育委員会かやむを得ない事由があると認めたときは、その全部又は一部を免除することができる。

(図書館協議会)

第6条 法第14条第1項の規定に基づき、図書館に、氷見市立図書館協議会(以下「協議会」という。)を置く。

(組織等)

第7条 協議会は、委員15人以内で組織する。

2 委員は、学校教育及び社会教育の関係者、家庭教育の向上に資する活動を行う者並びに学識経験のある者のうちから、教育委員会が任命する。

3 委員の任期は、2年とする。ただし、委員が欠けた場合における補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

4 委員は、再任されることができる。

(会長及び副会長)

第8条 協議会に、会長及び副会長各1人を置く。

2 会長及び副会長は、委員が互選する。

3 会長は、協議会を代表し、会務を総理する。

4 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。

(教育委員会規則への委任)

第9条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 氷見図書館設置条例(昭和26年氷見市条例第133号)は、廃止する。

(昭和43年3月条例第14号)

この条例は、昭和43年4月1日から施行する。

(昭和49年3月条例第8号)

この条例は、昭和49年4月1日から施行する。

(昭和57年3月条例第9号)

この条例は、昭和57年4月10日から施行する。

(平成24年3月条例第16号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

氷見市立図書館条例

昭和37年4月1日 条例第5号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第13編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和37年4月1日 条例第5号
昭和43年3月30日 条例第14号
昭和49年3月26日 条例第8号
昭和57年3月30日 条例第9号
平成24年3月26日 条例第16号