○氷見市ふるさと応援寄附条例

平成20年6月24日

条例第31号

(目的)

第1条 この条例は、氷見市のまちづくりを応援する個人又は法人その他の団体(以下「応援者」という。)から広く寄附金を募り、その寄附金を財源として事業を実施することにより、魅力あるふるさとづくりに資することを目的とする。

(対象事業)

第2条 前条の寄附金を財源として実施する事業は、次に掲げる事項を目的とする事業とする。

(1) 市民の健康を守る保健医療の充実

(2) 豊かな自然環境及び美しい地域景観の保全

(3) 魅力ある観光地づくり及び地域産業の振興

(4) 未来を担う子どもたちの教育環境の充実

(5) 笑顔がきらめく福祉・子育て環境の充実

(6) 健やかな心と体を育むスポーツの振興

(7) 豊かな感性と創造性を育む文化の振興

(8) 前各号に掲げるもののほか、氷見市のまちづくりに資すると認められる事項

(寄附金の使途の指定)

第3条 寄附をしようとする応援者は、寄附金の使途を前条の事業のうちから指定するものとする。

2 市長は、寄附をしようとする応援者が前項の規定による寄附金の使途の指定をしないときは、前条の事業のうちから当該寄附金を財源に充てる事業を指定するものとする。

(寄附金の積立て)

第4条 応援者から受領した寄附金は、氷見市ふるさとづくり基金その他前条の規定により指定された事業に関連する基金に積み立てることができるものとする。

(運用状況の公表)

第5条 市長は、毎年1回、寄附金の運用状況を公表しなければならない。

(規則への委任)

第6条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

この条例は、公布の日から施行する。

(令和3年3月条例第12号)

この条例は、令和3年4月1日から施行する。

氷見市ふるさと応援寄附条例

平成20年6月24日 条例第31号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第6編 務/第1章
沿革情報
平成20年6月24日 条例第31号
令和3年3月16日 条例第12号