○氷見市スポーツ推進委員規則

平成30年3月30日

教委規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、スポーツ基本法(平成23年法律第78号)第32条第2項の規定により氷見市スポーツ推進委員(以下「スポーツ推進委員」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(職務)

第2条 スポーツ推進委員は、市民のスポーツの推進に関し、次の職務を行う。

(1) 市民の求めに応じてスポーツの実技の指導を行うこと。

(2) 市民のスポーツ活動の促進のための組織の育成を図ること。

(3) 学校、公民館その他の教育機関その他行政機関の行うスポーツの行事又は事業に関し協力すること。

(4) スポーツ関係団体その他の団体の行うスポーツに関する行事又は事業に関し、求めに応じて協力すること。

(5) 住民一般に対し、スポーツについての理解を深めること。

(6) 前各号に掲げるもののほか、住民のスポーツの推進のための指導、助言等を行うこと。

(定数)

第3条 スポーツ推進委員の定数は、46人以内とする。

(利用期間の制限)

第4条 スポーツ推進委員の任期は、2年とする。ただし、補欠のスポーツ推進委員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 氷見市教育委員会教育長(以下「教育長」という。)は、特別の事由があるときは、前項の期間中においてもスポーツ推進委員を解嘱することができる。

3 スポーツ推進委員は、再任されることができる。

(服務)

第5条 スポーツ推進委員は、相互に密接に連絡し、協力しなければならない。

2 スポーツ推進委員は、その職務を遂行するに当たって、法令、条例並びに教育委員会の定める規則及び規程に従わなければならない。

3 スポーツ推進委員は、その職の信用を傷つけ、又はその職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

(研修)

第6条 スポーツ推進委員は、常にその職務を行うために必要な知識及び技術の修得に努めなければならない。

(委任)

第7条 この規則に定めるもののほか、スポーツ推進委員に関し必要な事項は、教育長が定める。

1 この規則は、平成30年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の際現にスポーツ推進委員である者(氷見市教育委員会の職務権限の特例に関する条例を廃止する条例(平成30年氷見市条例30号)の施行の日の前にスポーツ基本法第32条第1項の規定により市長に委嘱され、同条例附則第2項の規定により同日以後において教育長に委嘱されたものとみなされるスポーツ推進委員をいう。)の任期は、第4条第1項の規定にかかわらず、この規則の施行の日におけるスポーツ推進委員としての任期の残任期間と同一の期間とする。

氷見市スポーツ推進委員規則

平成30年3月30日 教育委員会規則第3号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第13編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成30年3月30日 教育委員会規則第3号