○日野市例規審査会規程

昭和41年12月9日

訓令第5号

(設置)

第1条 例規審査事務の適正かつ円滑な運営を図るため、日野市例規審査会(以下「審査会」という。)を置く。

(審査事項)

第2条 審査会は、条例、重要な規則その他総務部政策法務課長(以下「政策法務課長」という。)が特に必要があると認めた事案(以下「条例案等」という。)について審査する。

(組織)

第3条 審査会は、会長、副会長及び審査員若干人をもつて組織する。

(会長)

第4条 会長は、総務部長の職にあるものをもつて充てる。

2 会長は、審査会を代表し、会務を総理する。

(副会長)

第5条 副会長は、政策法務課長の職にある者をもつて充てる。

2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときはその職務を代理する。

(審査員)

第6条 審査員は、市の職員のうちから市長が任命する。

2 審査員は、審査会に出席して審査に従事する。

(会議)

第7条 審査会は、会長が招集し、会長が議長となる。

2 会長は、第2条に規定する事項を審議するため必要と認めるときは、関係部課長(同等の職を含む。以下同じ。)又は主務者の出席を求め、必要な説明をさせることができる。

(審査の特例)

第8条 会長は、審査会に付すべき事案につき会議を招集するいとまがないとき、又は条例案等につき会議に付する必要がないと認めるときは、政策法務課長と協議の上審査会の審査を省略することができる。

(付議手続)

第9条 例規審査会の審査に付議する条例案等は、当該事案を所掌する課(課と同等のもの含む。以下同じ。)において起案し、関係部課長の決裁を経た上政策法務課長に送付するものとする。

2 前項の事案が他の部課との共管事項である場合又は総合調整を要する場合においては、当該事案を所掌する部課長及び企画部長は必要な調整連絡を行うものとする。

(事前審査)

第10条 条例案等については、例規審査会に付議する事前審査として、総務部政策法務課(以下「政策法務課」という。)の審査を受けるものとする。

(書記)

第11条 審査会に書記を置く。

2 書記は、政策法務課の職員のうちから市長が命ずる。

(事務局)

第12条 審査会の庶務は、政策法務課において行う。

付 則

この訓令は、昭和41年12月9日から施行する。

付 則(昭和47年訓令第7号)

この訓令は、公表の日から施行し、この訓令による改正後の日野市例規審査会規程の規定は、昭和47年5月1日から適用する。

付 則(平成10年訓令第2号)

この訓令は、日野市組織条例の一部を改正する条例(平成9年条例第35号)の施行の日から施行する。

(平成10年規則第30号で平成10年5月1日から施行)

付 則(平成16年訓令第4号)

この訓令は、平成16年4月1日から施行する。

付 則(令和2年訓令第8号)

この訓令は、令和2年4月1日から施行する。

日野市例規審査会規程

昭和41年12月9日 訓令第5号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第4編 行政通則/第4章 文書・公印
沿革情報
昭和41年12月9日 訓令第5号
昭和47年6月20日 訓令第7号
平成10年4月15日 訓令第2号
平成16年3月10日 訓令第4号
令和2年3月31日 訓令第8号